無料カウンセリング掲示板の質問

「主人との日常」に関する質問

  • 受付終了

kuppiさん

当方33歳、主人40歳、出会って1年後に入籍しました。結婚1年目で現在臨月の妊婦です。
結婚当初からいろいろと辛い思いをしていましたが、今回切迫早産で入院していた時の主人の対応が辛すぎて精神的に心の底から参ってしまいました。
ただ、妊娠中は誰しもが不安定になるとの事なので、一般的にみれば大したことがない内容なのか、もしくは客観的にみても酷いものなのか、今の私は心が麻痺してしまっていて分別がつかなくなっているため、客観的なご意見、ご感想をお願いします。

切迫入院3カ月
◯点滴が得意ではない看護師さんにより、酷く大きなアザが腕にでき、両手が痛くでごはんも食べられなくなった時があった。高橋さんはその場にいて状況をみていたのに、昼だからと自分の食欲を満たすために医師や看護師さんたちが立ち去った後すぐに部屋を出て行き、さっさと自分だけごはんを食べに病室から出ていった。取り残された私はただ辛くて絶対安静で動けないベッドに横たわりながら泣いていた。

◯プレぱぱセミナーに行く約束をしていても3回ドタキャンされた。一回は入院中だったけど、行けたら行くからキャンセルしないでと言ったのに、セミナーが終わった数日後に別件で主催者に電話をしたら、参加もしていないし、キャンセルもしていないと言われ謝罪した。仕事でやすめないのは仕方がないが、セミナーの事自体を記憶から忘れていてキャンセルすらしないのは父親としての自覚がなさすぎる。
それを伝えると終わった事をつべこべ言うなと逆ギレされた

◯私の部屋は分娩室の向かいで毎日お産中の方の声が聞こえてくる
その声を聞いた時、「AVの喘ぎ声みたい」とニタニタしている。死にものぐるみでお産に挑んでいるのに、非常識すぎる

◯入院期間が梅雨で、生乾きの洗濯物の匂いが毎回するので私が買った洗濯機に付いている乾燥機をつかって欲しいと何度もお願いしても使ってくれずいつも洗濯物が生乾きの臭いで臭い。柔軟材を入れて欲しいと言っても入れてくれない。
毎日シャワーをあびられるわけではなく、週3回しか身体を綺麗にできないからせめて柔軟材の匂いに癒されたいと伝えたら「これでも頑張ってやってるんだ!」と、キレて罵倒して病室から出て行った。

◯入院して2日目、とある理不尽な助産師により、シャワー中に他の患者さんがシャワー室の扉をバッとあけ、あやうく全裸の私を見られそうになったことがあった。
しかも、その扉を開けると誰でも通れる廊下なので下手したらお見舞いや付き添いに来ている男性に全裸を見られたかもしれない状況だった。
その話をしたら、高橋さんに助産師のことを「そんな風に悪くいうな」と言われ理解してもらえないどころか、なぜか私を攻められた事がショックだった。
ただ話を聞いてもらえることで救われるのに唯一ストレスを吐き出せる高橋さん入院2日目にそう言われ、これからの長期に渡る入院生活のストレスを吐き出す場所を完全に閉ざされた。

◯ある時、高橋さんの会社の人の事をデブな人と表現したら、ものすごい剣幕で「そんな言い方するな!」と言われた。翌日私が一番お世話になっている看護師の話をしたら、「あーあのデブな人だよね?」と普通に言ってのけた。
他人の発言にはいちいちケチを付けるのに、自分がいうのは問題ないんだと思った。
私の表現方法が適切ではなかったのはわかる。
でも、入院生活でのイライラ、ストレスが溜まりついそう言ってしまったのに、高橋さんの前では一語一句にまで気を遣いながら話さないといけないのか、それならいっそ話すことをやめた方が気が楽だと思った。


