無料カウンセリング掲示板の質問

「死ぬ事への恐怖」に関する質問

  • 受付終了

名無しさん

最近ふと目にしたニュースが原因でもし自分が死の間際まで来たら?という考えが過る様になりました。

むしろ、死ぬと言うより今ある意識が永遠に消えてしまうという恐怖を感じる様になりました。"意識が無くなる"と文で書いて見れば眠るのと同じじゃないかと思いますが私にはそれが一番の問題です、二度と目覚めることがない事がとても怖い。

死は生きてる以上免れない事だし、仕方ない事であるとは思います。
しかし今まで感じたもの、見てきたもの、色んな出来事を通して出来た今の自分の意識が無くなってしまう事に底知れない怖さがあります。
死んだ意識は何処へ行くのか?その場所は見えるのか?
とにかくそんな未知の出来事を受け入れられる気がしない…想像するだけでも気持ち悪くなってきます。

小さい頃に母親が亡くなった時は余り母親との記憶がなく、目の前で看取られて逝った事、葬式でなにもわからず泣いていた事しか覚えていません。そのときはまだ死んでしまった悲しみが余り湧きませんでした。ですが今日まで一緒に暮らしていた父親は違います、色んな事で叱られたり反発したり様々な記憶があります。
自分の為に沢山叱ってくれた父親が母の次に死んでしまうのではないか、と父を失う不安といずれ自分に来る死への不安が重なって更に苦しくなります…

ちょっと前まで普通に好きなゲームを遊んだりしていたのに最近はもうこの事に関する不安で気分が沈み元気が出ません…
一時的に忘れる事でも構いません、普通に遊んでいたちょっと前までの感覚に戻る事は出来ないでしょうか?
この話を他の方に聞いていただき、お返事を貰うだけでも少し治るかも知れません。
よろしくお願いします。

違反報告

2015年12月9日 03時08分

無料カウンセリング掲示板の回答

はじめましてmentalquestの渡辺です。
名無しさんには可能ならお近でカウンセリングをうけながら
今抱える思いや不安を解いてゆく方法が良いのかと感じます。
なぜそう感じるのか、名無しさんの書かれた文章から
死への恐怖は亡くなられたお母様の記憶がないこと
お母様が居なくなった理由の「死」というものがどんなものなのか
幼かったということもあり納得ゆく理解をしないまま大人になってしまったことが
大きな不安となって無意識(潜在意識)のうちに名無しさんの心に積もっていったのだと思います。
もう一度お母様のことを知り、どのようにして亡くなられたかを知ることで
えたいのしれない恐怖や不安から少しは脱せるかと
それにはやはり誰かにお話しをしながら心を引き出しもらうのが
一番良いと思います。
「母親」というものは人が生まれる原点であり
自分の存在のルーツでもあります。
よいカウンセラーさんが見つかることを願ってます。

違反報告

2015年12月14日 11時54分


新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
お母様と幼い頃に別れた事が原因の一つでしょう。
丁寧にお気持ちを整理することができれば、改善できると思いますので、ご一緒に整理してみませんか?
幸い、お住まいがお近くのようですから、お会いすることが理想ですが、メールやLINEでの対応も可能です。

メール連絡 famysummer@yahoo.co.jp
ホームページ http://orange.zero.jp/zbf59793.park/
ファミリーカウンセリング米田

違反報告

2015年12月11日 22時51分


はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。

死の恐怖とは、誰にでもあるもので、自然な感情であるということを理解することです。人は変わらないことを望みますが、現実には変わらないものなど何もありません。この世の中はすべて同じ状態は続きません。何もかもが変わるということです。そして、あなただけではありません。みんな一緒です。安心して下さい。

肉体は滅びますが、魂は永遠に生き続けます。死とは、こと世の中での使命を終えて、初めにいた場所(故郷)に戻るだけなのです。肉体は、魂を体現しているにすぎません。ですから、安心して下さい。

