無料カウンセリング掲示板の質問

「人生に疲れました」に関する質問

  • 受付終了

リコさん

はじめまして。
私は看護学校に通っているのですが、何もやる気が出ません。
元々看護師には興味がなく、私自身人と関わったり他人の血や排泄物を見るのが苦手で向いてすらいないと思っていました。
目指している学校も仕事もあったのですが、両親が将来困らないからと言って今の学校と看護学校の受験に力を入れてる高校に入学しました。
恥ずかしながら目指していた仕事も就職も許されなかったので仕方ないといった理由で入学しました。
実習などで看護師さんの仕事を見てると人の生命を繋ぐ素晴らしい仕事だとは感じるのですが、同時に出来るわけない、患者さんの命を預かるなんて無理と思ってしまい、課題が忙しくなるにつれてなんで向いていない事な
のに頑張ってるんだろうと無気力になってしまい休日は一日中だらけてしまいます。
最近は再試験を落としてしまって留年しかけて親・教師に怒られたり、それが原因で親に趣味が規制されたり、頑張って書いた課題をほぼ全否定されたり、無気力ながら頑張っても課題が終わらずに溜まってしまったり、外
部の先生から「次の試験落としたら実習来なくていい」と言われたり(これのみクラス全体に言われて原因はわからない)で周りに迷惑をかけるならもうやめてしまいたいと思ってしまいます。
しかし、やめるにしても私立なので学費も高いし成人式や実習に必要なパソコンも買ってもらって経済的に親に迷惑をかけた、大学生の弟(私と違い学校は特に指定なし)がいるため無職になったらまた迷惑をかける、そもそ
も退学しても就職できなかったらどうしようといった思いがあり、できません。
誰かに相談したいのですが、学校の友達は看護師になりたくて通ってるのでやめたいなんて恥ずかしくて言えないし、先生には相談したら親に連絡がいって3〜5者面談になるので嫌だし、幼馴染みなどの他職種の友達にも心
配かけたくないし、家族には何度か相談したのですが親にはその度に怒られて終わり、弟には「僕が就職できなかったらどうするの。ふざけるな頑張れ」と本人がふざけつつ言われて相談できません。
周りからの「リコならできる」「学校やめないよね?」「頑張って」という言葉がストレスです。
もう高校受験から数年経ちますが、あの時親を説得してたら今はもう少し楽だったのかなと思って泣いてしまい、虚しくなります。
ここまで追い詰められてるのは進学の時に親を説得できず、課題も実習も学校の人との関わりも満足にできない私自身の責任ですが、苦しいです。
学校以外なら楽しみはたくさんあるけどもう死んでしまいたいです。
まだ20代の小娘ですが、人生に疲れました。

違反報告

2016年11月3日 14時10分

無料カウンセリング掲示板の回答

はじめましてmentalquestの渡辺です。
リコさんの質問文から感じた事を凝縮させていただきますと
看護学校に入学したのは不本意な結果で
本当は他にやりたいことがあったのに
親が将来の為だからとか言うから仕方なく決めた
しかも学費は親に負担してもらってるから逆らえない
でも、やっぱり嫌なものは嫌だ
おかげで成績不振だし、怒られるし
何で私だけこんな目に合わなければならないの
できることなら、親にも知られずに学校をやめて
好きな事や好きな仕事ができたらいいのに。
と、そんなことを思っているのかな。
私も病棟のナースステーションが仕事場なので
毎日、看護師さん達を見てます。
命に直結する仕事には間違いないですが
病院だけにとらわれる仕事ではないし、
耳鼻科や眼科外来では排泄物にはあまり縁はないです。
看護師の資格は取得し後は好きな仕事をするとか
ものは考えようで、親が学費を負担してくれるうちに
資格とっておいてもよいのでは
人生何が起こるかわからないし、好きな仕事ができたとしても
結婚・出産・育休後、職場復帰が困難な事態発生の時も
看護師の資格をいかして仕事を見つけることができる。
親の言う将来ってそういう事だと思う。
夢をあきらめろってことではないんじゃないかな。
一度、深呼吸をして空でも見上げながら
考えてみて。道はひとつじゃない。

