無料カウンセリング掲示板の質問

「人の好きな物を貶す性格」に関する質問

  • 受付終了

炎さん

人の尊敬している人、好きな芸能人や歌手、

そういった人の好きな物を貶す性格で悩んでいます。

人の尊敬している人、好きな芸能人や歌手を聞いても

私は、素直に褒める事が出来ず、

褒める事が出来ても、心の中に非常に違和感を感じてしまいます。

人の尊敬している人、好きな芸能人や歌手の悪い所、

欠点ばかりを指摘したくなって言ってしまう、

自分が好きであったり、尊敬できなかったら褒められないと言いますか、

この性格がなかなか治らず、人を怒らせて嫌がられています。

なので、最近ではなるべく、人と関わらないようにしています。

関わってもそういう話はしないようにしようと思っています。

もっと、人の尊敬する人や好きな芸能人や歌手とかを聞いても、

貶さないようになりたいと思うんですが、

どうしたらそうなれるか、悩んでいます。

原因とか、治し方などアドバイスがありましたら、お願いします。

また、こういう悩みは心理カウンセリングの適応範囲でしょうか?

お勧めの有効なカウンセリング法があったら教えてください。

違反報告

2015年8月11日 00時01分

無料カウンセリング掲示板の回答

アールラボ - R Lab of the hypnosis

雛月さん。はじめまして。

ご相談内容を拝見いたしました。

カウンセリングにここからここまでといった範囲は特にありませんので
お気軽にご相談くださいね。

ご自身でもお気づきのとおり、欠点ばかり指摘したくなる、
自分が好きではない・尊敬できないと褒められないという考え方が
雛月さんの性格を作りだしていると思います。

プラスの価値観・考え方に変えていき、人の好きなものを
素直に褒めることができるように一緒にがんばっていきませんか?

カウンセリングに関しては、その人の状況などの個人差が
ありますので、いろんなカウンセリングを受けられることを
オススメします。

様々なカウセリングを体験し、実際にマネをしてみて、ご自身が
納得いくカウセリングを一人でもできるようになることも改善に
向けた1つの方法かと思いますよ。

こちらでも、雛月さんのお悩みを解決するためのお手伝いを
させていただければ幸いです。ご相談をお待ちしております。

*☆*。大阪市淡路のカウンセリングルーム
   R Lab of the hypnosis - アール・ラボ - 。*☆*
     http://r-lab.co/
 ※無料メール相談も受付中です:rlab.of.the.hypnosis@gmail.com

違反報告

2015年8月16日 04時52分


お礼コメント

ありがとうございます。

検討させていただきます。

2015年8月30日 16時19分

クラリオンヒーリング(気功・整体)

雛月 さん、はじめまして。お悩みの件、拝見いたしました。

少し、広い視野から助言させていただきたいと思います。

子供の頃は、ほとんど誰でも例外なく”負けず嫌い”なんです。
これは本能的にです。
それは、出来ない事に対して”自分に悔しがる”のです。
でも、この負けず嫌いが頑張ろうと言う気持ちにつながり、
心身の成長になるので、とても重要なことなんです。

しかし、年齢を重ねていくにしたがって、自分より人がうまくできていたりすると
ねたむ気持ちや嫉妬心が出てくることがあります。
これは、”相手に対して悔しがる感情”です
これは、自分より出来る人を認める事が出来ないので、そのように思うのです。
この感情が、人を貶す原因になっています。
いじめにつながることもあります。

精神的に悩んでいる人は、似たような共通点があります。
それは、自分がされたら嫌な事を人にしてしまっていることです。
(いじめられた人は、他の人をいじめるケースは良くみられることです。)
しかもそのことに、気が付いていない事が問題なのです。

雛月 さんも、人から貶されたら嫌に思うでしょ。嫌に思う事を人には出来ない
ものなのです。極論を言わせて頂ければ、自分が死ぬ事が怖いので、人を
殺す事ができない、ブレーキがかかるのです。不治の病にかかっても
死ぬことが怖いので、生きたいという気持ちも働くことは、極めて普通の
感情なのです。