◯24週で入院して点滴の副作用で、連日38度の高熱、動悸、息切れ、震え、点滴漏れで両手の炎症、浮腫み、、、絶対安静のため、ベッドに横たわり天井をみて過ごす日々。
血管がもろくなる作用があるため、点滴漏れが激しく、1日しかもたなくなり、両腕が液漏れで赤みで痛く腫れてパンパン。両腕の痛みで本を読むことすら出来なくなっていた。それでも高橋さんを父親にしてあげたい思いで必死に闘ってきた。
入院して最初の1ヶ月、高橋さんは7時前には仕事が終わり、家の近くのジムのお風呂に入り、9時ちかくに病室にきていた。お風呂に入ってから来るため、湯冷めして風邪をこじらせ、イライラしており、ある日「俺は仕事で疲れてるんだ!寝る時間が削られる!」とキレて病室を出て行く。
イレギュラーな環境でのストレスはお互い様だし、そんなことを言い出したらキリがないので、私は点滴の痛み、初めての入院生活、赤ちゃんがどうなってしまうのか不安で連日2.3時間しか寝ていなかったが、眠れていない事を高橋さんに伝えるつもりもなかった。
入院しているのは私と赤ちゃんだけど、家族3人で辛い事や苦しい事を乗り越え、赤ちゃんの成長を喜び合いたいとの思いから、日々の経過を伝えてきたが、よくそんなに自分勝手でいられるなと。それから、高橋さんに対して不信感が増し信頼ができなくなっていった。

◯赤ちゃんグッズを自分から何一つ調べないし、揃えてくれない。仕事が忙しいから仕方がないと思い、高橋さんの負担を少しでも軽減しようと、病室からネットで調べて全部そろえた。お金の支払いも私のカードで全部済ませてあとは受け取るだけの状態にしているのに、その時間に家にいないといけないのがいやだ、保管場所に取りに行くのが面倒くさいといい、受け取る事すら面倒くさがり、会社の住所に送って欲しいと言われた。
自営業ならまだしも、どこに我が子の赤ちゃんグッズを取りに行くことを面倒くさがり会社に送らせる人間がいるのかと悲しくなった。

◯切迫入院なので、いつ産まれてもおかしくないからと言われていて、34週までには一般的にもチャイルドシートの装着を必ずしてと産院から散々言われていた。チャイルドシートは車種によって、装着出来るものが異なるので、購入をお願いしていた。
34週を過ぎても一向に見に行ってくれなかった。自由な時間はあるのになぜ早く行ってくれないのか聞いても「俺は仕事で忙しいんだからそれをわかってよ!」という。
仕事の疲れを取りたいだろうからと休日も病室には1時間程で引き上げてもらうようにしているから、時間はあるだろうに、我が子のことなのに、赤ちゃんの優先順位の低さをあらためて感じた。

◯夏の暑い日に産まれる子なのに、自宅にエアコンの設置も提案しないとつけてくれない。それでも、いつか提案してくれるだろうとギリギリまで待っていたが、何も言ってくれないのでどうするか聞くと、「付けるべきだね」と言う。じゃあ何故動いてくれないの?その少し前に家電量販店でビデオカメラやトイレのウォッシュレット等の購入をお願いしていたので、その時にいつもお世話になっている量販店の担当の方に聞いてくれることを僅かながら期待していた。全てにおいて自分から考え動こうとせず、言われた事しかやらないし、それも全部しぶしぶ。

◯正産期に近づいても、赤ちゃんを迎える部屋の準備をしてくれないので、3カ月寝たきりの身体にムチを打って、部屋を整えるため病院に半日の外出願いをお願いした。
その日にちは主治医の先生が私の頚管長、赤ちゃんの下がり具合、私の体調で決めると伝えているのに、「俺は仕事があるから私の都合には合わせられるからない」と言われ、万が一にそなえて陣痛タクシーの登録をした。
いつ産まれてもおかしくない状態で3カ月寝たきりでの外出に体力面にも不安があった。仕事の調整がつかないのは仕方がない事。でも、調整する努力もせず、号泣している私にすぐさま「なんとかなるわ」と言う。
無理して動くのは全部私と赤ちゃんなのに。
愛のある発言だとは到底思えない。
今までの対応に心底信頼出来なくなって、お産中も結局ドタキャンされるんじゃないかと思えてきて、それなら初めから高橋さんはいないと心積もりをした方が気が楽だと結論に至った。
立会い出産をやめて1人で頑張るからと高橋さんに伝えたら「ショックだ」「どうしてそんな事言うんだ!」と責められた。
そこまで思いつめさせたことを謝るどころかまた私を責めた。