違反報告

2016年11月8日 17時49分


池袋カウンセリングルームフェリシテ

池袋カウンセリングルームフェリシテです。
タイトルが「人生につかれました」との記載ですが、大丈夫、あなたが疲れて、もうおさらばしたいのは、「両親に逆らえないあなた自身」。
それに気づいたら、今度は、自分自身で、自分の人生を決めていきましょう。
とにかく、弟さんの話で経済的に親に頼れないのは事実。
大人であれば、それは受け入れましょう。
そうすれば、条件は「自分で自活すること」「自分の選択に納得すること」この2つのみです。
自分の人生に納得する、いかがですか?
あなたは、もともと嫌だという人生を、わかっていて受け入れてしまい現状に至っています。
一方、親に逆らうことはいろんな責任を自分でかぶらないといけないというのは、わかっていますね?
ほかの同級生は、もう自活しています。そんなに嫌なら、週末など時間をなんとか見つけて、とにかく就職試験をうけてはいかがでしょうか?
自分がどのような市場価値があるか、きちんとわかるでしょう。受け入れてくれるところがあるかも、ないかも、それはわかりません。
でも、あなたにいま足りないのは、いまが嫌なら、トライして、自分を試す勇気です。それが振り絞れないから、自分を嫌いになるのです。
残りの人生自分のことを嫌いでいることは不可能です。自分はだれより、大切な存在ですから。もう一度、自分がどうしたいか、しっかりかんがえてみて、責任をとってみてくださいね。あなたなら、できると思いますよ。がんばってください。

違反報告

2016年11月5日 21時41分


NPO法人リアルトレジャー

ご質問を拝見して、ご両親の勧めで進んだ看護学校に閉じ込められてしまったカゴの鳥ようなリコさんが、自由に大空を飛ぶ弟さんを眺めているようなイメージが湧いてきました。
学校生活に行き場をなくし、もう死んでしまいたいと思うほど失望されてしまったのですね。もしも高校時代からそんな失望とともにリコさんがいたのだとしたら、生きる意味を見失ってしまうのもしかたありません。
そんななかでよく我慢して、辞めずに勉強を続けてきましたね。これからは、その我慢を希望につなげていきましょう。

え、そんなことできるの?と思うかもしれません。けれど、今、リコさんはかつてめざした学校や仕事を以前よりももっと明確に意識できるのではありませんか?
今、失望という闇の中にいるからこそ、希望という光は明るく輝いているはずです。

今の監獄のような生活はいずれ終わり、解放される時が来ます。その時を知らずして死んでしまうのはとてももったいない気がします。そして、そのとき、今までの経験、看護師という国家資格はリコさんが生きるうえでも、希望する進路をめざすうえでも欠かせない大きなリソース(役立つ要素)になるはずです。

これまで何年も失望の中で耐え忍んできたリコさんだからこそ、希望を叶えられるはずです。今は、ご自分のどこにそんな力があるか、信じられないかもしれませんが、この数年間を思い出してください。どんなにつらい思いをしても、なんとか乗り切ってきました。ほかの人なら逃げ出していたでしょう。人生に疲れるのも当然です。逆にいえば「人生に疲れるほど」の重荷をリコさんはこの数年背負ってきたのです。そんなバイタリティーのある人はなかなかいません。

少し遠回りになりましたが、リコさんがほんとうのご自分の希望を叶えるのはこれからです。スタートに遅すぎることはありません。どうぞ大手をふって望む道を生きていってください。

リコさんが今の呪縛から解放されて、望む進路へスムーズに舵を切って歩みはじめる日が一日も早く訪れますこと、心より祈っております。

違反報告

2016年11月5日 11時16分


新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして 
ファミリーカウンセリング米田です。
勇気を出して、話していただけて良かったと思います。
おなた様もご心配されているように、今のままでは心配な状態です。
幼い頃からのご家庭の事情が原因でしょう。
改善のためには、カウンセリングを受けられることをお勧めいたします。
まずは、費用や労力のご負担が少ないメールやLINEによる相談から始められることをお勧めいたします。

違反報告

2016年11月4日 20時27分


カウンセリングルーム・エンパシー

今の辛い状況から抜け出せたとしたら、あなたはそれでもまだ「辞めたい」「消えたいと「死にたい」思うでしょうか?
あなたは楽になりたいだけなのです。誰だって、同じ状態に陥ったら当たり前の感情です。
何とか乗り切ることができたら、この感情は消えます。

現状から脱却するには、気持ちを入れかえて行動するしかありません。
何もしたくないという状態でも、とにかく取り組むのです。
弱気な思考を変えるには、努力して成功体験を得るしかありません。

ネガティブな感情の時こそ、集中して避けたいものに取り組んでみてください。
もし、サポ-トが必要であればご連絡ください。
今のあなたの心の状態に、カウンセリングは効果があると思います。

違反報告

2016年11月4日 17時03分


本日晴天なり。 はじめてのカウンセリング

リコさん
初めまして水越です。

ひとりで悩んで悩んで、考えつくしてもどうすれば良いか答えがでない。。。
疲れちゃったんですね。
でもね、今日こうやってこの場で誰かに相談できたことは、
一つ前進できたんじゃないですか?
リコさんをサポートしてくださる方は、たくさんいます。
諦めないでください。

最後の文章を読んで少し安心しました。
学校以外なら楽しみはたくさんあるんですね。
「たくさんある」っていえる人生だもん、捨てたらダメですよ。
つらい時こそ楽しいことに目を向けてみたらどうですか?