このことを、自問自答してみてください。

人から貶された時を、自分が不快になる感情を想定し、その時嫌悪感を
相手に向けるのではなく自分に意識を向け、自分が嫌に感じる事は
人には行わない、人は貶さないことを肝に銘じてみてください。

ご質問ございましたら、連絡下さい。

                 クラリオンヒーリング代表 良知秀俊
                 http://www.clarionhealing.com/mental.html

違反報告

2015年8月13日 12時38分


お礼コメント

その通りですね。

人の嫌がることはしないように気を付けます。

2015年8月30日 16時18分

初めましてmentalquestの渡辺です。
相談文読ませていただきましたが
特別おかしいところないと思います。
そもそも他人の事を自分の事のように喜んだり
悲しんだりするのって難しいよね。
貶す、貶さないは口に出すか出さないかの違いに過ぎなく
他人と同じでなくても当然良い訳で
無理して褒める必要もない。
「あなたはそうなのね。」「でも、私はちがうわ。」くらいに考える
自分に自信ありげに生きてる人ほど実はすごく怯えてる
その自信がいつ崩されるか恐くてたまらない。
誰にでもある当たり前の感情が出てしまっただけで
雛月さんは相談文が筋道立てて書けるほど
本当は冷静に自分を見れる方のように感じます。
心の中は自由です。
誰もあなたを故意に傷つけはしません。

違反報告

2015年8月12日 17時21分


お礼コメント

ありがとうございます。

2015年8月30日 16時08分

新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
十分にカウンセリングの範囲ですから、遠慮する必要はないです。十分に話を聞くカウンセリングを継続すれば、改善すると思います。ご連絡いただければ、あなたに合ったアドバイスを差し上げられますので、いかがでしょうか?今のお気持ち、そして、これまでのこと、とてもよく分かりました。勇気を出して、話していただけて良かったと思います。どうぞメールまたは電話でご連絡ください。お持ちしております。

違反報告

2015年8月11日 21時55分


お礼コメント

ありがとうございます。

検討させていただきます。

2015年8月30日 16時07分

カウンセリングスタディースクール~個人カウンセリング~

雛月さん、初めまして
私はカウンセリングスタディスクールの心理カウンセラー 中原謙一と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

人が普段している行動は、普段自分自身にしている行動です。

例えば、名前さえ聞いた事のない料理を作れと言われても、作る事はできませんよね。
見た事のないスポーツについて説明しろと言われても無理です。

つまり、知らない事はできないわけです。

すると、今自分がしている行動は、当然ですが知っているからできるわけですよね。

では、なぜ知っているのか。
おそらく、人を貶すお手本があったからでしょうね。

それは、雛月さんが誰かが誰かを貶しているのをずっと見ていたとか、雛月さん自身が誰かから貶されていたとか、過去にお手本が存在しているように感じます。
そして、そのお手本になった人も、いろんな欠点ばかりを探して指摘してしまっていたのかもしれませんね。

なにより、私が個人的に気になる事は、雛月さんは自分自身の欠点を探して、全く無自覚に、無意識に貶していないか、ということです。

つまり、人が好きなものに対して欠点を探す事で、同じ事を自分がされている、もしくは過去にされた経験がおありなのかもしれませんね。


これは私が感じた事ですが、雛月さんの行動には、ある種の欲求があるように感じられます。
同時に自分の中の何かを誰かと比べているような感じもします。


直し方は、まず自分が自分の欠点探しをしていないかどうかを探し、自分の欠点探しをやめて、自分のいいところを探し続ける事です。
しかも、当たり前の事をね。

今雛月さんが当たり前にできている事は、生まれたときからできていた事ではなくて、すべて雛月さんが努力をした結果です。
ところが、雛月さんの努力を雛月さん自身が全く認めていないし、評価していない。
そして、できていない自分ばかりをみて「欠点がある自分」「欠点を指摘される自分」を証明しているのかもしれません。