◯性別がわかっても伝える気持ちになれなかった。それは伝えたところで、何かこの子のために買ってくれたり、してくれるとは思えなかったから。
案の定、性別を伝えても何も変わらず、自らこの子のために買ってくれたり、してくれた事は一つもない。
早産から抜け出した今も名前についても何も言ってくれない。

◯3カ月の入院で病院から車で10分足らずのところに住んでいる実母の見舞いが2.3回だけで本当に辛い思いをしていたし、病院の関係者の方々にも、これほど長期間切迫入院の人もいないけど、身内の見舞いがこれだけ来ないのも珍しいと言われた。
だからこそ高橋さんには一家の大黒柱として心の支えになって欲しかったが、全く逆で苦痛にどんどんなっていったので、会話をするよりも話さない事で自分と赤ちゃんの精神的な安定をはからざる負えなくなった。

◯まだ入院する直前、実家での絶対安静で数日過ごしていたが、入院する日が間もないことを悟り、高橋さんと母と実家で晩御飯を食べていた時に、「私はこれから赤ちゃんが産まれるまでの間保育器となってこの子を守るからね」と決意をして言ったら、高橋さんに「保育器?久美ちゃんが保育器に入った方が良いんじゃない?」と小馬鹿に笑いながら言われ悲しくて泣いていたら、母には「何泣いてんの?」と言われた。

◯いろいろな事があったけど、それでも退院する直前まで高橋さんと協力しながら赤ちゃんを育てていきたいと思っていた。
でも、高橋さんの父性が育つ前に私が倒れるかノイローゼになってしまう、もうすでにノイローゼになっているかもしれない。
このまま退院後や産後に高橋さんのいるアパートにいけば、大変な時期を共有するどころか、私1人で全てを背負うことになる、赤ちゃんにとって良い環境とは思えない。そう思い実家に帰る決意をした。
ただでさえ、辛く苦しい入院生活な上に、妊娠により母との関係が悲しいものになったため、高橋さんには精神的、肉体的にサポートをして欲しかった。それどころか二重にも三重にもストレスが増えてしまい精神的に極限まで追い詰められてしまった。

仕事があり忙しいのは何処の家庭も同じ。
今の時代、普通は家庭と仕事の両立をし、妻からの信頼も得ている。
私のまわりの友達のご主人の話を聞くと、どんなに重要な仕事があったり、海外出張やプレゼンターになっていようとも妊娠や出産はそう何度もあるものではないからと旦那さんが駆けつけ、全員立会い出産をしているし、出産により家族の絆を深めている。
高橋さんは仕事を理由に私や赤ちゃんの事を労ったり顧みてくれなかった。
そんなに仕事を優先するなら、何故私との結婚や妊娠を望んだのか。

