無料カウンセリング掲示板の質問

「自信を取り戻したいです。」に関する質問

  • 受付終了

ぴよぴよさん

自分に自信を取り戻したいです。自分を見失いました。
お恥ずかしいですが、こんな風に悩む前はむしろ自信を持っていて、周りの人に「飽きない」「生まれ変わったらあなたになりたい」「尊敬してる」「悩みとか愚痴とかなさそう」「あなたには誰も勝てないね」「なかなかいないキャラ」「一緒にいると幸せになれる」「独特な雰囲気が良い」「一緒にいると常に爆笑する。面白い」「生きてるだけで面白い」「あなたを嫌いな人なんか見たことない」「癒される」と言われ、恥ずかしながら正直に言うと、自分でもそんな風にいられているのが嬉しくて幸せで、満足していたので生まれ変わっても自分になりたいと思っていました。

しかし、好きな人ができたのをキッカケに短所をなくそうと、自分の評価を気にするようになり、自分を変えようと一挙一動常に気にしてダメだしするようになりました。そして毎日「ああしよう、こうでいよう」と方法論で頭を埋めつくすようになりました。「こうでいよう」と意識して過ごしてはダメ出し。そんな生活が続いて、だんだん頭がパンパンで余裕がなくなり、自分が分からなくなり、何を考えて何を話せばいいのかわからなくなり、人に会うのが怖くなり、常に考えて辛くなってしまうため寝ることしか逃げ道がなくなり、意識がある限り自分でいる限り悩み続けなければいけないと思うと死にたくてたまらなくなり、一時期は精神科に通うほど病んでしまいました。

今ではだいぶ自分を取り戻し普通に生活できていますが、やっぱり自信は極度になく人に会うのも構えてしまい、生きづらいです。
好きな人には「そのままの独特な雰囲気の○○が好き。○○以上はいない。」と言われ付き合えたのですが、その頃にはもう精神科に行くほどになり自分でいっぱいいっぱいで恋愛どころじゃなくうまくいかず、それもまたズシンと、自信をなくす大きな出来事になりました。
それから、そのままの私はどんな感じだったんだろう?こんな悩みさえ持ち始めなければどうなってたんだろう?「独特な雰囲気」とか「癒される」とか「存在が面白い」とか、どんな気持ちでどんな感じでいたからそう言われていたんだろう?とか、細かく考えて頭で考えてそうなろうとするようになってしまっています。でも意識するとわざとらしくてうまくやれずに疲れてしまい…もう訳がわかりません。
当時は周りに言われて「自分ってそんな人だったのか」と思っていたけれど、今では自分で意識してそうなろう!と方法ばかり考えてしまっています。
もう今では「自然」のやり方もわかりません。もう私は別人になってしまったのでしょうか?本当に悲しいです。もう自分には価値がなくなった。と、毎日自己嫌悪に陥ってしまいます。

過去を美化しているのも自分自分って考えすぎなのも分かっているのですが、もう何から考えたらいいのか分からなくて頭がごちゃごちゃなんです。

一言一言身構えてぜんぶわざとらしくなるし、楽しんだら大丈夫!と考えすぎて、なぜか逆に楽しくなることにブレーキがかかってしまいます。
自然体になりたいです。

もう何も考えないでいようと思っても変に無になってしまい、「こんな感じ!」って考えないと性格が変わってしまいそうで怖くて考えてしまいます。でも、考えすぎが悩みの原因なのも分かっていて…もうどうしたらいいかわかりません。

また自信を取り戻したいです。どうしたらいいのでしょうか?

すごく変な悩みですが、読んでくださりありがとうございましたm(__)m
アドバイスよろしくお願いします。

違反報告

2013年11月21日 13時11分

無料カウンセリング掲示板の回答

カウンセリングルーム・エンパシー

自信過剰と自意識過剰の心理には共通点があります。それは、他人の存在を良くも悪くも意識しすぎてしまうところです。自意識過剰の人は「そうあるべきだ」という規範的な思考になっています。しかも、他人の視点です。

自分に自信を持つためには、他人視点から自己視点に変えることです。自己視点の人は、自分の存在価値を自分で確立できますが、他人視点の人は、それができません。

開き直ることです。どんな自分でも自分なのです。人に気に入られようが嫌われようが、そんなことはどうでもいいのです。素の自分、飾らない自分、ありのままの自分、を全部認めて受け入れてください。

他人に嫌われてもかまわない。いや、いっそのこと嫌われてしまおうと腹をくくったとき、自分の存在を肯定することが出来るはずです。「人から好かれたい」という欲求があなたを縛っているのです。この欲求を手放することが大事だと思います。

