無料カウンセリング掲示板の質問

「セラピーで過去を癒した後、どう行動すればいいのか?」に関する質問

  • 受付終了

豆子さん

豆子と申します。
よろしくお願いします。
結婚4年目の子供はまだいません。


実はこの1年で数回、カウンセリングやヒプノセラピーを受けました。

それを受けようとしたきっかけは、
自分に自信がなくて他人に意見を言えない。
こんな私が子供を作ってもちゃんとしかったり、
何かあった時に他人に意見して守ってあげる事ができるのか?
と思ってしまい、子供を作る不安があったからです。

数回のカウンセリング等を受けていくうちに、
何故、こんなに自信がなく、こんなに不安になるのかと言う事が分かってきました。


・人の顔色ばかりを優先していて自分をずっと自分を抑えていた。

・両親や兄弟ともに人の気持ちを優先する人達なので、
お互いケンカした事がなく(する必要がなかった)
ただ、外の社会ではそれが通用しない時もありケンカになるのを避けるか、
なったとしても戦う術が分からず頭が真っ白になってしまう。

・完璧主義で真面目なため、つい慎重に考えて悪い方に考えてしまう

・何かあったら他人は責めずに自分を責めてしまう


元の性格はこんな所で、
そこに、過去にあった経験が重なり、どんどん不安が大きくなり
また自分を責めてしまう事もあり、
どんどん身動きがとれないように自分で自分をしていた事が分かってきました。


セラピーを受け、
過去の経験を癒した事でするすると糸がほどけるようにあらゆる不安が取り除けました。

また、ここに来て、生き方や考え方を改めて考えた事で
前よりは、もっと楽観的に考えられるようにもなったし、
反省はするけど自分を責める事もやめれるようになってきました。

前は他人の気持ちに合わせて自分の気持ちまで殺して合わせていた状態だったのを、
他人の気持ちに合わす事はあるけど、気持ちまで押し殺すと言う事はなくなりました。
相変わらず、人の顔色は見てしまうけど、
自分の気持ちも前よりは大事にしてあげれるようになりました。



ここからが今回の相談内容になります。

私がこの1年でやった事はあくまで過去を癒した事。
今やっとマイナスだった所からスタート地点に立てた気がしています。


もっと、自分を好きになりたいし、もっと自信を持てるように何かしたいと思っているんです。
やっとスタート地点につけた自分をもっとプラスに進めていきたい!

それにやっぱり、他人と意見が食い違った時に
自分の意見を言えないし、
他人の意見も自分の意見も尊重できるような生き方をしたい。
ケンカをした経験がないので(いつも譲っていたい)
そうなった時に冷静でいられる自身がない。
(オロオロして頭が真っ白になって結局、意見を譲ってしまいそう)

何か起こる時って突拍子に起きるから、結局いつもの自分が出てしまいそうで怖いのです。


でも、次にどう行動したらいいのか分からないんんです。
時間だけがどんどん過ぎていく感じがします。


もちろん、過去を癒した事で、
今までと考え方も変わりどんどん楽しいと思える事も増えているのですが、
もっと自分を高めるには、
どうするのがいいでしょうか??


自分の目的が分からない状態でこのような質問をしてしまい申し訳ないです。

頂いた回答で、その通りに動こうと思っているのではなく、
頂いた回答を参考に自分の心と相談できればなと思っています。

違反報告

2015年11月11日 14時11分

無料カウンセリング掲示板の回答

ことゆめ心理カウンセリング

はじめまして、ことゆめと申します。

カウンセリングやヒプノセラピーで過去を癒せて良かったですね。
一年で随分変わることが出来たのですね。
頑張りましたね。

スタートに立て、これからはプラスに進めていきたいと意欲を持たれているのですね。
素晴らしいことだと思います。

そのために必要なことは人生の目的に気付くことです。

豆子さんには夢や理想がありますか?