高橋さんはいつも私に対して「俺に思いやりを持って接しろ」というけど、思いやりはお互いに持ち合うもの。


日常
○パンくずこぼす、食べ方が汚い
○箸の持ち方がおかしい
園児用の矯正箸をプレゼントして最初こそ使っていたみたいだが、結婚後また元通り
○パスタを食べる時、フォークとスプーンを使えない→すする
◯食べ方が三角食べではなく一品ずつ食べる
マナーを伝えるも変わらず食べたいものから一気食べ
○座り方がだらしない 椅子に浅く座るので姿勢がとても悪い
○地下鉄でも足をくんで座る⇨乗車している方の迷惑だと伝えるとムスッとする
○茶碗をシンクを洗うスポンジで洗う
→汚いと伝えるとだったら自分で洗え
○長年一人暮らしをしてきているのに全くご飯作れない→休日にラーメンを作ると言ったのでお願いしたら、不燃ゴミの仕分けをした汚い手でそのまま私の乾麺をもち鍋へ ⇨食材を触るならまず手を洗って!と言うとだったら自分で作れ
○カッターを着ている時に、青色のペンを持ったまま手を振りかざしてるので、カッターにペンのインクがいっぱいついて着られなくなるものが何着も増えていった
→母に何度も漂白してもらうも綺麗にならずペンを持ちながら振りかざすのをやめて欲しいと伝えるとうるさい!
○鼻毛がいつも出てるので鼻毛カッターを購入するも常に鼻毛が出ている
身だしなみだからと鼻毛カッターをプレゼントするも相変わらずいつも鼻毛が出ている
○お風呂の浴槽を洗わずお湯はりをするため、髪の毛やホコリやゴミが浮かんでいておけでそれらをすくってから入る
お湯はりは嬉しいが、やるなら掃除してからにして欲しい。妊娠でお腹が大きくなってからも浴槽を洗ってお腹がはって辛かった
○賃貸なのに、家具をひきずるため、フローリングの傷がひどい
○濡れたタオルをそのままカゴに入れるため、カビ、悪臭
○レストランの膝に置く洗って繰り返し使う布ナプキンで鼻をかむ
○別の日はレストランの紙ナプキンで鼻をかみ、食べ終わった味噌汁の食器の中に鼻をかんだティッシュをつっこむ
○外食の際、食べ終わった箸を無造作に汚くおく→作ってくれた方への敬意をこめて、箸入れの袋に箸を戻したら、俺のにまで触るな!と怒られる
○キッチンのシンクで新居に越した頃ほこりのたまった扇風機を洗う→食器洗うスポンジと食器洗剤を使用
○洗濯ネットに沢山詰め込むときちんと洗えないので、小分けにしてネットに入れているのに、私の洗濯物のなかに沢山自分の洗いものを詰め込んでくる。
何度注意しても直らないので、部屋に自分の洗濯物は保管して、洗う直前に洗濯機に持っていくようにしている
○ジムに行った後、汗だくで帰ってきてもシャワーを浴びない
○ベランダに置いてある私のサンダルを毎回自分のサンダルで踏みつけるので、靴の裏の跡がすごくつく⇨言っても直らない
◯湯船の中でオナラをするので高橋さんが入ったあとの湯船には入れない


マイホーム
◯結婚前に良いと見つけてきた家が高架線のすぐ近くで騒音が激しい、一階は駐車場だけ、24坪極小、駅から遠い、リビング小さく、動線も最悪
母に相談し、それではあまりにも私が可哀想だから土地代を浮かして、上物を私の好きに出来るようにと、実家の前の土地を提供してくれると提案してくれた
何社も見積りをもらっていたが、高橋さんの主張がどんどん強くなり、折り合いが付かず、なかなか業者が決まらなくて結局白紙に戻った
しまいにはアパート暮らしで会社の近くがいいと言われた
結婚前は妻の実家に近い方がうまくいくと周りもいっているから私の実家近くに住むのは賛成だと言っていたのに。

新居
◯新婚当初、別々に暮らしていて、職場でもどうして結婚したのに別々に暮らしているのかとみんなから聞かれ、不信に思われていた。
私も新婚はこの瞬間しかないんだから一緒に住む事を提案するも新居が立ってから住むと結婚前に話していたと言われ、拒否される。
新居が揉めて全く先がみえない状況で、結婚前とは日々変化しているから臨機応変に対応してよと3度泣きながら訴えるが話が通じない。
結局、結婚式場でお世話になった課長さんが高橋さんを説得してくださって、URの賃貸を紹介してくださったことでアパート暮らしが決まった。


ハネムーン
○カメラをそれぞれ持ってきたらバッテリー足りるだろうからお互いに持って来ようねと話していたのに、結局充電が出来ておらず、写真なんていらないと開きなおる→空港でカメラを買いに私が走るはめに⇨現地では写真撮って撮ってと言う

○腕時計を持ってきてないうえに、変圧器もなく携帯の充電すらできない→毎日私の変圧器を借りようとする
ツアーで旅行に行っているのに、私がいたから良いものの時間がわからなければ集合場所時間等、どうするつもりだったのか