アドバイスとしは・・・

不安は日常的なもので、誰もがもつ当たり前の感情ですが、それを「し過ぎる」と問題が生じます。

不安を感じるのは、未来へ向かうのに忙しすぎて、「いま」の価値が、ゴールに到達するまでの手段になっているからです。不安は、「現在」にいながら、「未来」にいたいと思うことで生まれます。このようになると、私たちの内面は、真二つに分裂してしまい、悩みを生じさせます。

アドバイスとしては・・・
①激しい不安を感じた時は、立ち止まって、自分が今、もっているよいものを眺め、それに対して感謝して下さい。感謝は感情を癒します。

②「感情を観察する人」になって下さい。
無意識的にネガティブな感情を考え始めたら、その感情を意識的に「観察」してください。
その感情に対して、「分析したり、評価したり、判断したり、決めつけたり、レッテル貼りをしたり」してはダメです。ただ単に、目撃し、観察するだけです。頭で考えるのではなく、体全体で感じて下さい。「思考」は分析すればするほど増殖し、肥大化して止まらなくなります。逆に、ただ単に、目撃し、観察すると自然に消滅していきます。

③「すでにそうであるもの」に対して分析したり抵抗するのではなく、「あるがままをすべて素直に受け入れる」ことができた時、あなたの心は解放され、自由を獲得し、喜び、愛、平和を感じることができるでしょう。

④「いま、この瞬間」どんな問題があるか、自分に尋ねてみて下さい。来年でなく、明日ではなく、五分後でもなく、「いま、この瞬間」です。「いま、この瞬間、どんな問題があるだろうか?」と。
私たちは、いつでも「いま」になら、取り組めますが、未来に取り組むことは絶対に不可能です。結果に執着しないで、手放してください。

⑤無意識的に頭の中で色々な意味のないおしゃべりをしている思考を止め、意識的に「いま」と「ここ」に100%集中して下さい。すると、不安で苦しんでいた「にせの自分」は消えてしまいます。これが「囚われを捨てること」です。

ご参考になれば幸いです。

違反報告

2015年12月11日 12時32分


【美しい心の回復力がつくカウンセリング】 心のごはん屋さん

はじめましてよろしくお願いします。貴方の問題にお答えいたします。
「死ぬ事の恐怖」は、私も同じ様に若い頃考え、思った事があります。
年を重ねて体験し、学びんで理解したのは、「なぜ人は生まれてきたのか」をわかれば
死ぬ事の恐怖は、無くなりました。体験を通してお教えします。
手助けしてくれるのは、古今東西の偉人の本を読む事、インターネットなどの名言を
学び続けると、尊敬する方と出逢え、同じ思いの人達と出逢え、貴方の求めている答は
必ず心安らぎ、恐怖もなくなります。実行してくださいね!
マイナスの感情は、マイナスの出来事を引き寄せ、マイナスの結果になります。
だからいつもプラスの心なら、プラスの出来事を引き寄せ、良い結果になります!
貴方に「笑って、プラス言葉で、感謝して!」を送ります!実行してくださいね!

違反報告

2015年12月10日 17時32分


お礼コメント

ご返答ありがとうございます。
常に前向きに考える事ですね、出来るよう頑張ります。

お返事ありがとうございました。

2015年12月11日 03時07分

あおぞら

「悩み改善、解決、完治を目指す」人生相談&心理カウンセリング
       「あおぞら」

初めましてカウンセラー&ライフセラピストの松下愛ノ助と申します。

本当に死を決意して、いよいよその行動をとるとき私は恐怖感で体、そして手足の震えが止まらず
心臓の音がガンガンと頭に響きました、そしてその後ただ涙がこぼれ意識が「すーと消えていく」感じでした。

