無料カウンセリング掲示板の質問

「復学すべきか就職すべきか」に関する質問

  • 受付終了

momoさん

はじめまして。
現在大学4年で3年後期より療養で休学しております。双極性障害II型と軽度ASDの診断が下っており、自殺未遂歴有りです。
元々は中退する予定だったのですが、最近、来年度4月より復学しようかという考えがでてきました。やはりせっかく入った大学を卒業したいという思いからです。
ただ、復学して成功する自分が全く思い描けないのです。元から人間関係が苦手です。苦手な授業(ゼミや英語、グループワークなど)や再履修の単位をきちんと取れるのか、以前と同じように授業について行けなくなり引
きこもりになってしまうのではないかという不安がかなり大きいです。そうなると金銭面でも、学費を無駄にしてしまうのではと親に申し訳ないです。
大学を卒業しても「絶対に新卒で総合職に就きたい!」などの強い思いはないので、自分でも大卒にこだわる理由が見当たりません。早く就職して自立したいです。ですが今からさっさと就職すべきだと思う反面、それでも
今の学校を卒業したいという思いがあります。きちんと勉強できる自信はないのに大卒資格が欲しいなんてとんだ甘えだと情けないです。
もちろん、復学するにあたってはリハビリとしてブランク分を勉強に充てるつもりです。しかし療養期間はあまり勉強してこなかったので、今日も英語を勉強しようとしたのですが集中力が10分も続かず、こんなんで復学で
きるのか?と不安で仕方ありません。

自分でも何を相談したいのか分かっておらずモヤモヤを発散させただけで大変恐縮ですが、なにか一言でもいただけると幸いです。
乱文失礼しました。

違反報告

2018年7月31日 01時00分

無料カウンセリング掲示板の回答

臨床心理シランの室

momoさんはじめまして。臨床心理シランの室です。

人生の先輩として、少しアドバイスをさせてもらいます。

双極性障害Ⅱ型、軽度ASDという症状ゆえに、生き辛さを感じ続けてきたと思います。その障害を受け入れ、付き合っていかなければならない辛さお察しします。しかし、症状は必ず改善していきます。あなたの中に潜在する自然治癒力が動き出せば…。

「来年の4月から復学しよう」との考えが出てきたこと自体、momoさんの精神状態も少し上向きになっている証拠だと思います。

あなたの置かれた状況で、今就職の方向に進むのはかなりの無理があると思います。
たとえ勉強のハンディがあるにしても復学の道のほうが、今のあなたにとってはよい方向だと思います。

復学して勉強についていけるかどうかは未知ですが、中退してしまえば進路の可能性も狭められ、将来きっと後悔するような気がします。また高卒より大卒のほうが就職に関しても選択肢が広がるからです。

せっかく入学した大学ですし、卒業したいという考えもあるわけですから、大学卒業を当面の目標にすればよいと思います。就職は、復学が軌道に乗ったときに考えればよいと思います。

選択とは、賭けでもあります。人生に確実性が保証されているものは少ないといってよいでしょう。確実性をもたらすものは、決断後のあなたの行動であり、努力であり、経験の積み重ねです。大事なのは、「こうなりたい」という気持ちです。また目的感です。

全てがわかって決断できるものではありません。多くの人は、不安を抱えたまま決断しています。不安の強い人にとって、絞ることは辛い選択になりますが、一つの決断は、他の選択肢を捨てることでもあります。

捨てるからこそ、選択したものを大事にしていくのです。努力してものにしていこうとします。

参考になればとの思いから、私の大学時代の体験を少し述べます。
私は紆余曲折したあげく、23歳で大学に入学しました。最初の二年間は、深夜のアルバイトにあけくれ、昼夜逆転の生活で授業にもほとんど出席せず、取った単位はわずかでした。当時、大学を中退して小説家にでもなろうかという「はかない夢」を持っていました。

そんな時、生活リズムを無視した生活がたたり、2年目の冬に心臓神経症(不安障害…現パニック障害)になりました。バイトもできなくなり病気療養のため休学し、故郷で療養しました。療養中に人生を考え、生き方を振り返ってみたりしました。

