無料カウンセリング掲示板の質問

「忘れることが怖い」に関する質問

  • 受付終了

K.Kさん

私は、すごい忘れっぽいです。

例えば、家の2階に物を取りに行って実際行くと何を取りにきたのか忘れて元いた場所に戻ってやっと思い出す。または本来取りに行くはずのものを忘れて他の忘れ物を持って元の場所に戻ってきたり。

思い起こせば学生のときも忘れ物は多かったです。ただ、母が持ってきてくれたりしたので先生に怒られたりした記憶はあまりありません。
ですが、公共の場ではスマホを忘れるなどはしたことないです。これに関しては振り返って確認をするからだと思ってます。


上記のことはまだそこまで重くは受け取ってませんが、最近忘れっぽいことがものすごく怖いんです。
彼氏とLINEでやり取りをするのですが、家にいる時に私が送った直後にスマホを離して、彼氏の返信を待たずに他のことをしてしまって、返信が遅くなることを何度も何度も繰り返して彼を怒らせてしまっています。

怒らせてしまって毎回直そう直そうとするのですが、少しでも気が抜けるとまた同じことを繰り返してしまいます。
彼のことはすごく好きで、嫌いなところは何も無いぐらい好きで、相手のことを想っていないからできない、とかではないと思います。
少なくとも、スマホを離してしまっても彼のことを考えながら他のことをしています。(一緒にどこ行こうとか一緒に映画観たいな等)

もう何度も何度も彼氏を悲しませていて、私もすごく直したいのです。
でもあれこれいろんな方法を考えても、何にも自信がもてません。
また忘れてしまう。あれこれ実行しようとしても一瞬でも気が抜けたらまたやってしまうのではないか、すごくすごく怖いです。
どうやったら、忘れないようにできますか?

ちなみに遊ぶ日や待ち合わせ時間を忘れたりはしません。スケジュールに書いてあるからかもしれないですけど、これに関しては忘れたことはありません。

切実に悩んでいます。苦しいです。私も、彼氏も。彼氏の悲しませたくないのです。
よろしくお願いします…

違反報告

2019年1月13日 09時44分

無料カウンセリング掲示板の回答

月の森カウンセリングルーム

K.Kさん

初めまして。
月の森カウンセリングルームの阿部と申します。

K.Kさんのお悩み、拝見しました。

忘れてしまうことへの恐怖、辛いですよね。
お気持ちお察し致します。

彼氏のことを悲しませたくないとのことですが、
もし可能でしたら、
現在のK.Kさんの状態をお相手の方へお話されてみるのはいかがでしょうか。

忘れないように努力していること。
それでも忘れることがあること。
そういう自分でも受けとめてほしいこと。
できれば二人で乗り越えていきたいお気持ち、など。

お互いに現在の状況を受け入れていかれる方が、
K.Kさんにとっても、彼氏にとっても、
精神的なご負担が軽減されることと思います。

忘れずにいられた時はお二人で喜べますし、
忘れてしまった時はお二人で反省し、認め合える。

相互理解を深めていくことで、
よりお二人の絆も深まることと思われます。

彼氏のことを信じて、
まずはK.Kさんの現在の状態を、
ありのままにお話されてみてはいかがでしょう。

K.Kさんの日常が少しでもより良い方向へ向かわれますことを、
心よりお祈り申し上げます。

違反報告

2019年1月17日 17時27分


mentalquest

はじめましてmentalquestの渡辺です。
医療機関で医療相談、生活相談、介護相談、カウンセリングを行っています。
「自分は今何を取りにきたのかしら」
なんてことは年齢問わず誰にでもあります。
よく観察してみると、真面目だけどあわてんぼうで
良く言えば想像力豊か、悪く言えば取越苦労
見切り発車的な行動をとるあまり
頭の考えがまとまる前に体が行動を起こしてしまう。
結果、別の事が目につくと、先の事に上書きされてしまい「忘れる。」
近年ではスマホ・パソコン・タブレットなどIT刑端末に頼りすぎるあまり
脳が働かなくなる状態に陥ってしまうとも言われています。
IT系端末はメモリーがあるので
いちいち覚えておく必要がない、いつでも見れる
K.Kさんの中にも無意識にそういうのがある様に感じます。
「忘れる」というよりは、彼を怒らせるのは
LINEのやり取りに対しての彼とK.Kさんの思い入れの温度差でしょう。
無視されたと思ってしまうのでしょうか。
質問されて思うのは、誰かに合わせるのではなく
K.KさんがK.Kさんのままで、無理しないで恋愛を楽しめたらと。

