無料カウンセリング掲示板の質問

「彼女が急にヒステリーになりました。困っています」に関する質問

  • 受付終了

産業カウンセラー受験生さん

初めて投稿します。なので質問の仕方など、失礼な点がありましたらお許しください。

僕の彼女についての悩み事です。
僕には付き合って10ヶ月ほど経つ彼女(20代後半)がいます。今までは怒られたことがなかったのですが、この1週間で何度も彼女に怒られるようになりました。

僕はとある難関資格(産業カウンセラーとは別の資格です)を先月受験したのですが、1科目が合格点に足りず不合格でした(残りの科目は科目合格となりました)。その結果を彼女に報告した際も長文のメールで「危機感がなさすぎる!難しかったから仕方ないってどういうこと!?私なら言い訳しないよ!」というように、怒られてしまいました。科目合格を誉められるかと思ったら逆に怒られてしまい、正直動揺しています。
他にも「いつも私の話を聞いていないでしょ?」と言ってきたり、まるで今までのフラストレーションを爆発させたような対応をされています。

もしかしたら生理の影響で情緒不安定になっているのかと思ったのですが、それなら毎月このようなことがあると思いますので、違う原因だと思います。

彼女は元々精神的に弱く、真面目で完璧主義な点があります。寝るときなど、1人で暗いところにいると不安で頭がいっぱいになるそうです。詳しいことは話してくれませんでしたが、以前精神科に通院していた経験があります。
また、彼女は絵画系の大学を卒業していますが、現在はそれとは関係ない会社で事務職をしております。でも絵画の仕事を諦めきれないようで、独学で絵画の勉強をしつつ、絵画系の職に就こうと努力をしているようです(絵画の特別な資格等は保有しておりません)。

しかしなかなか思うようにいかず、「もう私の年齢だと夢を見る最後のチャンスなんだよ!」とか「再チャレンジできると言うけど、しょせんそれは綺麗事だよ」など、焦りの感情があるようです。僕は彼女が人生を重く考えすぎている気がするのですが、それを言ったらまた怒られてしまいそうで(最悪の場合別れを切り出されそうで)、どう対応していいか悩んでいます。

前兆としては、ちょうど1ヶ月くらい前からメールの返信間隔やデートの間隔も長くなりました。今までは昼間からデートでしたが、夕方からのデートになってしまいました。また、お盆休み中に彼女の両親に紹介してもらった(両親の感触は良かったと思います)のですが、そのあたりから彼女の対応が悪くなってきました。なお、彼女にとって僕が2人目の彼氏だそうです。
このままではいつ別れを切り出されるかわからず、不安になっています。

お忙しいとは思いますが、僕の悩みに回答していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

違反報告

2015年9月12日 20時15分

無料カウンセリング掲示板の回答

新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
お一人の力だけで今の状況を改善しようと無理に考えなくとも良いと思います。その都度、あなたに合ったアドバイスを差し上げられますので、いかがでしょうか?ご連絡ください。

違反報告

2015年9月14日 22時47分


万華鏡 yu~fu 

万華鏡 yu~fuの八木澤です。

質問をしっかり拝読させて頂きました、彼女の急なヒステリーですね。

お付合いされて10ヶ月程、彼女の精神的弱さ・真面目・完璧主義・絵画

系の大卒・現在事務職と、とても可愛く素敵な女性と思われます。

これから、彼女についてお話すことに気分を害するようでしたらごめんなさいね。

彼女は素敵な女性で自分にプライドを過大にお持ちのようですね、彼女は元々

精神的に弱くと言われていますが、お付き合いされていてそれを感じましたか?

生理の影響での情緒不安定とかと思っても違う原因・前兆の出来事から彼女の

対応が悪くなってきた。別れを切り出されるのが不安と・・・

これから本題になります。
彼女の交流分析を見ますと、個々の持ち合わせている人生態度【人生態度は
3歳~7歳出でき上がる】が影響しているのかと思われます。

人生態度に
   ①自己肯定・他者肯定
      ・自分も相手も大切にする力があります。自分自身ありのままに受容
       し、他者と共に楽しんだり喜んだりする事ができます。
       【私もあなたもOK】

   ②自己肯定・他者否定
      ・他者よりも自分の方が勝っていると感じていて、苦労と犠牲を押しつ
       けられていつように捉えてしまいます。イライラしがちで攻撃的です。
       【私はOKあなたはNOT OK】

   ③自己否定・他者肯定【私はNOT OKあなたOK】

   ④自己否定・他者否定【私もあなたもNOT OK】
      ・③④文面省略

そこで①~④で彼女のスタンスを②着目してみました。

彼女は②なのかな?