不明な点は、補足説明させていただきます。 無料ですのでお気軽にご連絡ください。

違反報告

2013年11月21日 15時27分


お礼コメント

アドバイス本当にありがとうございます。
みなさまに貴重なアドバイスをいただき、いま自分を受け入れつつあるところです。一人でいる時間には、悩むことが少なく楽に過ごせるようになってきたように思います。しかし、どうしても人に会うと余裕がなくなりいっぱいいっぱいになってしまいます。悩む前はここまで緊張することもなく楽しく話していたのに。いろんな発想がうかんでたのに。人と話すのが好きだったのにと。「こんなこと言いたいけど引かれないかな」と心がドキドキしながらも話せていて、時間がたつと慣れていたのですが、、今は「何を言ったら、考えたらいいのかわからない。」と、一言一言身構えて頭が真っ白で何も浮かばない状態で親友にも家族にもそんな感じなので、同じ人見知りでも全く気持ちが違って戸惑っていて、それが苦痛で仕方ありません。楽しい発想も言葉もぽんぽん浮かんで自分でも自分に対するイメージがよくて周りにもほめられていたのが、今では「こうしよう」と頭で考えて作為的な発言ばかりで楽しい発想も浮かばずほめられることも少なくて自分に対するイメージが最悪です。どうしても自分に対するイメージを上げられず、自信がないのが全ての原因なのかなと思うのですが、これを受け入れてしまおうとすると自信のない自分が当たり前になって定着してしまいそうで怖くて、どうしても悩んでしまいます。もういいやと無考えないようにしようとしたときに、変に無になって冷たくなったりトゲトゲしてしまったりしたことがあって戸惑ったことがあるので、考えたくなくてもこの変な状態が当たり前になってしまいそうでこわくて、やめられなくて…。だから悩みさえしなければそのままだったはずなのに、なぜか自分を磨こうと悩み、やっぱり自分でよかったんだ。悩みのせいで変わってしまった、悩む前の自分に戻りたい。と悩み、意味のない悩みを繰り返して…おかしな話なのはわかっていてもぐるぐる悩んでしまいます。いつも自分のことばかり考えすぎて、何をするときも回りに目を向けられず旅行に行ったり舞台を見たりしても自分のことばかり考えて楽しんだりできなくて、悩みはじめてからここ数年、思い出がありません。一挙一動がぜんぶ自分じゃないみたいで、自分で評価しまくって。もう自分で何を話しているのか、何から解決したのかいいのかもわからなくて、言っていることも意味がわからない部分も多いかと思いますが、お許しください。どうしたら自分を好きに、自分に対していいイメージでいることができるのでしょうか?お恥ずかしながら悩む前は恋のライバルがいても「あたしのほうが絶対幸せにできる!」と思ったり、「こんな発想や価値観もってうまれた自分って幸せだな。だから生まれ変わっても自分がいいな」とか、自信があって、自信があると本当に何をしても楽しくて、、そんな自分を知っている分、今が真逆でむしろ自分に対する評価が最悪で生きづらいです。楽しくなりかけても、なぜかどこかでブレーキがかかってしまいます。良いイメージを持とうとしても、モヤモヤしてしまいます。ごちゃごちゃした質問で何をお話ししたら良いかわからず申し訳ありませんが、どうしたらまた自信をもって、幸せに過ごせるのでしょうか?日に日に自信がなくなり、年々生きづらくて自分が嫌になっています。悩む前も自分なのに、どうしていま「自分」になろうとして悩んでいるのか変な話ですが悩んでいます。

2013年11月28日 21時24分

こころのピース

始めまして、ぴよぴよ様。カウンセリングルーム こころのピースの佐々木と申します。

自分の評価を気にするようになってしまってから、
「自分を変えよう」「よく思われよう」と意識しすぎてしまい、
自信をなくし、一時は精神科に通うほど悩まれてしまったのですね。
今は自信を取り戻したいと考えていらっしゃる。
だいぶ普通に生活できるくらいには戻っては来ているが、まだ人と会ったりするのは
構えてしまうのですね。

「独特の雰囲気」「癒される」「面白い存在」これらは人から言われていたことですよね。
自分ではそのようには感じておらず、言われいていたときは
「そうなんだ」「このままでいいんだ」と感じていたと思います。
この状態が「ありのままの自分」を受け入れていた状態だと思います。
「ありのままの自分」を受け入れることはカウンセリング上の目標です。
「ありのままの自分」を受け入れている状態は自分を信じ、愛している状態です。