たいていの人は、その体、手足の震え、心臓の音が響く時の恐怖感で、自殺を辞めてしまうようです。

私はカウンセリンラーになる前、自殺未遂を2回経験しました。

本当に苦しい時期が長く続き、生きる事さえ諦めてしまうような気持ちにも何回もなりました。

どうして自分は運が悪いのだろう、どうしてあんな事も分からず信じてしまったのだろう
どうしてあんな家庭で育ったのだろう、どうして…   どうして・・・
自分の事が分からず、本当に悩みました。

貴方様の現在のお悩みを整理してみましたので、確認してみてください

1、最近ふと目にしたニュースが原因でもし自分が死の間際まで来たら?という考えが過る様になりました。

2,むしろ、死ぬと言うより今ある意識が永遠に消えてしまうという恐怖を感じる様になりました。"意識が無くなる"と文で書いて見れば眠るのと同じじゃないかと思いますが私にはそれが一番の問題です、二度と目覚めることがない事がとても怖い。

3,死は生きてる以上免れない事だし、仕方ない事であるとは思います。
しかし今まで感じたもの、見てきたもの、色んな出来事を通して出来た今の自分の意識が無くなってしまう事に底知れない怖さがあります。
死んだ意識は何処へ行くのか?その場所は見えるのか?
とにかくそんな未知の出来事を受け入れられる気がしない…想像するだけでも気持ち悪くなってきます。

4,小さい頃に母親が亡くなった時は余り母親との記憶がなく、目の前で看取られて逝った事、葬式でなにもわからず泣いていた事しか覚えていません。そのときはまだ死んでしまった悲しみが余り湧きませんでした。ですが今日まで一緒に暮らしていた父親は違います、色んな事で叱られたり反発したり様々な記憶があります。

5, 自分の為に沢山叱ってくれた父親が母の次に死んでしまうのではないか、と父を失う不安といずれ自分に来る死への不安が重なって更に苦しくなります…

6,ちょっと前まで普通に好きなゲームを遊んだりしていたのに最近はもうこの事に関する不安で気分が沈み元気が出ません…
一時的に忘れる事でも構いません、普通に遊んでいたちょっと前までの感覚に戻る事は出来ないでしょうか?
7,この話を他の方に聞いていただき、お返事を貰うだけでも少し治るかも知れません。

どうですか、貴方様のお悩みを改めて整理してみて、

[自分の為に沢山叱ってくれた父親が母の次に死んでしまうのではないか、と父を失う不安といずれ自分に来る死への不安が重なって更に苦しくなります…]


僕も貴方様と同じように死について本当に深く考えた時期があったけど、今心理カウンセラーとして
毎日のように死にたいという人達の相談を受けて「人の悩みを解決したり、命を救っています」
かつて2回も自殺未遂をしたぼくがですよ。

死にたいと思う程、、悩んでおられる方のほとんどが「過去あったことがまた起きるだろうなー」とか

「イヤな事がこれからもずーと続くだるろうな―」と、
今起きていることを「これからもきっと起きる、続く」と思い込んでしまっている様子,

それが原因で起こっているストレスが、どんどん重なっていく様子が手にとるように分かります。

本当に悩まれて、ご相談に来られるほぼ100%の方が過去(1秒前も過去です)にあったことが、未来永劫続くと
真剣に悩んでいらっしゃいます。

ちょっと間をおいて考えてみると「未来なんて何にも決まっていないじゃない?」「エー決まって無い未来をどうして決めつけ悩むの?」

分からない未来で悩む理由は今夢中になれる何かが、見つかっていないからなのです。

そうですね、プロ野球の一郎選手もサッカーの本田選手も何度もスランプがあったといっていました。

辞めようかと思ったことも何度もあったと言っていました。

しかし今どうですか、スランプを乗り越え、二人共立ちなおって、元気にやっているじゃないですか。

未来が予想通り、思ってた通りという事が当たり前になったら、アスリートも
アーティスト達も誰も、もう何も努力しなくなるでしょう。

未来がはっきりしないから、何とか今より良くしようと毎日を精一杯生きるのではないでしょうか。

お釈迦さまもキリストもそう言っていますよね。
「過去も無い、未来も無い、有るのは今だけ」と。

先般、日本の人間国宝に指定され、フランスの芸術文化勲章の最高位コマンドールも受賞した、女形の歌舞伎役者の坂東玉三郎さんがテレビでのインタービュー番組に出演している姿をテレビで見ました。