「これからどうしよう」と何度も考えた末、最も現実的で確実な方向…それは「せっかく入った大学だから、とにかく卒業しよう」と進むべき道を決めたことでした。

3年目の前期から復学し、時折襲う症状に苦しみながら、一心不乱に単位を取りました。最も苦労したのが、英語と第二外国語の単位取得でしたが、後輩たちの中に交じって、恥も外聞も捨て愚直に勉強しました。

私は既に両親と死別していたので、経済的な支援もなく、新聞配達、塾の講師で生計を立てながらの大学生活でした。

6年間大学に在学し、最終的に教師の道を選び、29歳で中学教師になりました。その道に人生を賭けたのです。(HPに詳細は書いています)

病気療養中、地獄をさまよっていた時、私の心の支え、生きる勇気を与えてくれたのが次の詩です。あなたに贈ります。

「私は この世に人間の旅に出たのだ
生命究極の目的まで
疲れても 歩まねばならない
風の日も 雪の日も
野宿の時も覚悟しながら
私はひたすら歩むのだ」

違反報告

2018年8月13日 18時27分


NPO法人リアルトレジャー

はじめまして、momoさん。

ご質問を拝読して、momoさんの将来への不安と希望、現実の困難さが伝わってきました。さまざまな思いを巡らせているうちにモヤモヤがどんどん濃く暗くなってしまうのでしょうか。不安が大きいままでは、何事にも手につかないし、よい展望も見えてきません。成功するイメージが思い描けないのも当然です。

一方、「早く就職して自立したい」というお気持ちを実にはっきりと明確にmomoさんは表わされています。このお気持ちを実現するには、復学か就職活動のどちらでしょう? 
また「早く就職して自立する」には、長い期間がかかります。仮に、次の3ステップに分けたとして
①療養生活から確実に社会復帰をする
②安定して仕事を続けられる就職先を見つける
③自立をめざせる経済力をつける
今、①のタイミングで可能なのは、復学か就職活動のどちらでしょう?

momoさんが「早く就職して自立したい」という希望をたしかに叶える日が訪れますこと、心より祈っております。

違反報告

2018年8月2日 15時45分


メンタルソリューションevorevo/Talizman

カウンセラーとしての回答ではありませんので申し訳ないですが。

個人的に…あなたほど実直でまじめに色々なことを考え、捉え、答えを出そうとしている人は少ないように思います。
不安や困難もあるでしょう。
やりたいことや生きていきたい方向性もこれから変わるかもしれません。
でも、やっぱりあなたにはやりたいように進んでほしいと思います。
卒業したいという思いが強いならそうしてほしいです。
単純に、あなたの文章を見てこのように答えたくなってしまいました。

カウンセラーとしては失格な答えですがすみません。

違反報告

2018年8月1日 03時25分


お礼コメント

ご回答ありがとうございました。
自分の意志に従いたいと思えました。
重ねて、ありがとうございます。

2018年8月1日 22時06分

悩み相談室 ひだまりの会

momoさんはじめまして悩み相談室 ひだまりの会と申します。

出来ても出来なくてもいいから自身が思っている行動をすればいいよ。
自身のペースでね。
もちろん、ご両親に相談して、かかりつけの病院・カウンセリングに相談して進むといいよ。
自身の伝えたい気持ちを伝える事が大事だよ。
出来ても出来なくてもいいからその行動を起す姿勢を忘れないでね。
まずは焦らない事ですよ。気持ちの余裕を作ってね。