ではその時の、周りの人から言われていた自分の姿をめざしていけばよいのでしょうか。
これはちょっと違うんですね。
結局、周りの人から言われていた言葉は「周りの人の目から見た自分」であり、
「ありのままの自分」とは違うのです。
だからその時の状態をめざそうとすると、「周りの人の目から見た自分」を演じなくては
いけなくなり、自然ではなくなってしまいます。

「短所を無くそうとした」とありますが、「短所」はどのようなものが「短所」なのでしょうか。
「特徴」として捉えることもできるのではないかと思います。
「短所も特徴の1つ」と捉え、特徴がある自分を、特徴を含め認めてあげる。
そうすることが「ありのままの自分」を認め、自分を愛することが出来ることなのです。

ゲシュタルト療法の言葉に、
「変容は人は自分ではない者になろうとするときでは無く、
 ありのままの自分になるときに変容が起こる。」
という言葉があります。
他者から見えていた自分の姿は「自分ではない者」です。
「ありのままの自分になる」とはありのままの自分を認めることです。
昔の「周りから見た自分像」や自分に対する思い込み、
他者の目から見た評価などから抜け出し、自分自身を認めてあげましょう。

違反報告

2013年11月21日 14時33分


お礼コメント

佐々木さん、アドバイス本当にありがとうございます。感謝します。

周りの人から言われていた評価ですが、少なからず自覚のあるものもあり、一番自分が楽で自然でいられていた頃でした。自分でも自分に対して良い印象を持っていて、それで過ごしていくなかで誉めてもらうこともあり、そしてそんな自分でいられているのが嬉しくて幸せで、まさに好循環でした。
しかし自分の評価やこんな人は素敵だなぁと思う人の分析をかなり細かくするようになってしまい、「根本的にどんな考えだからこうなるのか」などとかなり頭で細かく考えて方法で頭がいっぱいで…となるうちに訳がわからなくなり、頭で考えて行動するようになり、自分を見失い、どうしたら楽になるか模索する日々が続いています。今の自分に対する印象や評価は最低最悪で、いつも頭で考えてしまうため話すことも考えることも自分じゃない感覚で、生きづらくて、それがまわりにたいしても身構えたり緊張するようになってしまって、自信があり素で楽しめていた自分を知っている分悔しくて辛くて仕方ありません。変わってしまったのかと思うと、死にたくなるくらい辛いです。自分はダメになった、最悪だ。頭がパンパンで雑念がとれず余裕がない。何を考え何を話せば良いのか、自分がわからない。と、どちらかと言うと、自分で自分の首をしめている感じです。
ありのままの自分がわかりません。今は自分に対して短所しか思い付かず劣等感でいっぱいで生きづらいです。長所はどうしても認められず信じられずにいます。
これをそのまま認めるということは、「自分はあれもこれもできない人間だ。自分がわからない不自然な人間だ。」と、諦めてしまえばいということですか?

2013年11月24日 12時08分

追加コメント

「ありのままを受け入れる」は「諦める」とは違います。
以前の自分や理想の自分と見比べることなく、
「今の自分で良いんだ」と感じられることです。

恐らく以前はそのような状態であったのでしょう。
ただ人を意識し始めると人からの評価を気にしてしまい、
自分に対して駄目だししたり、完璧を求めるようになってしまいます。
それまでは別に気にせず、それで良いとも悪いとも思っていなかったことが
悪いと感じられてしまう。その状態で気にしなかったときは自分も他の人も
受け入れてくれていたことなのに…。

今は袋小路には待っているような感じですね。
一人では一本しか道が見えず、身動きが取れないような状況だと感じても、
他の人からは別の道が見えており、気付かせてくれることもありますよ。
一人で抱え込まず、カウンセリングなどで自分を縛り付けている
見えない鎖を解き、自分らしく進んでいきましょう!

2013年11月27日 22時45分

横浜カウンセリングルーム Heartful Time

ぴよぴよさん、ご相談ありがとうございます。
初めまして、カウンセリングルームHeartful Timeの佐古と申します。

昔は自信持って周りからも良い印象を持たれて楽しく過ごせていたのに、好きな人が出来た事をキッカケに自分の評価が気になってしまい、自分にダメ出しする事で自信を失っていってしまったのですね。
もっと良い自分になる方法論ばかりに頭がパンパンになってしまい苦しみ、精神科にも通われたとの事。
今では自分を取り戻し普通に生活は出来てきたものの、自信は極度になく、生きづらさを感じているのですね。