○言語は全て私まかせで通訳がわりに使う。レストランの場所をきくことすらできず、「私を頼ってばかりいないで少しくらいは自分で話す努力をしてよ」と言うと「話せないんだからしょうがないじゃん!」と逆ギレ
私は海外が好きなので、結婚前に海外旅行について話していた際、自分は英語が話せると言うので、「じゃあフランス語圏は私が担当、英語圏は高橋さん担当していろいろ旅行に行こうね」と話していたが大ボラ吹き

○ヒゲのそりのこしがひどく剃刀負けで口の周りが血まみれ→いつもそうなるというので、電気シェーバーを何故使わない?持ってこない?40歳の男性が髭剃り負けで口周りが血だらけで恥ずかしくないのか
帰国後電池で動くシェーバーをプレゼントするも埃をかぶって置きっぱなし

○炎天下のリゾートだというのに、日焼け止めを持ってきておらず「貸すよ」と伝えても、日焼けしたいからと頑として聞き入れず、ものの数時間で初日に火傷のように全身日焼けする
毎日皮むけが酷く、全身にクリームを濡らされる

○ホテルの部屋に掃除の方が入るから荷物を片付けるよう伝えるも何もせず、ちらかったまま何処かへ行く。
高橋さんのスーツケースの荷物詰めまでさせられる

○忘れ物が多すぎて、私にあれ貸してこれ貸してと散々言ってくる。いちいちスーツケースを開けて貸すのは私なのに、感謝や謝罪どころかそんなの持ってる人が貸せば良いんだ!と開き直る。

今まで国内外いろいろな場所にいろいろな人と旅行に行ったが、これほど楽しくなかった旅行はないし、これから先ここまで一緒に旅行に行きたくないと思った人はいない。


保険
◯保険も会社の保険にすら入っておらず、家族が出来るわけだから保険の手続きを結婚前にして欲しいと採算言っていたのに、結局やらず。結婚後、ようやく重い腰を上げて、新婚の貴重な時間を費やして、毎週休みのたびに8回ほど2人で保険の窓口に通ってようやく完了。


イビキ
◯結婚当初から私たち夫婦は寝室が別。
それは、高橋さんのイビキがものすごく激しくて私が不眠症になったから。
新婚だし、夫婦同室で眠りたかったので、イビキの治療をして欲しいと散々頼んだけど、聞く耳をもたず。
仕方なく私が寝室を出て、リビング隣の和室に布団を敷いて寝る生活が始まった。
折角、嫁入り道具として私が高級ベッド一式シングルとセミダブルを購入して、二つのベッドをくっつけて寝室を作ったのに。
高橋さんは1人でそこで寝ていた。
それから、半年足らずで赤ちゃんが産まれることになり、協力しながら子育てをしないといけないからイビキの治療をして欲しいと再度言っても相変わらずしてくれず、困り果てて、父に事情を話し父から言ってもらう。
「はいはい」とその場では神妙な面持ちで聞いていたけど、一向に行く気配はない。
それから数日経って高橋さんは風邪をひく。
風邪の病院には会社を途中で抜けてでも行き、会社終わりに病院に立ち寄り、何度も通っていた。
結局、風邪は自分の体調に直結して辛いものだから、すぐに行動に起こすけれど、イビキは自分に何の害もないから行動に起こさない。