まずこれを日常の行動で改めていく事をお勧めします。
そうすると、違和感とか抵抗とかが出てきますから、それが何なのかをカウンセラーと探してみるのはいいかもしれません。
原因が分かりさえすれば、対処法はいくらでもありますあkらね。


そして。人の欠点を探すというのは、実は少し方向性を変えれば才能に変える事ができます。
相手の欠点が見えるという事は、そこを補いさえすれば、その人も周りももっとよくなることに気がついているわけです。
つまり、雛月さん自身がその欠点を補ってあげる事で、相手はよりよく変わる事ができるわけです。

欠点を見つける事自体が雛月 さんの才能になり得る。
それは欠点を指摘するだけでなく、欠点をフォローするという発想が必要なんですよね。

その才能を伸ばすというのも一つの方法です。

直しても良し、よりよく使っても良し。
私は両方をお勧めしますけどね。

この提案に対して、カウンセリングは有効と感じられます。
通常の心理カウンセリングの他に、グループセラピーなど、実践的に人の欠点を補う練習をしていく事、そして、その結果皆が仕合せになる様を経験する事がなにより効果があるでしょうね。

できる限り心理学的な部分は信頼できる相性のいいカウンセラーを捜して、その人に任せて、あとは日常生活で実践していく事で問題の解決は可能でしょう。
一人でやらない事がポイントですね。

その他、この問題を解消していくエクササイズはたくさんありますので、それらをお聴きになりたいときは、やっぱり相性の合うカウンセラーに相談してみてください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

雛月さんの人生が幸せに彩られた人生でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございました。

違反報告

2015年8月11日 19時20分


お礼コメント

なるほど、回答ありがとうございます。

2015年8月30日 16時06分

ピュアティケア旭相談室

雛月さん、こんにちは。ピュアティケアの長と申します。
お悩み拝読しました。

人を貶す性格を治したいとお悩みなのですね。
そのことが原因で人を怒らせてしまい、嫌われてしまうのですね。

人は皆、好みや価値観が違います。
なので自分と同じまたは似たような好みや価値観だと自然と相手を受け入れます。
一方で、自分と違う好みや価値観をもつ相手に対しては、自然と拒絶反応が芽生えます。
これはある意味、自分の身を守るための自己防衛本能の働きによるものです。

相手を敵か味方か、安全か危険かを判断しているのです。
そして敵と判断した場合、貶すという言動により自分を守ろうとしているのです。

また自分の考えが一番であり、正しいのだと思いたいという願望も重なっているのかもしれません。

雛月さんはどちらかといえば警戒心が強く、プライド高い傾向がありませんか。
人にバカにされたくないという気持ちが人一倍強くありませんか。
憶測ですので、間違いでしたらお許しくださいね。

改善方法としては、まず心をリラックスさせ開放するお気持ち、または広い心でというイメ-ジをお持ちになってください。
そして自分と好みや価値観が違う相手に対し、それらを受け入れなくてもよい。合わせなくても良い。
でもその代わり受け止める、つまりは認めて尊重するんだと考えればよいのです。
仲良く共存していこうと考えれば、避ける必要がなくなります。

今日明日にすぐ治るわけではありませんが、少しづつ改善していけます。大丈夫ですよ。

カウンセリングでは、どのような心のお悩みでもお聴きいたします。
悩みの程度は他人と比較するものではありませんので、どうぞご安心ください。
小さな愚痴から大きな心の問題まで、幅広く相談できるのがカウンセリングであり、カウンセラ-の務めなのです。