違反報告

2019年1月17日 12時29分


カウンセリングルーム和

こんにちは。カウンセリングルーム和の今野志保です。
忘れっぽいとの事でお悩みのようですが、スケジュールを忘れたり、
大事なものをなくしたりはしていないようなので、
忘れっぽい事はあるようですが、それ程心配はいらないように思えます。
彼氏への返信が遅くなり、彼から注意されているようですが、
生活の中でずっとスマホを離さず、すぐに返信することだけが
愛情ではないと思います。LINEは便利ですが、それに振り回させるのは
ちょっと悲しい気がします。
もし、相手の返事がすぐに必要な内容であれば、通話でやり取りするのも
1つの方法ではないでしょうか。
彼氏と2人で話し合い、上手くコミュニケーションが取れると良いですね。

違反報告

2019年1月17日 08時01分


心理カウンセリング らしんばん座

K.Kさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

K.Kさんは、ご自分でも凄く忘れっぽいことを感じていて、忘れることを凄く怖いと思っているのですね。

そうですね。
でも、すべての物事について忘れっぽくて困っているわけではなくて、ちゃんと出来ていることもあるのですね。
例えば、公共の場でスマホを忘れたことはないとか、遊ぶ日や待ち合わせ時間を忘れたことはないとか。
ちゃんと出来ていることもあるのですから、そこは自信を持って良いと思います。

人は、すべての物事対して、いつも完璧に出来るわけではありません。
だから、忘れてしまっても、それは必ずしも責められることではありません。いつも完璧に出来ると言うことは、最初から無理ですから。
要は、たとえ半分でも4分の1でも、「出来た」事に注目して、「出来なかった」事は必要以上に気にしないことだと思います。

ただ気になっているのは、LINEのやりとりで、彼氏を怒らせてしまっていることなのですね。
確かにLINEは、すぐに返信を返さないといけないと言った、マナーのような物はありますが。
すぐに返信しないと、「好きではない」と言うことにされてしまうのですね。

K.Kさんもおっしゃるように、彼氏の返信を待てないと言うことは、なにもK.Kさんが、彼氏のことを好きではないからではありません。
彼氏にだって、すぐに返信できない事情といった物があると思います。
ましてK.Kさんにも、返信を待てない理由といった物があります。
お互いに、ぎちぎちに相手を縛ってしまうことよりも、お互いに思いやり合って、返信が遅れても許し合うことも、愛情の内だと思います。

だからこの問題は、なにもK.Kさんは、直そうとする必要はないと思います。
スマホから手を離していても、彼氏のことを考えているのなら、それは素直にそう言って許してもらって下さい。

人の考えと行動は、かならずしも一致してはいません。
考えると言うことは、意識して考えなければいけませんが、行動は考えがなくても出来てしまいます。
だから、彼氏のことが好きでないから返信できないという考えは、当たりません。
返信が遅くなってしまうのなら、メッセージを送信したら、かならず何分かはスマホから手を離さないという事を、習慣にしてみるのも良いと思います。

違反報告

2019年1月16日 18時45分


臨床心理シランの室

Kkさん はじめまして。臨床心理シランの室です。

文面から推測するにあなたは「不注意」や「衝動性」が強いかもしれません。何かを取りに行ったときなど、目に入ったことに注意が奪われてしまい、肝心な目的を忘れるなど…。

それは目に入ったものに関心が向いてしまうために、注意がそちらに向いてしまうからです。不注意というより、注意の過多(気の多さ)であり、そのため注意の散漫が起こり、物忘れになってしまっています。

結果、本来の目的を忘れてしまうことになっているようです。同時に二つのことをするという「作動記憶・ワーキングメモリー」(心理学の専門用語)も弱いようです。

あなたは、短所の面「衝動性―不注意―注意散漫―物忘れ」で苦しんでいるようですが、長短は表裏一体です。長所はあなたの気軽さ、機敏さ、行動の迅速さという面になると思います。

