無料カウンセリング掲示板の質問

「過去が許せない」に関する質問

  • 受付終了

林檎さん

過去にあったことが許せません。小学校低学年の頃に両親が離婚しました。私はちちおやの方に割りとなついてましたが、離婚後に父親が全く働かなかったことや、借金をしていたことを知り、ショックでした。でも、子供だから母親の愚痴を聞いても躊躇なく悪口を一緒になっていってました。でも、自分は父親が嫌いかと言われたらよくわかりません。離婚後に母親が父親にいきなり会えとか言って私を会わせて、私は父親と会うと、父親は私のいきたいところとか何も聞かないで連れ回して、
帰ると母親からは早く帰れとかキレられて。結局お互い自己中だなと思います。

私のことなんか結局考えてなかったのではと思うとはらがたって、母親を怒鳴ってしまいます。また、なんだか感情が鈍化した気分です。小学校高学年からいきなり、周りがどうでもよくなりました。祖母だからと大切にしてた祖母にたいしても母にたいしても思いやりの気持ちが行きなり消えました。周りの友達などにも以前より何も感じられなくなりました。今でもそんな感じです。仲がいい人はいますが、過去を振り返ると友達がろくにいません。学校やクラスが離れると、自分からなぜか挨拶などできなくなったり、連絡を取りきらなくて疎遠になります。なかなか周囲とも打ち解けられません。

自分はいつも変だと思います。周りよりも変わってる気がします。でも何がおかしいのかよくわかりません。
また、男性にたいして特に同い年くらいの男子とかだと、傷つけても罪悪感をあまり感じません。敵対心を持ったりもしています。男性から私は愛されない気がするのです。
色々疲れます。部屋にいると早く死にたいとか口癖みたいに言ってしまいます。
昔を思い出して、叫んだりしてしまいます。

違反報告

2016年7月13日 14時16分

無料カウンセリング掲示板の回答

いずみや

こんにちは。

回答されている先生方の書かれているとおりだと思います。過去へのかかわり方を変えるしかありません。過去の出来事は変えられませんが、、それに対するかかわり方は変えることができます。

カウンセラーはそのための同伴者です。

きっと過去は許せるようになりますよ。

違反報告

2016年7月15日 17時04分


ものセラ

林檎さん、初めまして! 井上といいます。

『過去にあったことが許せません』ということですが、
両親に対する恨みつらみが未解決のままになっているということだと思います。
「わたしが、こんなに傷ついたのは両親のせい」、
「このことについては絶対に両親のことを許せない」という
気持ちが強いと、
両親だけではなく、まわりの人たちとも距離を置いてしまいます。
『友達がろくにいません』
『なかなか周囲とも打ち解けられません』
のは、許していないからです。
両親をどう見るかで、まわりを見てしまうので、
『敵対心を持ったりもしています』ということになります。

許せない気持ちはわかりますが、
恨みつらみを持っていると、
引きこもったり、無価値であると感じたり、停滞している感じ、
なぜか疲れやすかったり、死んでしまったような感覚がします。
今、林檎さんはこんな感じなのでしょう。

ですから、”変”ではありません。
許せない気持ちが強いと、多かれ少なかれ、そういう気持ちになるのです。
そして、
『傷つけても罪悪感をあまり感じません』というのは、
両親にこんなにも傷つけられたのだから、誰かを少しくらい傷つけても当然、
という心理が働くからです。

林檎さん、このまま両親への恨みつらみを手放さないで持ち続けたいですか?
持ち続ける限り、何がおかしいのかよくわからないまま、
これまでと同じような人生の繰り返しになってしまいます。
まず、手放して許してみようかなって決めてください。
そうすると、あなたはしがみついているものから自由になれます。
どちらを選びますか?

小さい頃、両親の仲が悪く、ケンカばかりしていると、
子ども心に、私が悪い、私が原因でケンカや離婚になってしまったと
誤解してしまうものです。
林檎さんの中にはこの気持ちもあると思います。
自分を責める気持ちを振り払いたいのです。
叫んだりしてしまうのは、そのせいだと思います。

カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか?

お役に立てたでしょうか?

疑問や質問があれば、遠慮しないで尋ねてください。
quietsphere.03@gmail.com

ブログもやっています。
『ものセラ(ものがたりセラピー)』
http://quietsphere.info

違反報告

2016年7月14日 13時22分


新宿ファミリーカウンセリング

初めまして
ご自分を責める必要はありません。「過去にあったことが許せません」と、明らかにトラウマ(心の傷)が原因と思います。
改善する可能性は十分にあると思います。
改善のためには少なくとも専門的アドバイスを受けながら進めていくことをお勧め致します。

違反報告

2016年7月13日 18時18分


カウンセリングルーム・エンパシー

過去の出来事に否定的な感情になっているのは、「今」の状態に不満がある人です。

嫌な過去でも肯定出来る人は「今」が幸せな人です。

「今」のあなたの状態が、過去の出来事や過去の他人を許せないのです。

「今」が不幸だと、過去も未来も否定的になります。

逆に「今」が幸せなら、過去も未来も肯定的に感じられます。

あなたは、「今」幸せになるために考えて行動することが何よりも大切です。

「今」 をよくするためには、物事に対する受け止め方を変えるようにして、感情や
行動をポジティブにしていくことです。

お手伝いが必要でしたら、ご連絡ください。

違反報告

2016年7月13日 15時50分