司会者が「あなたはどのくらい先の事に、どんな目標を持って生きておられるのですか?」 という質問に、

真剣な顔で「私は5年先,10年先とかいう絶対どうなるか分からない事に、目標は持ちません」

「だって5年先どうなりたい。10年先どうなりたいといっても、そうなるかは全く分かりませものね」

「だから私は今日と明日の事しか考えません」「今日悔いを残さないよう生きて、明日の準備をして生きてるだけです」

「そんな生き方をし続けたら、いつの間にかこんな自分になっていました」

私は彼の話を聞きながら私自身の事も「これでいいんだ、これでいいんだ」と自分に言い聞かせました。

スケートの浅田真央ちゃんが1年前、今日自分が夢中になれるモノが無くなって
ものすごく悩んでいましたね。

新しい25歳のスケーターとして夢中になれるイメージ画描けたとたん、彼女に素敵な笑顔が出てきました。人間はどんな人でも「今夢中になれるモノがなければ」落ち込んでしまうのです。

今貴方に起こっている心と体の症状は、すべて貴方の心の中に存在する守護神様(すべてに人はそれぞれ守護神を持っておるといわれています)からの警告なのです。

「これ以上このままでいてはだめだよ」、「何とか夢中になれるモノを見つけなさいし」という警告です。

この機会に単なる応急処置ではなく
根本的な心と心の不調から起きる落ち込みの改善にも取り組みましょう。

貴方の心と体の現在の症状が起きている、原因は貴方の気質と性格が原因で起こってしまっていると考えてください。

貴方の現在の症状を治すためには貴方の「どの気質が原因になっているのか」、「どの性格が症状を重くしているのか」をしっかり把握する必要があります。
私たちの相談ルームでは、うつ症も自律神経失調症も必ず完治させることをめざし徹底した
診断と施療を行います。
貴方の心と体の症状を治すために
1、貴方がご先祖様からDNA/遺伝子の形で、引き継がれたの気質の診断調査分析
2、貴方の育ってこられたご家庭や学校その他の環境で育まれてしまった性格の診断調査分析
3、そして貴方に降りかかるストレスに対する自己対応力の診断調査分析
4、貴方の他者とのコミュニケーション能力の診断調査分析
5、最後に貴方様にとって最も大切な事は心の中で「本当はこう生きたい」「こんな風になりたい」と思っている潜在意識を
引き出しあなたにしっかり自己認識していただく「本当の自分、発掘診断」をします。



以上の心理カウンセリングの手法で貴方様の悩みの原因がほぼ100%明確になります。

明確になりましたら、

1、原因を取り除く為の性格改善ご指導サポート、
2、気質の発言の自己コントロール法取得ご指導サポート
3、ストレスを受けにくくする対応法ご指導サポート
4、他者とのコミニュケーション能力の向上ご指導支援サポート
5、貴方が今後「こういう生き方をしたい」「このようになりたい」を明確にして
その望みをかなえる為の一歩一歩の登る階段や手順のすべてをカウンセラーが一緒に実現のご指導とサポートをいたします。

貴方が夢中になれる、心の底に眠っているモノ、価値観をハッキリ探り当てましょう。
必ず一緒に見つけられます。

貴方の「こうなりたい、こんな風に生きられたらいいなあ」は貴方の成長と共に
少しづつ変化はしますが、原点は変わりません。
 
私たちの相談ルームでは、お悩みの完全・完治を常に目指し、取り組んでいます
ご相談者の方が「ありがとう!本当に良くなりました、改善解決しました、本当にありがとう」の声をいたたくまでカウンセリングそしてご支援をいたします。ご安心下さい