イベント事
◯高橋さんの誕生日やクリスマスに私はフェリージの財布、ペンケース、キーケース3点、オロビアンコの鞄、ポールスミスのコート、バーバリーのシャツとパンツ、ベルトなど高橋さんが少しでも見栄えがよくなり、喜んでもらえるようにと専業主婦になってからも貯金をはたいて高級なプレゼントを購入してきた。
プラスして、イベントの時は高級なレストランの予約もして食事をしていた。
私の誕生日やクリスマスはほぼハンドクリームだけ。プレゼントと言えば、毎回ハンドクリームばかり。
きわめつけは、自分は散々もらっておきながら、私には「プレゼントは値段じゃない」と言う。
悪阻真っ只中に誕生日を迎えた私にまたもや三千円のハンドクリームのセット。
毎日吐いてようやく悪阻を乗り越え、実母に実家から追い出されながら耐え抜いたので、「プレゼントを今回はきちんと買って欲しいな」と伝えたら何度も渋々な顔をしてケイトスペードの鞄を購入してくれた。
それを機に、私はもう高橋さんにプレゼント選びを一生懸命して、高級なものを買う事をやめようと思った。
喜んでもらえるのが嬉しかったけど、そういうのはお互いが想い合うものだから。
高橋さんは身なりに気を使わない人だから、良い物を身につける事でそれに相応しい人になって欲しかった。
人は第一印象で決まるから、きちんとした身なりの人とジャージ姿の人だと、同一人物でもやはり相手は対応が違ってくる。品を身につけてほしい、周りの対応の変化に気がついてほしいと思った。
でも、そんな思いも一方通行で、私ばかりが虚しい思いをする。
その分のお金や想いをこれからは産まれてくる赤ちゃんに使おうと思う。
結婚してまだ一年くらい。
書いてみるといろんな物をプレゼントしてたと思う。


◯結婚してすぐにあった高橋さんの人間ドックの結果が、BMIの数値が高く、メタボからくる要精密検査になっていた。今までは外食ばかりで食べる時間も遅く、偏食続きだったようなので、健康で長生きしてもらいたいとの思いから、1週間の献立を野菜たっぷり、肉や魚を交互になるようなバランスの良いメニューを考えて、おかずを沢山用意し、毎日どれだけ忙しくても疲れていても手作りの食事の準備をしていた。
高橋さんと1週間分の買出しでスーパーへ行くと、会計後にいくら使ったか聞かれたり、レシートを見せるように言われて、週に7.8千円を目安に購入しているのに「高い」と言われる。一緒に買い物を楽しみたかったが、食材の金額のことにまで口出しされるのが辛くて、スーパーに行ったら別行動にしてもらうようにお願いした。

違反報告

2016年8月7日 10時16分

無料カウンセリング掲示板の回答

はじめましてmentalquestの渡辺です。
kuppiさん沢山書いてくれて、本当大変でした。
妊娠中しかも臨月と言う事で今の事、これからの事で
不安がいっぱい押し寄せている状況だと思います。
書いてくれた「御主人の日常」、こういう男性、多いよね。
という感想ですが、出産した後は親御さんのもとで
これからの事を考えたほうが良いのではないでしょうか。
出産後は赤ちゃんのこと一色になります。
しかし、お母さんのこころと体も大事です。
今は可能な限り、自身と赤ちゃんの事優先に過ごしてください。
そしてまた書きたくなったら、思いを沢山書いてください。

違反報告

2016年8月10日 18時10分


あおぞら


「皆様の悩み苦しみの完全解決を常に目指し
多くの成果をあげさせていただいています」

初めましてカウンセリング&人生相談 「あおぞら」

院長 松下愛ノ助と申します。

 本当に辛いですね。
 
貴方様の悩みの改善、解決を図るためのアドバイスをさせていただく為に
 貴方のメッセージの大切な箇所を書き出してみますのでご確認ください。

1,当方33歳、主人40歳、出会って1年後に入籍しました。結婚1年目で現在臨月の妊婦です。
結婚当初からいろいろと辛い思いをしていましたが、今回切迫早産で入院していた時の主人の対応が辛すぎて精神的に心の底から参ってしまいました。

2、仕事があり忙しいのは何処の家庭も同じ。
今の時代、普通は家庭と仕事の両立をし、妻からの信頼も得ている。
私のまわりの友達のご主人の話を聞くと、どんなに重要な仕事があったり、海外出張やプレゼンターになっていようとも妊娠や出産はそう何度もあるものではないからと旦那さんが駆けつけ、全員立会い出産をしているし、出産により家族の絆を深めている。
高橋さんは仕事を理由に私や赤ちゃんの事を労ったり顧みてくれなかった。
そんなに仕事を優先するなら、何故私との結婚や妊娠を望んだのか。