彼女との別れ・不安は、側に居るあなたが精神的に弱い彼女だからこそ理解し
受容して、支えてあげる事を希望します。



違反報告

2015年9月14日 21時47分


お礼コメント

お返事ありがとうございます。

確かに彼女はプライドが高いですね。ある意味でドラゴンボールのベジータのように、自分より能力が上の人がいて、自分の能力が劣っていることに直面すると歯がゆさを感じるのだと思います。

僕は彼女の前では仕事の愚痴はこぼさないようにしているので、それが彼女にとって「仕事がうまくいっている」という認識になっているのかもしれません。
「仕事がうまくいっている彼氏」と「なかなかうまくいかない自分」、この差に彼女のプライドが刺激されているのかもしれません。

2015年9月14日 23時29分

あおぞら

心理カウンセラー&ライフセラピストの
       松下愛ノ助でございます

貴方様のお悩みを思いますと、本当にお気の毒に思います。
 
 まず貴方様のお悩みについてご相談の内容をしっかり把握させていただきます。

<貴方様のご相談の内容を読ましていただき、解決の糸口となりそうな重要な部分を書き出してみました>

1、僕は彼女が人生を重く考えすぎている気がするのですが、それを言ったらまた怒られてしまいそうで(最悪の場合別れを切り出されそうで)、どう対応していいか悩んでいます。

2、前兆としては、ちょうど1ヶ月くらい前からメールの返信間隔やデートの間隔も長くなりました。今までは昼間からデートでしたが、夕方からのデートになってしまいました。

3、また、お盆休み中に彼女の両親に紹介してもらった(両親の感触は良かったと思います)のですが、そのあたりから彼女の対応が悪くなってきました。なお、彼女にとって僕が2人目の彼氏だそうです。

4、このままではいつ別れを切り出されるかわからず、不安になっています。

<貴方様のご相談に関して専門家としての私の所見と感想をまとめてみました>

本当にお気の毒と申し上げたくなります。

現在の彼女の貴方様への対応の中で、彼女自身の自分の人生への焦りから
くるイライラが確かにあるとは思いますが、貴方様の言動がさらにイライラに拍車をかけているように思われます。

というのは貴方様の言動が相手のその時の状況をあまりにも考えすぎてからくるものですから心に響かない状態だと思われます。


具体的に言いますと人の目線、人の自分への期待、人の自分への言動が気になってしまう「他者依存性の強い性格の人なのです


解決方法は性格を治す。

新しい性格に置き換えてしまう、という事です。


貴方の現在の相手の目線や言動を気にしすぎる、性格をハッキリ掴み、解決したほうが良いと思います。


私どもの相談ルーム「あおぞら」ではすべての症状の原因を明確にする、4つの診断をして
出た診断結果に基ずいた改善、解決する「原因療法」を行っています。

貴方様と同じような症状の方もこれまで多くご相談にきて皆さま完治なさって元気に
生活されておられますので、ご安心ください。

解決の為のカウンセリングと施療の流れをご紹介します。


私どもでは、貴方様のような心の問題の可能性の高い方の症状の改善、解決の為のカウンセリングは
下記のような方法で行っています。

今までたくさんの方がこの方法で貴方様と同じような症状を解決され、元気に生活されています。

そのカウンセリングの流れをご紹介します。

▼まず性格診断を行います。
人が通常持つ性格な13種類の内のいづれかの性格です。あなた様の人の前で上がってしまうのはどの性格が影響しているのか」をしっかり知る必要があります

まず貴方を取り巻く環境の全てをお聞きします。認知総合アセスメントです
 
貴方様の現在、過去心に引っかかっている、すべてを思い切りお話してください。
心の中にある荷物を全部おろして、軽くなってください。
生活の中のすべての(事実)を探り出すために貴方の心情を共有し認知致します

・次に貴方の気質の把握と分析

 同じ状況でも「上がる人」もいるし、「上がらない人」もいる。その違いは何なのか。私たちは父母をはじめ先祖から驚くほど多くの気質を引き継いでいます。

顔や声、体格だけではなく心の感じ方をDNA.遺伝子の形、脳の伝達物質の作用の仕方など,何を引き継いでしまっているかを明らかにします。

 
私たちはこの世に誕生し,幼児期から少年少女期までの間に驚くほどたくさんのしつけ、刺激や虐待やイジメ、トラウマ等を父母やそのほかの近親者、学校や幼稚園の同級生、教師、先輩、部活の指導者などから影響を受けてしまいます。
また逆に溢れるような愛に満たされその良い影響も受けて育ちます。