今できる具体的な改善方法は、「しなければいけないこと・約束事」を記録化、メモ化、可視化することでしょうか…。

大事なことをスケジュール化、メモにすれば問題はないと、あなたが言っているように、「メールの返信をすること」などとメモをすることです。小さなことでもメモをして、それを持ち歩く。ポケットに入るコンパしょう。

メモも三色ボールぺンなどを使って大事なものは、赤色などでメモする。または、アラームが鳴るようにするなど、やらなければいけないことを、感覚で知らせる工夫をするとよいでしょう。メモをする、音で合図する、見えるところに、書置きを置くなど、いろいろな工夫ができると思います。工夫してみてください。

今後のこともありますので、心配であれば、一度専門機関をたずね、WAIS(知能検査・能力の特性を調べる)検査などをしてもらえば、あなたの特性がはっきりすると思いますし、安心できると思います。

人間は、本来の個性(特性―長所にもなれば短所にもなる)を発揮できれば、それぞれ輝きを放って生きることができます。

タンポポはタンポポのよさがあり、バラはバラのよさがあります。彼らは個性を発揮できているからです。

バランスの悪さは、本来誰人にも内在する固有な個性や特性に偏りがあるため、その人のよさ(個性)がうまく発揮できていない状態と考えられます。

まず、自分の特徴、傾向、得手、不得手などを知ることです。自分の正しい把握や気づきなしに、正しい対処はできないからです。

自分を正しく知るためには、自分を客観視することです。心理検査(WAISなど)や心理カウンセリングは、あなたの客観視に役に立つと思います。

違反報告

2019年1月16日 15時24分


cocoro"a"

k.kさん、こんにちは。

忘れっぽい特徴で彼に迷惑をかけていることに、ご自身をせめていらっしゃるんですね。

もしかしたら、脳の機能的に一度に沢山のタスクをこなすのが苦手なのかもしれません。
過集中タイプはそういった特性もあります。前頭葉の機能不全もあります。

日々の生活習慣はいかがでしょうか?
また栄養や、運動が脳機能を活性化します。
また甘いもの、お菓子、糖質を摂りすぎると、ビタミンが足らなくなり、脳機能が低下します。

だとしたら、本質的には相談する場所が違うということになります。

カウンセリング的には、彼がしてほしいことに応えられないことに罪悪感を感じないようにするとともに、恥の感情を癒していき、忘れっぽい特徴を違う視点からプラスに見れるようにします。

彼を悲しませることは、彼にとってデメリットだけではありません。彼が人として成長する機会をあなたの忘れっぽいが与えています。

いつでも仲良し、波立たずだけが、恋愛ではなく、恋愛も、波あって、恋愛を通じて人として成長します。

違反報告

2019年1月15日 13時28分


グレイス・ピリオド

はじめまして、グレイス・ピリオドの林と申します。

悪気なく忘れてしまい、彼氏を傷付けてしまうというのは、苦しいことですよね。
ご自身でも、いろいろと考えて努力しているが、報われないことも辛いことでしょう。

程度の問題はありますが、人間は忘れる生き物です。
今この時を生きている訳ですから、ずっと記憶を意識したまま生活するのは無理があるでしょう。

スケジュールや貴重品の管理は出来ているということなので、病的というほどではないと私は感じます。

ただ、現にいまあなたが苦しんでおり、また彼氏を悲しませることでさらに傷付いているということは事実としてあるので、
そこに関しては対処することが良いと感じます。

どうするかについては、様々な手法が考えられますが、カウンセリングもあなたを助ける一助になるかもしれません。

ご自身を今一度見つめなおして、「こういうケースは忘れやすい」「あ、このことは忘れずにちゃんと出来るな」や、
彼氏に対して自分の忘れっぽいというのをどう理解してもらうかというコミュニケーションについてをテーマにすると、
何かしらの答えが見えてくるかもしれません。

もし、ご興味があれば当方は初回無料相談も行っていますので、お気軽にお問い合せ下さい。

あなたと彼氏さんが上手くいくことを願っています。

違反報告

2019年1月15日 11時04分