私共の相談ルームでは今回の貴方様と同じようなお悩みの解決は
「心からの手紙&自己気質、性格改善」方式でほとんどの皆さんのお悩みが解決しています。

ご夫婦間の問題を解決するには相手の事を責めないで、貴方様の真意を伝える
「心からの手紙&自己性格、気質改善」方式を活用し、ご主人の心を開いていくしかないのです。

人は自分の性格や言動など改善するように他者から提言された場合、「尊敬も敬愛もしていない相手」からの提言は99%受け入れません。変わろうとしません。

ではどうしたら相手の人は「自分の問題のある性格や言動を良い方向に変えてくれる」のでしょうか?

方法は一つです。 「相手に尊敬され敬愛される自分になる決心をしたうえ又はなる努力と並行しながら」
提言するしかないのです。

しかし相手に提言する場合は相手を非難、中傷してはいけません。
何故かと言うと「心からの手紙によって」問題点を相手の方、自ら気付き自分から改善したいという意欲を持ってもらうためです。

相手の方が自ら「性格や気質・言動を変えたい、改善したい」という意欲の源は
貴方様からの「心からの手紙での感動」と「貴方様ご自身がご自分の性格や気質などの問題点の改善に取り組んでいる姿勢」に感動され心が動かされるのです。

私どもの相談ルームではこの「心からの手紙&自己性格・気質改善方式」でこれまで、のべ数千人の
方々の《性格・気質=言動の改善>に成功し「恋人同士の方やご夫婦の皆さんの復縁・再縁」に成功してきましたてきました。

貴方様にとっては理不尽な面がおありになるかもしれませんが、「心からの手紙&自己性格、気質改善方式」は、ご主人が貴方の気持ちを理解し、進んで良い関係を再構築したくなるものでなければ旨くいかないと思います。

私どもの相談ルームではご夫婦・交際中の男女方の問題はほとんどこの方法で良い方向で解決できています。

方法としては、まず貴方様とカウンセラーが直接面談又は電話にてのご夫婦の関係の現状やご主人の事についての詳細を確認したうえで

貴方様が望まれ、ご主人にも受け入れていただけるような、最も良いと思われる「心からの手紙」を作成する為のカウンセリングを行います。


そのカウンセリングの結果出来上がった「心からの手紙」をご主人様に直接、手渡し読んでいただきましたら間違いなくこれまでのご主人の貴方様への態度が変わります。

皆様、この変化に驚かれます。

そして貴方様が書いておられるように、ご主人へのこれまでの行き過ぎた言動がどこから来ているのか、貴方様の性格、気質、価値観、トラウマなどの診断をさせていただき、原因を明確にします。

そしてご希望であれば今回ご主人が貴方様への言動を起こしている原因の一つとなった思われる貴方様の性格や気質の改善もさせていただきます。

以上の方法でご主人の態度が変わると同時にこれまでの事を奥様に詫びられたり、話し合いに応じられることも珍しくありません。

何故この方法が良いかと申しますと
いくら夫婦間といってもお互いが何に不満が有ったのか
現在、または過去の事に対する貴方のご主人に対する、本当のお気持ちのすべてを掴んでおられるわけではありません。

このやり方でこれまで「別居」又は「離婚調停」という所まで進んでおられたご夫婦をはじめ多くの皆さんの再縁、復縁など夫婦関係の修復に
成功いたしておリます。

最も大切な事はまず現在起きている問題について、考え方の違い、価値観の違いの原因を確実に掴むという事です。

原因をしっかりとらえて初めてその原因を排除したり改善、改革することで現在の問題点が解消され解決につながります。

悩みや苦しみを抱えて相談に来らた方々が「おかげさまで希望が湧いてきました!」
「夫との関係が以前よりずっと良い方向で変わっていく実感がつかめます!」と明るくなられたご様子のご連絡を多数いただいています。