今、急に言われても思い出せないかも知れませんが、過去に思い描いた目標があるかも知れません。

まずはそれを探り、具体的に叶えられる目標を設定出来ればと思います。

明確な目標は豆子さんをガッチリと力強く支えてくれます。

今よりもっと強い自信を持つことが出来ます。

もし、この言葉が心に残りましたら、お声をお掛けください。
ホームページでお待ちしています。

http://www.cotoyume.com

      ことゆめ

違反報告

2015年11月12日 21時47分


悩み相談室 ひだまりの会

内容を拝見させて戴きました。

カウンセリングやヒプノセラピーを受けて過去の経験を癒した事でするすると糸がほどけるようにあらゆる不安が取り除けたのですね。

今回の相談内容は・・・・

やっとスタート地点につけた自分をもっとプラスに進めていきたい為に・・

①他人と意見が食い違った時に自分の意見を言えない。、
②他人の意見も自分の意見も尊重できるような生き方をしたい。
③ケンカをした経験がないので(いつも譲っていたい)冷静でいられる自身がない。
④(オロオロして頭が真っ白になって結局、意見を譲ってしまいそう)

その結果・・・・

①突拍子に起きるから結局いつもの自分が出てしまいそうで怖いのです。
②次にどう行動したらいいのか分からないんんです。
③時間だけがどんどん過ぎていく感じがします。

もっと自分を高めるにはどうするのがいいでしょうか??
頂いた回答で、その通りに動こうと思っているのではなく、
頂いた回答を参考に自分の心と相談できればなと思っています。

大丈夫ですよ、心配なさらなくて良いですよ。

ひだまりの会はその内容よりその方にあった方法やなど
御伝えしております。また詳しくお聴きなりたい方は
ご遠慮なくお気軽にご連絡をお待ちしております。


ひだまりの会 悩み相談室
http://hidamarino-kai.jimdo.com/

違反報告

2015年11月12日 18時04分


はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。

「セラピーで過去を癒した後、どう行動すればいいのか?」・・・

答えは簡単です。
セラピーで過去を癒せたのでしたら、次にやることはただ一つ・・・
意識を100%、「いま」と「ここ」に集中するだけです。

「いま、この瞬間」どんな問題があるか、自分に尋ねてみて下さい。来年でなく、明日ではなく、五分後でもなく、「いま、この瞬間」です。「いま、この瞬間、どんな問題があるだろうか?」と。
私たちは、いつでも「いま」になら、取り組めますが、未来に取り組むことは絶対に不可能です。結果に執着しないで、手放してください。

人生で「やらなければならないこと」なんてありません。
人生とは「やりたいことをやって、なりたい自分になる」ものなのです。

人生の過去と未来は幻です。私たちに光が当てられているのは、「いま、この瞬間」現在だけなのです。「いま、この瞬間」を生きて下さい。
そして「本当の自分」を見つけて、「挑戦と成長」 を楽しんで生きて下さい。

ご参考になれば幸いです。

違反報告

2015年11月12日 08時41分


カウンセリングルーム Flow 電話カウンセリング

はじめましてカウンセリングルームFlowの馬場と申します
豆子さんのご質問を拝見し書かせていただきます

端的に申し上げますと
今感じていること それらをしっかりと感じてください

すでにどうなりたいということについては達成なさっておられるでしょう?

そして

それにやっぱり、他人と意見が食い違った時に
自分の意見を言えないし、
他人の意見も自分の意見も尊重できるような生き方をしたい。
ケンカをした経験がないので(いつも譲っていたい)
そうなった時に冷静でいられる自身がない。
(オロオロして頭が真っ白になって結局、意見を譲ってしまいそう)