分からない事があったらいつでも相談して下さいね。

悩み相談室 ひだまりの会
https://hidamarino-kai.jimdo.com/

違反報告

2018年7月31日 20時12分


お礼コメント

ご回答ありがとうございました。
自分のペースで焦らずにいこうと思えました。
ありがとうございます。

2018年8月1日 22時04分

ピュアティケア旭相談室

momoさん、こんにちは。
ピュアティケア旭相談室の長です。お悩み拝読いたしました。

復学すべきか就職すべきかで悩んでいるのですね。

決めかねているのは、目的意識がはっきりしていないからだと思います。何のために大学へ通い何のために卒業するのか。
momoさんはどんな人生を送りたいですか。
例えば、病気のこと、人間関係が苦手なこと、親御さんの想いなど色んなしがらみがあると思います。
しかし、その全てのしがらみや壁がまったくないとしたら、自由で何でもできるとしたらmomoさんはどんな人生でありたいですか。こうであるべきやこの方が良いといった考えをせずに自分が幸せだと思う人生像は思い浮かびますか。

momoさんが想像する幸せの人生に大学を卒業することの意味はありますか。要はあなたが思い描く幸せを手に入れるのに、大学卒業というのが必要であるならば、復学を選べば良いと思います。
まずは、しがらみや壁に囚われずあなたにとっての人生の夢や目標というのを考えてみましょう。そして、その夢や目標を実現するにあたり、病気や困難なことにどう向き合っていけば良いのか、そして何を学んでいけば良いのかをじっくりと考えていけば、答えはみつかるはずです。

どんなに困難でも挫折しようとも、希望さえ失わなければ全てを乗り越えていけます。自信とは、行動の先にあるものです。失敗を怖れないことができれば不安に打ち勝てるでしょう。
休むときはしっかり休んでください。メール相談は無料ですので安心してご利用ください。

応援しております。

ピュアティケア旭相談室
長 雄一郎

違反報告

2018年7月31日 16時46分


お礼コメント

ご回答ありがとうございました。
自分の幸せや目標については意外と考えたことがなかったので、目から鱗でした。
ありがとうございます。

2018年8月1日 22時02分

New心理カウンセリング

>復学して成功する自分が全く思い描けないのです。

人は明日の事さえどうなるのか分からないのです。大学を卒業しても正業に就けるとは限りません。
ですから、目標に向かって一日一日の今できる事をしていれば良いです。

今日の勉強が10分しか出来なくてもそれはかまいません。
もしも明日が有ったらその時に出来る事をしていれば良いでしょう。
それで、後悔さえしなければ良いだけです。

努力は少しずつの積み重ねなのですから、頑張るというよりも踏ん張っていれば何とかなります。
それと、「悔やんでいても一日、楽しんでも一日」です、どうせなら楽しい一日を過ごせる様に踏ん張ってみてはいかがでしょうか。

あなたの人生ははまだまだこれからです、私のような高齢者は先が見えています。
それでも生きていた証を残したいので今できる事を出来る範囲で踏ん張っています。
あなたも出来る範囲で良いので、楽しい一日になる様に努力してはいかがでしょうか。

違反報告

2018年7月31日 16時07分


お礼コメント

ご回答ありがとうございました。
みなさんも未来が見えない中でも今を生きているのだ、と改めて思いました。
ありがとうございます。

2018年8月1日 22時01分

ファミリーカウンセリング米田

momo 様

こんにちは、はじめまして
臨床心理士の米田です。
お困りのお気持ちお察しいたします。
就職は、今以上に過酷ですから、現状では可能な限り、復学をお勧めいたします。
ただし、復学も、勉学というよりも、むしろ人間関係のリハビリが大切であり、簡単ではないとは思います。
直ぐにも解決されたいでしょうけど、ただ、こういう場合には、原因や対策がある程度わかっても、例えばスポーツの習得でもそうであるように、一時的なアドバイスや本を読む等のみでは解決は難しいので、諦めずに、適切な専門家による継続的な対応をお求めになることをお勧めいたします。
私の方でも承れますので、メール、LINEでのご利用であれば、低額で済みます。
お申し込み・お問い合わせは、メールアドレス famysummer@yahoo.co.jp
または、ホームページ http://orange.zero.jp/zbf59793.park/index.html
から承れます。

違反報告

2018年7月31日 13時58分


お礼コメント

ご回答ありがとうございました。
焦らずに考えていきたいと思えました。
ありがとうございます。

2018年8月1日 21時58分