私は自信のコントロールを専門としていますので、アドバイスさせて頂きます。
ぴよぴよさんが自信を失ってしまい、普通に過ごせるようになった今も自信を取り戻せないのは、ぴよぴよさんに問題があるのではありません。
ぴよぴよさんの魅力や能力は変わっていないし、失ってもいないと思います。
ただ、ぴよぴよさんの思考は変わってしまったので、自信を失ってしまい、取り戻せない状態のままなのだと思います。
今のぴよぴよさんは頭でいろいろ考えて、正しい方法を見つけ出す事を大切に生きていますよね。
でも、以前の自信持っていた時のぴよぴよさんは、心の状態を大切にして生きていたのではないでしょうか?
自信と言うのは頭でも作り出す事は出来ますが、本来は心が作り出すものです。
自分が楽しく過ごせている事、気分よく過ごせている事を感じ、だからこそ、自分の魅力や能力も出す事が出来ている実感を感じられて自信を持てる。
だからこそ、心から生まれた自信と言うのは、自分の状態さえ疎かにしなければ揺るがないものなんです。
でも、頭で作られる自信と言うのは、結果ありきの自信になってしまいます。
だから、上手くいき、結果が出ればいいのですが、結果がちょっとでも出なければ、簡単に揺らいだり失ったりしてしまうんです。
結果と言うのは、様々な要因が重なり合って出る答えなので、誰もコントロールは出来ません。
全く同じ事を同じように行っても、上手くいく時と、上手くいかない時がる事を、ぴよぴよさんも人生経験から知っているはずです。
だから、100%コントロール出来ないものを、どんなに頑張ったとしても、上手くいかない時や事もあって当然なのですが、結果に囚われた頭で作り出す自信では、この上手くいかない時や事を理由に自信を無くしてしまいます。
ぴよぴよさんに今、必要なのは考える事ではなく、自分の状態(感情)を感じる事です。
そして、自分の状態(感情)が楽しい、嬉しい、幸せ、ルンルン、ウキウキ、などの状態で多く過ごせるように、自分と向き合って、そうなれる行動を積極的にしていくことです。
ぴよぴよさんには、今も変わらぬ魅力や能力があるはずなんです。
ただ、他人の評価を考え、コントロール出来ない事にばかり考える時間を奪われているから、魅力や能力を発揮して良い状態にも戻れないし、良い評価にもつながらない悪循環にハマってしまっているだけです。
まずは自分の心の状態が大切だと理解し、自分の心状態に気付いて、より良い状態にする事を考え、行動してみましょう。
どういう自分が評価が高いのかとか、評価が高い人になる方法は、今は一切必要ありません。
自分の心の状態を最優先に考えて、良い状態で過ごせる行動をしましょう。
どうすれば心の状態が良くなるのか?一人で解らないようでしたら、カウンセリングを受けてみましょう。
カウンセリングは自分と向き合い、自分の事に気付けるサービスです。
問い合わせは、こちらからどうぞ。
http://www.heartful-time.com/contact/
ぴよぴよさんの以前の自信は心が作り出していた、本物の自信です。
だから、見失う事はあっても無くなってはいません。
ぴよぴよさんの過ごし方次第で、自信は取り戻す事が出来ますから、安心してください。
心の状態を大切にして過ごし、自信を取り戻して、また、生まれ変わっても自分になりたいと感じながら充実した日々を過ごしましょう。