何か起こる時って突拍子に起きるから、結局いつもの自分が出てしまいそうで怖いのです。

と書かれていますよね
元の自分に戻ってしまうのではないか
それが今とても不安なのではないでしょうか

変化したご自身を自覚なさっておられるからこそ
そして過去のご自身を自覚なさっているからこそ
その不安はあるのでしょう

そしてこれから新しいご自身の感覚
それをもって過ごすことに不安を感じているかと思います

ですから あえて それらを経験してください

そして ご自身のマイナスであったという面も否定しないであげてください

いままでとは違う感覚で生活なさっているでしょう

ですから それは新しい経験 感覚です

そうなってからまだ日が浅く
経験をつんでいないための不安なのではないかと思いますがいかがでしょうか

ご自身を高めるのは 経験することです
そして それらに対処することです

失敗することが怖いかもしれません
ですが すでに変化なさっているのなら
新しい考え 選択をできるのではないでしょうか

また失敗したとしても どうすればいいかを考えることができるのではないでしょうか

落ち込んでもかまいません
むしろ それらを否定し 過去を否定し
強くそれらを意識することのほうが
今の豆子さんにとって マイナスとなってしまうのではないでしょうか

これが参考となれば幸いです
ご質問等ございましたら どうぞご連絡ください

違反報告

2015年11月12日 00時24分


澤田和彦カウンセリングルーム 丸和サワダ株式会社

 初めまして、心理支援士 心理カウンセラーの澤田と申します。

 豆子さん、カウンセリングやセラピーで過去を癒した効果を実践として
活かしていかれたいとの事ですね。

 豆子さんに取って、根本的な要因・背景というところに癒しというセラピー
カウンセリング療法によって…以前の様なお悩みでの感覚は軽減され
今後どの様な事を取り入れて行けば良いのか、順を追ってご説明させて
頂きます。

 先ず持っては、過去の癒しの効果によって解決できた事
本当に良かったですね。人の顔色を窺う様な思いや他人の考えに、つい譲って
しまう事から…かなり解放された感覚はお在りの事だと存じます。

 そんな豆子さんに取って、今後具体的に受け入れて頂ければという事項が
こちらになります。

☆☆☆ 自分自身を許す事になります(自分に許可する事) ☆☆☆

 自分を許す事ってどんな事でしょうか?と感じられる事だと存じますが
完璧主義なところが存在される方の傾向の中で 「ま、いっか!」と自分自身を
許す事が困難なケースが多く存在しますが…豆子さんはいかがでしょうか?

 「ま、いっか~!」という言葉は、どこか無責任なニュワンスがございますが
実は自分自身を許す言葉として、自分を許可できる言葉として非常に身近で且つ
簡単な言葉になります。

 豆子さんは、もっとご自身を好きになりたいと仰られます様に
> もっと、自分を好きになりたいし、もっと自信を持てるように何かしたいと
> 思っているんです。

 人の成長過程の中で用いる専門用語の中で 「自尊心」という言葉が
ごじます。自尊心にもたくたんの意味がございますが…こちらの専門分野では
字の如く「自分を尊重する心」という意味になります。

 この自尊心を養っていく最も重要になります事は、先ずは自分を認めれるか
どうかがキーワードになって来ます。自分の事を認める事が出来ると必然的に
他人を認める事が出来る様になります。

 他人を認めれる様になれば、他人の顔色を窺うといった事や他人の意見に
譲るのではなく…他人の意見を認める事に繋がって行きます。

 自分を認める手段としまして、自分自身を許して頂く事が重要になって来ます。
豆子さんが、自分という存在価値を見失っておられた過去では
何か完璧に出来ない自分は許せない思いや、自分には自己主張する資格が
ないという程の錯覚に陥っておられた事だったそ想像しておりますが

 何か失敗しても、豆子さんという存在価値観は変わりがない事や
思った事を主張するというよりは、思った事を口にしても誰にも変に思われ
ないんだ…という現在を知って下さいました事で 「ま、いっか~!」という
豆子さんを許す事が出来て来ますと、日常生活の中でご自身の存在価値観と
いうのが明確に味わう事が出来る様になります。

 先ずは、豆子さんの存在価値観を味わって頂く事を目標に 「自尊心」を養って
いく事を目標に…何か失敗しても、出来ない豆子さんをどんどん許して頂き
「ま、いっか~!」を日常の中で取り入れて頂きたいと思います。

 もちろん、すぐに急に出来る様になる事も難しいところがございますので
少しづつでも…意識を持って頂きますところから始めて頂きたいと思いますが
いかがでしょうか?