先生に怒られる。
親に怒られる。
みんなの期待に応えないといけない。
だから、頑張ってみる。それだけでは、疲れちゃうかもね。。

たまには、自分が楽しめることをやってみてはどうでしょうか?
つらいと思うことだけでなく、
自分自身に楽しい時間を与えてあげてください。
(頑張っている自分にご褒美です。)

もしかしたら、
最近はこの悩み事のことばかり考えていませんか?
日々過ごしていると
楽しいことばかりでなく、つらいこと、つまらないことたくさんありますよね。

リコさんのように、周りのことを考えられるひとは
自分の足りないことのために、周りに迷惑をかけたくない。
そんな気持ちが強く、辛いことへ(自分ができてないと思っていること)目がむいちゃっていませんか?
だめだなぁって思う部分には気持ちが引っ張られてしまいます。

たまには、一歩ひいて
今ある楽しいことにも目を向けてみてはどうでしょうか。

違反報告

2016年11月4日 15時39分


初めまして。
看護の仕事って大変ですね。人の命を預かるのは荷が重いと感じるのは自然なことだと思います。
本当は目指していた進路を、親に反対されて仕方なく看護の学校に決めさせられたら、やる気なんか出てこないですよね。

ある程度、自分が興味を持つことができ、適性のある職業を選び、その仕事をしていくことは人生という長い時間の中で、とても意味のあることです。そして、人生の時間を巻き戻すことはできませんが、気づいた時点で旅路を変更することはできます。今までの旅路を変えて新たな旅路を行くのは不安ですし、勇気もいります。ですが、ご自身が納得のできる目的地までの旅路を歩むことは、人生という旅を有意義にしてくれます。

まぁ、旅でよくあるハプニングも終わってしまえば、良い思い出になったりしますね。
応援しています。

違反報告

2016年11月4日 14時07分


澤田和彦カウンセリングルーム 丸和サワダ株式会社

初めまして、心理支援士 心理カウンセラーの澤田と申します。
リコさん、お悩みの内容を拝見させて頂きました。
宜しくお願い致します。

リコさんに取りまして、今回抱えておられる看護学校の件だけではなく
根本的な背景と致しまして
「親の敷かれたレール」を歩んでおられる事に、とても当て嵌まるの
ではないかと感じておりますがいかがでしょうか?

ご自身の意思とは相反して、親の勧める看護学校に進まれ看護師を
目指すといった経緯を配慮しますと
子供時代や今までにも、親からの言い付けは絶対的なものと
受け取られ…親の敷かれたレールを歩む という背景を察しております。

進学や就職に付きましては、リコさんも感じておられます様に
ご自身の意思に反しますものには納得する事は不可能ですし
自発性を生む事も必然的にとても困難でございます。

リコさんご自身の意思でない事を親に伝えたいお考えも
無意識の中で親の顔色を窺う様なお気持ちが、お強いとも感じます。
現実的な問題を考えますと、現在の多大なストレスで看護学校に
看護師の道をお進みになります事は不可能だと考える事が自然だと
判断しております。

看護学校の件と併せまして、親の敷いたレールを歩むのではなく
リコさんご自身が ご自身の為の人生を歩んで行かれます事が
キーワードになって来る事をお薦めさせて頂きます。

親御さんにどの様に伝えていくのか?と多大なストレスから
逃れられない状況かも知れませんが、これを好機とお考え頂けますと
今後は今も含めて、親の敷いたレールを歩む事はせず 自分自身を
大切にして行かれます事だけをお考え頂きたい所存でございます。

どうか、リコさんがリコさんらしい生き方に辿り着いて頂きます事を
心から願っております。宜しくお願い致します。

もしもご不明な点がございましたら、ご遠慮なくご質問下さい。

心理支援士(有資格者) 心理カウンセラー
取締役 澤田和彦のカウンセリングルーム
丸和サワダ 株式会社

違反報告

2016年11月4日 14時04分


カウンセリングスペース Healing Forest

はじめまして、リコさん。
書き込まれたお悩み、拝見しました。
やりたくない事をしなければならないまま、毎日を送らなければならないのは、つらいですね。

過去のことを嘆いても、仕方ありません。
大切なのは過去の失敗を繰り返さず、「これからどうするか」「どうしたいか」をはっきりさせる事です。

年齢的にもまだまだ若く、自分がやりたい仕事を始める、そのための勉強を始めるのも
十分に間に合うでしょう。

これまでご両親が出してくれた学費等は、これから返していけば良い、自分はやりたい事をやりたい、
というはっきりとした覚悟のようなものを、リコさんがご家族に対して見せられるかどうか、です。
それ以前に、リコさんがそういう覚悟とか目標を持てるか、という事でもありますね。

やりたくない事に対しては頑張れませんけど、やりたい事、自分がしたい事をするための努力は出来るはずです。

違反報告

2016年11月4日 13時13分