無料カウンセリング掲示板の質問

「甘えなのか病気なのか」に関する質問

  • 受付終了

あんなさん

自分の今の状態は甘えなのか何か病気なのかを知りたくて
質問を書いてみることにしました。
頑張って短くしたいですが長くなると思います。ごめんなさい。

私は今年 短大生になったばかりなのですが入学式以来1回も学校に行けなくなってしまいました。

元々人にからかわれたり笑われたりすることが多くて学校は嫌いでしたが小・中は
一緒に住んでるいとこたちが休まず通ってて自分だけサボるわけにはいかないと思い
毎日通ってました。友だちに不登校の子が多くてズルいなとずっと思っていました。
高校は3年生の頃が1番酷くて、友だちと喧嘩をしてよく男性の担任に相談にのってもらっていたからか
彼氏がいたのを隠してたのですが彼が色んな人に喋ってて広まったからなのか
あだ名がいきなり「性病」や名字がサナダなので「サナダムシ」「寄生虫」になってて泣きそうに
なったりもして休み休み母に怒られながら今年なんとか卒業しました。

進学も就職も嫌で、でも進路を決めないといけないので、古典の先生が
ここなら大人しい人たちばかりだから大丈夫と言ってくれたので今の短大に決めましたが
入学式の帰りに、あいつはいじめると楽しそうとかオタクがいてキモいとかあの女子がブスだった
とかいう会話をたくさん聞いて怖くなり、一度も行かなくなりました。
入学式も1人で行ってて帰り道はずっと寒くてお腹が痛かったです。

母は怒るとヤクザのような口調で怒鳴って足が出ます。
私が小さい頃は手が出てたのですが。その後は物にあたって口をきかなくなります。
私はそんな母の怒り方がすごく嫌いで怖いです。
他にもたくさん嫌いなところがありますが毎晩働いてお金を出してくれているので何だか複雑?です

よく他の人には鬱じゃないかと言われるのですが母や祖母には怠けだ甘えだと言われます。
もし病気だったとしてもどうしようもないので
今もこの質問は消したほうがいいんじゃないかとか考えちゃって何回か書き直してます

妄想癖も酷くて、誰か誘拐してくれないかなとか事故に遭わないかなとか楽しい学生生活など
中学生の頃にはもう現実には起こらないことをずっと妄想してました。
母にはお前が楽しい世界なんてどこにもないわと怒られました。その通りです。
妄想は今も治りません。この質問で何か変わるんじゃないかとか思ってしまいます。
このままでは何もできなくなる気がします。

結局、ものすごく長くなってしまいました
いろいろ考えてたくさん本当にたくさん消しましたがまだ長すぎです。ごめんなさい。
何もしたくないわけではないのですが何か人が信じられない?というか、
でも学校にはもう行きたくないです。






違反報告

2016年4月24日 22時18分

無料カウンセリング掲示板の回答

あんな 様

 ご相談ありがとうございます。

 「安心感」を得られるご家庭ではなかったようですね。

 怖いお母さんを怒らせないようにしていて、その態度行動が学校の同級生の目について、からかわれる原因になってしまったのでしょう。

 家にいても、学校にいても、安心できる場所がない。

 周りは常に自分を攻撃してくる人、又は攻撃してくるだろう人ばかりで近くにいたくない。

 いっそのこと別の世界に行きたい。そんな心境なのでしょうね。

 お母さんも、すごく頑張って働いていたようですね。心身ともに鞭打って。自分に厳しくしてしまう分、あんなさんにも厳しく当たって「怠け」とか「甘え」とかいってしまうのでしょう。

 でも、そこまで頑張った理由は「あんなさんを養うため」であるというのはわかってあげてくださいね。

 入学式はすごく緊張したのでしょうね。

 妄想癖は、夢のある妄想ですか?

 だとしたら、それだけ希望を持てているということです。現実は妄想通りに進展することは難しいですが、夢を見るという形で妄想を楽しんでいてもいいと思います。

 もし、夢ではなく、「周りは敵ばかり」という疑心暗鬼的な発想をしてしまっていたら、そうではないということに気付く必要があります。

 いまのあんなさんに必要なのは「安心感」ですね。

 あんなさんの周りには、安心できる人、信頼できる人が沢山いて助けてくれる、守ってくれる、味方になってくれる人が沢山いるということに気付く必要があります。

 どうすればいいかというと、今まであんなさんが思っていた周りに対する見方を変えるということ。

 「敵」から「味方」へ変えるということです。

 味方を変えるためにはご自身が「私の周りには見方が沢山いる」と思うこと。それと、お友達の「協力」や「応援」などが必要ですね。

 けっして、甘えでも病気でもないですよ。

 そうなってしまう生活環境だっただけです。

 あんなさんの人生は良くなりますよ!


 あんなさんのお力になれると思います。「りょうしん」の各サイトをご活用くださいね。
< Twitter > https://twitter.com/ryousinn33
< ブログ > http://blog.livedoor.jp/ryousinn33/
<facebook>https://www.facebook.com/ryouisinn33/

 ご相談ありがとうございました。


 才能を開花する「提案型」心理カウンセリング
 りょうしん
 代 表  田邉 宏倫

違反報告

2016年4月25日 14時24分


こんにちは。ジェニュインカウンセリングの黒田です。

文章読ませていただきました。いろいろ考えてたくさん本当にたくさん消したりしながら、精いっぱい書いたあなたの文章ですね。あなたのとても素直なところが現れている上手な文章だなと思いました。

あなたの抱えている状態、症状は、怠けのせいなのか、甘えのせいなのか、それとも病気のせいなのかは、見る人の価値観や専門性によって変わります。

黒田があなたの文章を読んでまず感じたことは、あなたの心は傷付いているんじゃないかな、ということです。

楽しい世界は、どこにもないのではなくて、心が傷付いているとなかなか巡り合えない世界のようです。もしかしたらあなたのお母さんもそうなのかもしれませんね。

心の傷は、自然には治りにくいです。

あなたの心を守るための具体的な方法の1つにカウンセリングがあります。

今はなかなか利用できる環境にはないかもしれませんが、頭の隅には置いておいてください。

いつか・・・ね、

この世界でたった独りのあなたの言葉のすがたを聞かせてください。
http://www.genuine-counseling-cok.com/

違反報告

2016年4月25日 13時43分


いわゆる登校拒否ですね。拒否の理由が気になりますので、カウンセリングをお受けになることを勧めます。
<あいつはいじめると楽しそうとかオタクがいてキモいとかあの女子がブスだった
とかいう会話をたくさん聞いて怖くなり>とか<妄想は今も治りません>などが気になります。鬱か怠けかを知りたいのならば心療内科か精神科を受診してください。
とにかく学校に行けない理由をはっきりさせたいですね。頑張りましょう。

違反報告

2016年4月25日 12時42分


カウンセリングルーム・エンパシー

ご相談内容を拝読しました。人を怖がる心理は、過去に経験が要因となっていると感じました。

嫌な経験は、トラウマとなって今を生き辛くしてしまいます。
人間には防衛本能がありますから、危ない人や場所を避けようとします。

あなたは、学校に「行かない」のではなく、「行けない」のですから、行けなくなった原因があって、「行けなくなった」という結果になつたのです。

原因と結果の関係を因果関係と言いますが、今回のご相談内容から判断して、因果関係が認められると思います。

でも、あなたの今後の人生のためには、今回のご相談をキッカケに思考を修正して、強く生きるための再決断をすることが大切だと思います。

お手伝いが必要でしたら、頼ってください。
真心で対応させて頂きます。

違反報告

2016年4月25日 10時33分