雛月さんの「変わりたい」を応援しております。

ピュアティケア
http://purity-care.com/

違反報告

2015年8月11日 17時01分


お礼コメント

回答、ありがとうございます。

確かに、私は人からバカにされたくない

という思いが強いです。

受け止める、認めて尊重するという風に

考えたを変えてみようと思います。

2015年8月30日 16時02分

はじまして。内容はおかしいことでは、ないと思います。
必ずしも人は、心のどこかで思っていることだと思います。
ただそれを、態度に出してしまうか、留めて相手にあわせられるか
この文章では、自分の性格が一番わかっている内容ですね。
悩んでまで自分の性格を直そうとすることは、それだけで、すごい事だと思います。
もう少し自分に自信を持っていいと思います。
それでもどうしても自分の性格を直したいのであれば、一度対面で
カウンセリングを受けて不安を取り除いてもいいかもしれませんね。

違反報告

2015年8月11日 17時01分


お礼コメント

確かに、その通りですね。

態度に現わさないのは重要ですね。

2015年8月30日 15時57分

あおぞら

心理カウンセラーの松下愛ノ助です

はじめまして、よろしくお願いします。

貴方様のお悩みの内容の中で大切な部分を抽出してみました。


「人の尊敬している人、好きな芸能人や歌手、

そういった人の好きな物を貶す性格で悩んでいます。

人の尊敬している人、好きな芸能人や歌手を聞いても

私は、素直に褒める事が出来ず、

褒める事が出来ても、心の中に非常に違和感を感じてしまいます。

人の尊敬している人、好きな芸能人や歌手の悪い所、

欠点ばかりを指摘したくなって言ってしまう、

自分が好きであったり、尊敬できなかったら褒められないと言いますか、

この性格がなかなか治らず、人を怒らせて嫌がられています。」

そうですね、みんなで「あの人は歌がうまいよね」とか「あの人の演技は最高だね」
と、盛り上がっている時に「そうでもないわよ、たいしたことはないわよ、貴方はあまり良く見て今いんじゃない」

びっくりしますよね、一瞬場が白けて「それジャーまたね」と言ってみんなが散ってしまう。

時々いらっしゃいますね。
「人の尊敬する人や好きな芸能人や歌手とかを聞いても、

貶さないようになりたいと思うんですが、

どうしたらそうなれるか、悩んでいます。」

悩まれ、その癖を何とかしたいと思っておられるのであれば大丈夫です。

貴方のその癖は性格です。気質ではありません。

性格は貴方様がこの世に生まれてこられた後の環境で育まれるものです。
最も多いのが家庭環境です、次に学校や幼稚園などです。

人を貶すのは生まれた赤ちゃんには全くない習慣です。
誰かのマネ、または貴方が逆に「ほめられた事が少ない」「期待されなかった」
「素敵とか、かわいいとかうーんとっても良いよ」とかの評価や誉め言葉より
何をしても怒られたり、貶されたりまだまだそれくらいではと言われ、辛い、悲しい思いをされたのではありませんか。

そのような環境で育った場合、他者依存性がとても強くなってしまい、自分に自信が持てない、自分が好きになれない、自分を否定してしまう、「どうせ私は・・・だから」
というお気持ちになりやすい性格になってしまいます。

これは未だ仮定の段階ですので正確ではありません。

貴方がこの性格を是非共治したいというお気持ちであれば、その性格を治すカウンセリングの流れと手順をご説明いたします。

もし私どものご相談ルームでカウンセリングをされその性格を治す場合の手順です。


▼まず貴方様の「人を貶す傾向はどの性格が影響しているのか」を知る必要があります

・まず貴方を取り巻く環境の全てをお聞きします。認知総合アセスメントです
 
貴方様の現在、過去心に引っかかっている、すべてを思い切りお話してください。
心の中にある荷物を全部おろして、軽くなってください。
生活の中のすべての(事実)を探り出すために貴方の心情を共有し認知致します

・次に貴方の気質の把握と分析

 同じ出来事でも「悩んでしまう人」もいるし、「悩まない人」もいる。その違いは何なのか。私たちは父母をはじめ先祖から驚くほど多くの気質を引き継いでいます。顔や声、体格だけではなく心の感じ方をDNA.遺伝子の形、脳の伝達物質の作用の仕方など,何を引き継いでしまっているかを明らかにします。