その影響が貴方の性格として形成されてしまいます。
性格は貴方が育っていく過程で貴方の命を守るのに必要だったものなのです。
その貴方の性格の全てをまず明らかにします。

性格(癖は)ある意味貴方の心の傷を深くしない為、または貴方の命を守るために必要だったとも言えます。

性格のほとんどはその時代で生きる為に自分を守るために発現します。
そして自分が自己成長したりすると性格は変わっていきます。

・心傷体験(トラウマ)の確認影響分析
 
貴方様がお生まれになってから、又はお母様のお腹の中、さらに幼児期、少年少女期に起きた心傷体験(身体的、暴力やイジメなど)は放置しますと
一生涯影響を受けてしまいます。

そのトラウマをカウンセラーが貴方との会話で掘り起し、その影響を明らかにすることもできます。

トラウマは貴方様が実際体験されたものだけではありません。
貴方の祖先のどなたかが、体験された事も私達はDNA,遺伝子で引きつきます。

貴方様が人の言動や目線が気になる、性格を治すために最も重要な事は性格診断と(自己価値観診断)とだと思います

明確になりましたら、
1、他者依存性高い性格の原因を取り除く為の性格改善ご指導サポート、
2、他者依存性高い言動に影響のある気質の発現を抑える方法の
  ご指導サポート
3、自然な形での人前や他者とのコミニュケーション能力の向上ご指導支援
  サポート
4、貴方が将来「こういう生き方をしたい」「このようになりたい」を
 明確にしてその望みをかなえる為の一歩一歩の登る階段や手順の
 すべてをカウンセラーが作成し数点提案します。その中から貴方様が
 最もやりやすいと思うものを選択していただき貴方様に身につく為の、
 ご指導とサポートをいたします。


それと大切な事は貴方様が今後の人生で何を大切に生きていきたいか、ご自分の
心に眠っている自己価値観を明らかにすることも貴方を大分、大人に成長させます。


貴方様の心の奥にある貴方様の魂が望む、生きる為の方向性を知る、自己価値観を18項目の質問と60の言葉の選択方式で明らかになります。

自己価値観診断で貴方様の価値観やどんな事が貴方様にとって大切なのか、何が向いているのか、どんな事を大切に生きていけば良いのかを明確に知ることが出来ます。

さらに貴方様が、本当に自分に合った仕事はどんな仕事か知って置きたいと思っておられた場合、貴方様の天職も、カウンセラーが一緒の作業で明らかに出来ます。

性格の改善や気質の発現の抑制、トラウマの削除などすべて心理療法で解決ℳ改善できます。

安心してご相談にお越しください。(電話でも結構です)

私たちの相談ルームでは最初相談に来られた方(電話相談でも同じです)がどんなに辛そうな悲しそうな、あるいは心配そうな表情でお越しになっても、カウンセリングが終わってお帰りになる時、「ほとんどの方が」驚くほど笑顔で希望に満ちた表情に変わられ、足取りも軽くお帰りになられます。

とても有意義で心が幸せに楽しくなる、相談ルームです。ご心配はいりません。安心してご連絡ください。

この行程をを踏まれて貴方の本当の自分を知られることは、将来かなり役立つと思います。

どうぞ気軽な気持ちでカウンセリングの扉を開いてみてください。

欧米の先進国ではカウンセリングを利用して心の調子を整える事は
日常的に行われています。日本も徐々に欧米に近づいてきているようです。

「悩み、改善、解決完治を目指す」人生相談&心理カウンセリング
       「あおぞら」 松下愛ノ助 他カウンセラー一同
     電話0120-874-116
     ホームページ http://ai-aozora.jimdo.com/

ご予約・お問い合わせのアドレスです
http://www.ai-aozora.com/%E3%81%94%E4%BA%88%E7%B4%84-%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

又はno0109ai@yahoo.co.jp   です。コピー

違反報告

2015年9月14日 17時14分


お礼コメント

お返事ありがとうございます。

>>人の目線、人の自分への期待、人の自分への言動が気になってしまう「他者依存性の強い性格の人

まさに僕はそれです。どうしても彼女の言動、上司の言動、親の言動に左右されやすいです。変な話なのですが、僕は他者依存に制限されて自分の能力(仕事面もプライベートも)が封印されている気がします。
僕もメンタルトレーニングをしていく必要がありそうですね。「他社依存性からの脱却」、これが今の僕にとっての課題なのかもしれません。