違反報告

2013年11月21日 14時30分


お礼コメント

佐古さん、アドバイス本当にありがとうございます。感謝します。
「心の状態」それに気づかせていただき、読んでいるうちにビックリするくらい楽になり、ふわふわごちゃごちゃしていた状態からみるみる自分を取り戻し、別人になったわけではなく考え方が変わってしまっただけなんだと、少しホッとして前向きになれました。本当に私の質問が佐古さんの目に止まることができありがたいなぁと、やっと出口が見つかったと感じるくらい、衝撃的でした。本当にありがとうございます。
ただ不安な点もあって、申し訳ないですが書ききれなかったことを、補足させてください。
ずっと悩み続けている大きな原因の一つとして、
成功体験をしたり、自分でいい方法を見つけたり、アドバイスをいただいたりして自分を取り戻して楽になっても、今度はそれを「そうそう!この感じ!こんな感じを保つには」と、また自分を見失うのが怖くて方法をメモし、また頭で考えるようになり、ふとその感じを忘れたり、人に会ってまた自分をだせなかったりすると不安になり、そこからまたどんな感じだったかと方法を考えて深みにはまってしまいます。時にはこれが一生続くのかと死にたくなるくらい。こうして数年間ループにはまり、一度は楽になっても、今度はそれを保とうと頭で方法を考えるの繰り返しでした。なので誉められたり自信を感じたりしても、「今はいいけど先はわからない」と、日によって見失ったり戻ったりとブレブレな自分をどうにかしたいです。悩み出す前に自分を見失わずに喜怒哀楽できていたのが不思議で悔しいです。
ただ悩む前は自信もありましたが、人見知りで流されやすいところもあった気がします。そして、すべてが自然だったかと思うと、多少は頭で「自分はきっとこう思われるんだろうな」「こんな自分でいたい」と考えている部分もありました。それでも今みたいにプレッシャーにはならず自信と手応えがあり自分に対する印象でもありました。人と話すのも人見知りでしたが好きで、楽しい発想がぽんぽん浮かんで楽しかったです。だからどこまでできてできなかったのか、加減が分からないまま過去と今を比べてしまい訳が分かりません。本当は過去と今を別物だと考えてしまうことが、別人になったようで悲しくなってしまうのですが。。そして人にほめられると、内容によっては「そうだねぇ♪そんな自分でいるのが嬉しいなー」と、お恥ずかしながら自覚がある時もありました。でも今では、たまに言われた誉め言葉も「今は良くても、これを保てるかな…」と、今は良くても先は分からないと、素直に受け入れられずプレッシャーになります。過去はなんであんな風に自分をコントロールできていたのかわかりません。「人にこんな風に接するだろうな」という自分に対するイメージや印象みたいなものがあって、現実もわりとその通りで慣れてくると言葉も自然に浮かび人にほめられ、それが大きく自信に繋がっていました。今はそれがブレブレで、いつまでたっても慣れず昔からの親友にまで緊張するようになり、印象を思い出してみてもプレッシャーになり、喋ってもわざとらしく、もうあのようには振る舞えないのかとかえって方法論を考えまくる原因の一つになっています。
こんな風に、自分を取り戻してもまた見失ってしまうのがこわいです。家にいる時なんかに人に会うことを想像すると、不安になり、「あれ?前は自信あったのに…」と自信があった時の自分を知っている分、悔しくなりまた悩んでしまいます。誘いがくると、緊張してプレッシャーを感じて人に会うことを避けてしまいます。実際に会うと結果は楽になったり自信をなくしたりと両極端なのですが…。
一度は楽になっても、頭で考える自分にいつのまにか変わってしまい、また悩みの渦にはまってしまう…この状態とは、どう向き合ったらよいのでしょうか?たぶんこれを解決すれば随分楽になりそうなのですが、今だに悩みのループにはまってしまっています。
佐古さんにアドバイスをいただいて、嘘のように自分を取り戻して楽になり、自信を取り戻しつつあるのですが、長く続かずまた悩んでしまうのが怖いです。せっかく良いアドバイスをいただいても活かしきれなくなるかもと、不安です。
この悩みのループから抜け出して揺るがない自信を取り戻すには、ブレずに自分を見失わずにいられるには、どうしたら良いのでしょうか?

2013年11月24日 11時31分

PASERI

どうしてそうなのかわからずに褒められると、例えば、前の方が良かった、とか、こんな時の貴方がいい、とか言われると、戸惑う事ばかりだと思います。

自然がいいのだけど自然がわからない、

そうですよね。

年月と共に環境も人間模様も変わりますからね。以前と同じ様に自然に、と思ったって、ぎこちなさがつきまとうと思います。

評価を気にしない以外自分を保つ方法は無いと思うのですが、基本に戻って、自分はどんな色が好きか、とか、何を食べたいかとか、どんな時が楽しいか、とか、もう一度人の評価を気にせず、気持ちの赴くまま振る舞ってみてはどうでしょう?

例え以前の様な凄い評価を受けなくても、自分が一番楽で気取らず、人に優しく出来るポジションが見つかれば、それが一番いいのではないでしょうか?

世の中には沢山の価値観があるし、世の中自体もめまぐるしく変わります。その中で、無になり、自分にとっての幸せとは何か、考えて、というか、味わってみてください。人と会うのが嫌なら無理に会わなくてもいいのです。逆に、人恋しいなら、どんどん会えばイイと思います。

コレ、という自分のボジションが見つかってくれば、自分も身の振る舞い方が定まってくるし、周りの人も、貴方の新しい良さや個性に気付いてくれると思います。

違反報告

2013年11月21日 13時54分


お礼コメント

PASERIさん、アドバイス本当にありがとうございます。感謝します。
やはり評価を気にしすぎず、自分の感じるままに生きていくことが大切なのですね。自分が一番楽でいられる方法やポジションを模索中なのですが、なかなかむずかしいですね。頭で考えてしまう癖をどうにかして、また自然に過ごしていけるように自分のやりたいこと、心のままにやってみる機会を増やしてみたいと思います。アドバイスをいただき、本当にありがとうございました。

2013年11月24日 11時42分