ご夫婦間の良い関係の構築の為のハードルを越えるために是非、頑張って取り組んでください。

貴方様がこうして、カウンセリングを受けようと思われた事が,成功の第一歩だと思います。

産まれてくるお子さんの幸せの為にも是非この「心からの手紙&自己性格・気質改善方式」を利用してみてください。

お住まいが東京都に近ければ、当相談ルームにお越しいただいても結構ですし、または関西や九州や北海道など遠方の方は電話相談でも3者面談は可能です、

当相談ルームでは直接又は電話(スカイプ)にてカウンセリング、ご相談をお受けしますので、
お気軽にお問い合わせください。

私たち相談ルーム「あおぞら」のモットーです

1、ご相談案件について、きわめて具体的な改善、解決の道筋を明確にご提案し
  示すことが出来る創造力のある専門家です
2、人生上で調子か良かった時期も、どん底の時期も両方、実際体験してきた
  人生経験の豊富な専門家が揃っています
3、どんな困難な相談案件でも逃げない、必ず解決の糸口はあると信じ、前向きに
  考え、取り組む専門家です
4、相談者と共に良い結果が出る最後まで頑張る専門家です
5、「こうなりたい」「こう解決したい」と、ご相談者のご希望、ご期待を中心に添えて
解決案を探求、明示する、情熱的で冷静な専門家、そんな専門家に相談の依頼
  をしてください。

  必ず貴方様のご期待「円満に結婚生活を継続したい」
に必ずお答えできると信じます。

人生相談&心理カウンセラー
       「あおぞら」 松下愛ノ助
     お問い合わせ、ご予約電話 080-3397-2297
     ホームページ http://www.ai-aozora.com/


違反報告

2016年8月10日 10時46分


池袋カウンセリングルームフェリシテ

池袋カウンセリングルームフェリシテです。

上から下まで、全て拝読させていただきました。
ううん、正直これは重症ですね。
無論、出産前後は大変精神的にも肉体的にも母体は辛い状態が続きます。
まさに子供は母親の体力と時間を奪いながら成長しますから。

その時にここに記載の内容がすべて客観的にもその通りだとしたら、さて全体的によーく考えてみる必要があるかもしれません。

実家にお帰りになって、出産されるのですよね?
まずは、周囲のことは頭から必死に追い出して、目の前の一大イベントに集中してください。
そして、心身をおいといください。
すべてはそれからです。

実家にいる期間が長めになっても、いいのではないですか?
まずは、母子が安全に健やかに、生活できるようなサイクルに乗せることが肝要です。

よろしければ、今でも後でもご相談くださいね。

お待ちしております。

http://felicite-ccom

違反報告

2016年8月8日 23時22分


悩み相談室 ひだまりの会

こんにちは悩み相談室ひだまりの会です。

内容を拝見させて戴きました。
妊娠中は、色々と精神的に不安定です。
当、悩み相談室は、子育ての悩み相談でこのような悩みも
取り扱っております。また、妊娠中はお互いに心を合わさる
方法も教えております。正にこの内容からもいくつかの方法が
あります。
どうしたら、ご主人が・・・・・
どうしたら、この気持ちを分かってくれるの?

と言った内容を分かりやすく丁寧に教えております。
きっと良い方法は、ありますからね。

諦めないでくださいね。大丈夫だからね。
自身を追い詰めないで・・・あなたの心の思いを
当、悩み相談室にぶっけて下さいね。
きっと道は、開けますからね。

悩み相談室 ひだまりの会
http://hidamarino-kai.jimdo.com/

違反報告

2016年8月8日 17時03分


追加コメント

胎教と言う言葉についてお話ししますね。

お腹の中に居る子供にいい音楽を聴いてストレスの
ない生活を送る事が妊娠をしている方にもっともいい方法です。

妊娠している時はね・・お母さんのへその緒で繋がっております。
お母さんがねイライラしたらねみんな子供へ行ってしまいます。

ご主人と奥様の子供だからこそ夫婦仲良くお互いに気を使う事が
大事なんですよ。
ご主人は奥さんに気を使い、また奥さんはご主人に気を使う。
この事を夫婦が合わさるといいます。

将来のお子様の為にも・・・・

もっと詳しく知りたいのでしたらご相談お待ちしております。

2016年8月8日 18時22分