・さらに人を貶す癖がある場合の原因の把握と分析
 
私たちはこの世に誕生し,幼児期から少年少女期までの間に驚くほどたくさんのしつけ、刺激や虐待やイジメ、トラウマ等を父母やそのほかの近親者、学校や幼稚園の同級生、教師、先輩、部活の指導者などから影響を受けてしまいます。

その影響が貴方の性格として形成されてしまいます。
性格は貴方が育っていく過程で貴方の命を守るのに必要だった可能性があります。
その貴方の性格の全てをまず明らかにします。

・そして様々なストレスや人間関係の構築に対する対応力の診断分析

 私達人間は生きてる限り毎日のように様々の出来事やストレスに遭遇します。次つぎ起こる出来事や「ストレスをさばく知恵や方法を身に付けているか、いないかでストレスの蓄積度に違いが出、悩み、苦しみの深さ、大きさが変わってきます。

貴方様のストレスの対応力を診断で明らかにできます。

・心傷体験(トラウマ)の確認影響分析
 
貴方様がお生まれになってから、又はお母様のお腹の中、さらに幼児期、少年少女期に起きた心傷体験(身体的、性的虐待や暴力やイジメなど)は放置しますと
一生涯影響を受けてしまいます。そのトラウマをカウンセラーが貴方との会話で掘り起し、その影響を明らかにすることもできます。

人を貶す癖を治すための、本当の自分を知るカウンセリングで最も重要な事は性格診断と(自己価値観診断)だと思います

貴方様の心の奥にある貴方様の魂が望む、生きる為の方向性を知る、自己価値観を18項目の質問と60の言葉の選択方式で明らかになります。

自己価値観診断で貴方様の価値観やどんな事が貴方様にとって大切なのか、何が向いているのか、どんな事を大切に生きていけば良いのかを明確に知ることが出来ます。

性格を変えるという事は、新しい性格を加えるという事です。

性格は新しい生活習慣を作り上げるという事です。

本当は年齢の向上と共に新しい貴方を守る性格の追加は必要なのですが、それがうまくいかなった場合、癖がそのまま性格として定着してしまいます。

貴方様の人を貶す癖を治すため、貴方様の価値観や生きる方向性がはっきりした段階で、その価値観に基づいた新しいあなたに加えていただきたい生活習慣を提案いたします。

さらに現在の性格でご自分を否定したリ、自信を失っている原因の他者依存性の
性格の改善案もご提案してその提案の中で貴方が最も自信をもって取り組めそうな案をカウンセラーと一緒に実践してみます。

性格を治すという事はマイナスの性格は排除して新しい生活習慣を加えるという事です。大丈夫です。

これまで貴方様と同じような癖で悩んでおられたの多くが
改善され人が変わったように成長されて生活されています。


私たちの相談ルームでは最初相談に来られた方(電話相談でも同じです)がどんなに辛そうな悲しそうな、あるいは心配そうな表情でお越しになっても、カウンセリングが終わってお帰りになる時、「ほとんどの方が」驚くほど笑顔で希望に満ちた表情に変わられ、足取りも軽くお帰りになられます。

とても有意義で心が幸せに楽しくなる、相談ルームです。ご心配はいりません。安心してご連絡ください。

この性格改善の行程をを踏まれることは、将来かなり役立つと思います。

どうぞ気軽な気持ちでカウンセリングの扉を開いてみてください。
欧米の先進国ではカウンセリングを利用して性格の改善や心の調子を整える事は
日常的に行われています。日本も徐々に欧米に近づいてきているようです。

「悩み、改善、解決完治を目指す」人生相談&心理カウンセリング
       「あおぞら」 松下愛ノ助 他カウンセラー一同
     電話0120-874-116
     ホームページ http://ai-aozora.jimdo.com/

違反報告

2015年8月11日 16時39分


お礼コメント

回答、ありがとうございます。

確かに、私は、両親からあまり褒められた記憶がありません。

2015年8月30日 15時56分