 少しづつ徐々に取り入れて下さいまして、第一の目標としましては突拍子も
ない様な出来事があっても…ご自身の意見を他人の前で表現できる事や
自分自身という存在価値を取り戻して行かれる事から、豆子さんご自身を
好きになって下さると長い期間をかけて辿り着いて下さいます事を目標と
されてはいかがでしょうか?

 どうか、豆子さんがプラスの方向へ足を踏み出して下さいます事を心から
応援させて頂きます。 宜しくお願い致します。
 
 もしもご不明な点がございましたら、ご遠慮なくご質問下さい。

 心理支援士(有資格者) 心理カウンセラー
 取締役 澤田和彦のカウンセリングルーム
 丸和サワダ 株式会社

違反報告

2015年11月11日 19時09分


豆子さん、初めまして。
北海道旭川市で心理カウンセラーをしております花田と申します。
宜しくお願い致します。

この度のご相談内容を拝見し、私のもとにいらして下さっているクライアント様方ととても似ておりましたので書かせて頂きたくなった次第です。

私のカウンセリングを受けに来て下さっている半数以上の方が他で過去にカウンセリングを受けてこられた方々です。
中には改善された方もいらっしゃいますし、改善したけれど再び調子が悪くなったという方もいらっしゃいます。

私がこれまでのカウンセリング経験の見地から自論をお話しさせて頂きますと、通常のセオリー通りのカウンセリングやセラピーを受けた場合、「マイナス状態(望ましくない状態という意味です)」から「プラスマイナス0状態」になる事が現状であって、通常のカウンセリングだけでは「プラス状態(望ましい状態)」にまでは達しないというのが私の自論です。

それ故に、調子の悪さが再発する方や、これからどのようにすれば良いのか迷う方などが現れてしまうのだと考えます。

私は現在、非常に調子が悪い方に対しましてはカウンセリングを行っていますが、先ほど申しました「プラスマイナス0状態」以降の方々にはヒューマンコンディショニングという内容に切り替えさせて頂いております。

分かりやすく申し上げますと、カウンセリングは「心の状態を整える」ものであるのに対し、コンディショニングは「頭と心のバランスを整える」という違いです。

ご興味がございましたら、雰囲気をご確認下さい。
http://academia.thebase.in/items/2270859

多くの方々に実験をさせて頂き、その効果を確認できた事から本格的に始めております。

このプログラムの目的は、「思考⇒感情⇒行動」のメカニズムをスムーズにする事です。
これにより、自分がどうしたいのか?どうなりたいのか?が明確になり、ネガティヴな感情の邪魔を排除し、目標と行動計画も明確になるのです。そして実際に行動に移し、もしもうまくいかなかった場合にはその原因究明も出来るようにしてあります。

次にどのような行動を取れば良いかが分からないとの事ですが、「行動」の前に「考動」が大事です。つまり、新しい思考回路を身に付ける事が何より大事だという意味です。

この回路は簡単に出来上がるものではありません。ですが、焦らず正しい学修を積み重ねていく事で手に入れる事が出来るものです。

この場では漠然とした事しかお伝え出来ず申し訳ございませんが、もっとご自身を高めたいという希望を実現させる為にはヒューマンスキルを身に付ける事ではないかと思うのです。

私はその為の学校を運営しています。
売り込みではございませんので、あしからず・・・

学修のタイミングとは、その人が本当に決断した時だと考えておりますので、いくら他人から学びなさいと言われたところで長続きはしませんし、学習効果も低いはずです。

生き方や考え方の「方」とは、「方向」、「方針」、「方法」の3要素を意味します。
そして、これらの「方」を見出す為には、最初にアイデンティティーの確立が必要となります。それがやがて、自分だけの「型」になっていくのです。

長くなりまして大変失礼致しました。
お元気でお過ごし下さいませ。

違反報告

2015年11月11日 16時47分