先月大学2年生の女性がこっそり「相談に一人で来ても良いですか?名前も住所も言わないでいいですか
、実は死にたいのです」

僕はその時「大丈夫ですよ、お名前も住所も言いたくなければお聞きしません、安心していらっしゃってください」

彼女は悩みについて話している間涙を流し続けていましたが、
カウンセリングが終わって自分の生きる道がしっかり描け
180度変わって笑顔いっぱいになって、帰る時「先生、ありがとうございました」といって何と僕に握手を求めてきました。

私たちはどんな事があっても救います。貴方の希望の道を一緒に探り当てます。安心して電話でも直接面談でもいらっしゃって下さい
   
これまで私達の相談ルーㇺに来られ、(電話相談も同じ)ご相談が終えた後のアンケートで
「問題解決満足度調査で98%の方が大変満足」とご回答いただいています。  

私たちの相談ルームでは最初相談に来られた方がどんなに辛そうな、悲しそうな、
あるいは心配そうな表情でお越しになっても、カウンセリングが終わってお帰りになる時、
ほとんどの方が驚くほど笑顔で希望に満ちた表情に変わられ、足取りも軽くお帰りになられます。
(電話でのご相談でも同じです。)
とても有意義で心が幸せに楽しくなる、相談ルームです。ご心配はいりません。
安心してご連絡ください。

当相談ルームでは直接お逢いしての面談カウンセリング又は
固定電話・携帯電話・スマホ・スカイプを使ったご相談、どちらでも選択可能です



   「悩み、改善、解決完治を目指す」人生相談&心理カウンセリング
       「あおぞら」 松下愛ノ助 他カウンセラー一同
     電話03-5284-7353
     ホームページ http://ai-aozora.jimdo.com/
     ご予約・お問い合わせのアドレスです
http://www.ai-aozora.com/%E3%81%94%E4%BA%88%E7%B4%84-%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/
  コピーして検索してください

違反報告

2015年12月10日 12時56分


お礼コメント

ご返答ありがとうございます。

今のままではいけない、なにか夢中なものを探す…ですか。
確かに最近は同じ様な事の繰り返しで新しい事を考えたりやってなかったかもしれません。よくよく自分を見直してみたら同じ事を繰り返しているせいで心なしかマンネリを感じているのかもしれません。
これを機になにか新しい事をやってみようかと思います。
もし、それでも駄目だったらご相談に伺おうかと思います。
お返事、ありがとうございました。

2015年12月10日 16時16分

池袋カウンセリングルームフェリシテ

池袋カウンセリングルーム フェリシテの芝崎です。
死というのは誰にとっても、最大の恐怖です。
明日死ぬかもしれないし、100年後かもしれません。
誰にもわかりません。

対処は2つです。
ひとつは、毎日死ぬまで死の恐怖に怯えて暮らす。100歳まで生きたら、少々長いですね。
もう一つは、いつか死ぬことを受け入れる。死ぬまでの時間が有限であるからこそ、価値あるものにするよう努力を払う。

この議論は長く哲学で、語られてきたことです。
どうせ死ぬのに、なぜ生きるのか。

だれも答えを知りません。

死が怖いのは、一生懸命生きているからだと思います。
いつ死んでもいいように、一生懸命毎日を燃焼させましょうよ。
そう考えることはできませんか?

どう過ごしても、24時間です。
あなたの生命が、自分で納得できるものになりますように。

http://felicite-c.com/contact

違反報告

2015年12月9日 23時17分


お礼コメント

ご返答ありがとうございます。
やはり一つは受け入れる事が大事なのかも知れません。
死という結果は同じでも、その過程が違えば色々な見方ができるかもしれませんね、1日1日を大切に過ごしたいと思います。
お返事を貰って少し楽になった気がします、ありがとうございました。

2015年12月9日 23時36分