2015年9月14日 23時26分

はじめましてmentalquestの渡辺です。
書かれた質問文から読み取れるのは、彼女の叶えられてない夢、切望が
産業カウンセラー受験生さんの受験に重なってしまったのでしょう。
完全合格と成らなかった事態もまるで彼女自身の出した結果のように
錯覚してしまい腹立たしく感じられた。
絵画の仕事を諦められないようだと言う事からも
産業カウンセラー受験生さんが現在進行形でチャレンジしている事が
羨ましく思っていると言う事もありえます。
そして、最近の彼女の態度の変化が御両親と会ってからだとすると
やはり、以前の彼と比較するような事柄を御両親から言われた。
そこで完璧主義の彼女は御両親が納得のいく彼氏にしたかったの
でしょう。
彼女のなかで果たせていない夢へのあせり
「しょせん綺麗ごとだよね」に諦めきれない
彼女が彼女自身に言い聞かせたかった苦しさが
表れています。
「いつも私の話を聞いてない」これもきっと
気持ちをくみ取ってと言う事でしょう。
お互い理解している「つもり」ではよくありません。
今の思いを打ち明けてみてはいかがでしょうか。
彼女の思いにも耳を傾けてください。

違反報告

2015年9月14日 17時14分


お礼コメント

お返事ありがとうございます。

僕はメンタルトレーニングも兼ねて、彼女の前では仕事の愚痴をなるべく言わないようにしているのですが、もしかしたらそれが彼女にとっては「うまくいっているのか」という思いになっているのかもしれませんね。
「仕事がうまくいっている彼氏」に対して「うまくいっていない自分」、このギャップに歯がゆさを感じているのかもしれません。

2015年9月14日 23時19分

カウンセリングスタディースクール~個人カウンセリング~

産業カウンセラー受験生さん、初めまして
私はカウンセリングスタディスクールの心理カウンセラー、中原謙一と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

読ませていただいて、私が感じたことがあるのですが、根本的な原因は産業カウンセラー受験生さんにあるように感じます。
問題そのものは彼女ですが、彼女は問題を「見せてくれている」ととらえたほうがいいでしょうね。
ですので、彼女とパートナーシップをやっていこうと思われるのであれば、彼女の問題=自分の問題として向き合っていく必要があるでしょう。

今の彼女から見て、産業カウンセラー受験生さんに対して不安がある、ということはお気づきでしょうか。

やっていけるかどうかの不安。
見捨てられる不安。
愛されているかどうかの不安。
将来親になる不安。

そこにたくさんの不安があるように私は感じます。
同時に、完璧主義的な傾向があるということは、自己嫌悪が非常に強いと見たほうがいいでしょうね。
彼女は自分自身に許せないことは、産業カウンセラー受験生さんに対しても妥協をしません。

一科目落としてもいい、と産業カウンセラー受験生さんが思っても、一科目も落としてはいけないと彼女が思っているとしたら、彼女の行動は彼女の行動原理から言うと当然ということになります。

まるで、楽観主義と悲観主義のカップルみたいな感じですね。

それと、ここからは私の想像になりますが、彼女の自己嫌悪の中に「自分が女性である」ことへの嫌悪感があるように感じます。

そうすると、本当は男の子に生まれたかったのに、自分は男の子になれなかった。
私が男だったらこうするのに、ああするのに、と、彼女が男性に対して「ふがいない」と感じるところを、産業カウンセラー受験生さんは一手に引き受けているのかもしれませんね。

それだけ、産業カウンセラー受験生さんは彼女に愛されているともいえますが、愛されれば愛されるほど、彼女の怒りと自己嫌悪の的になることを覚悟したほうがいいかもしれません。

解消方法は、感情や感覚のコミュニケーションをしっかりとやっておくことです。
それは自分の感情や感覚を伝えるだけでなく、相手の感情や感覚を理解することも含まれます。

そして、お互いが理解できるまでとことんコミュニケーションをとることです。
表面だけの「聞いてあげた」「理解した」ではなく、心からの「理解」が、本当の「信頼」と「絆」を創ります。

優秀なカウンセラーになる最高の養成ギブスが、パートナーですからね。

逃げ出さずに、命がけで彼女に向き合ってあげてください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

産業カウンセラー受験生さんがクライアントさんの心が深く理解できる素敵なカウンセラーになれますよう、心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございました。

違反報告

2015年9月14日 13時52分


お礼コメント

お返事ありがとうございます。

もしかしたら彼女は「いつか自分が捨てられるのではないか」という思いがあるのかもしれません。付き合いだした頃に「私って○○な人なんだよね」ということを何度か言っていたことを思い出しました。

絶対捨てることはないし、見放すこともないということを彼女にわかってもらいたいです。そのためにも彼女とよく話し合ってみたいと思います。

2015年9月14日 23時22分