無料カウンセリング掲示板の質問

「人をけなして見下す攻撃癖を直したい」に関する質問

  • 受付終了

lalalalaさん

両親が他人をひどく見下す人間で、
常に誰かの悪口を言い、けなしていました。

もちろん私も毎日けなされ馬鹿にされ、
家族中が当たり前のようにけなし合いの毎日でした。

同じように私達も兄弟で競うようにけなし合い、
他人の悪口を言い合いました。

冗談とか笑い合う感じではなく、
本当に相手の痛いところを突いたり
人を傷つけたいという気持ちからの行動です。

子供のころからけなすのが当たり前、
けなして口が悪い方が勝ち、
みたいなところがあったので
今でも家族以外の他人を誰でもけなしてしまいます。

直接本人にも言ってしまいますし、
その場にいない誰かの悪口を常に言ってしまいます。

特に目上の人間をけなす傾向にあるように思います。

自分でも口が悪いと思いますし
これでたくさん失敗しましたしよくない癖だと思うので
なんとか治したいです。

どうすれば攻撃癖が治るでしょうか?

違反報告

2015年8月5日 21時08分

無料カウンセリング掲示板の回答

クラリオンヒーリング(気功・整体)

ピンクさん、はじめまして。お悩みの件、拝見いたしました。

人をけなして、見下す攻撃癖を持っているのは、他のカウンセラーさん
ご指摘のように、親からの影響を受けています。この時、家族の言う事を
受け入れてしまったので、同じような癖がついているのです。

ご家族の方のけなし合いは、自分のうっぷんを晴らしたいだけで、言われた
側の感情はほとんど気にしていません。気にしていないので、躊躇すること
なく批判できるのです。

人をけなしてしまうのは、自分に劣等感があるからです。自分より、他人が
上にいることを認めたくないのです。目上の人をけなしてしまうのは、この
為です。別の言い方をすれば、ひがんでいるとも言えます。

劣等感の無い人は、素直に人を褒める事ができます。

ピンクさんが、御自分にどんな劣等感があるのか?向き合ってください。
その方法は、鏡で自分の姿を映しだし、深層心理を見る方法です。
”自分は、人より劣っている部分があり、比較することで自分がダメだと
思っているか?”を自分に問いかけてほしいのです。

ピンクさんは、この癖を治さないと対人関係がうまく築けないことを
自覚しています。自分自身に、気が付くことは人生において最も
重要なことなんです。それは、心が成長しなくなるからです。

人間は、幼少期ほとんど誰でも劣等感、うまく出来ないことへの悔しさをを
持っています。子供の頃は、出来ないことばかりなので、友達に出来て
自分が出来なかったりすると悔しく感じるのです。これは、他人に対すると
言うよりは、自分に対して悔しく感じるものです。

他の人達も、自分と同じような思いがあり、その劣等感を克服する為に
苦労して努力し、自信をつけていくわけです。

ピンクさんは、どのような内容で人に対して見下すような思いが出るのか
御自分に向き合ってください。

そして、人生を歩んでいく中で、どのような人間になりたいのか?
自問自答してください。

互いに気持ち良く生活した方が良いでしょ。今後も悪口を言い続けるので
あれば性格の良い人は、ピンクさんから離れていき、孤独な思いをするかも
しれません。

人に対する思いを改めることで、言動は変わってくるかも知れません。
また、他人の行動や言動をネガティブに受け取ってしまう習慣が
ついてしまっているかもしれませんので、その部分も変えなければ
なりません。
                    クラリオンヒーリング代表  良知秀俊
                    http://www.clarionhealing.com/mental.html

違反報告

2015年8月7日 16時25分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。

劣等感、ひがみ、悔しさ、全部当てはまりました。
自分の本当の気持ちに納得がいきました。

もっといろいろな状況や悪い癖を見直してみたいと思います。
ありがとうございました!

2015年8月9日 00時41分

新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
たぶん、あなたが気づいているように、家庭環境が原因でしょうし、習慣になっているのですから、改善するには、多少の時間もかかるかもしれません。よろしければ、一緒に考えていきませんか?まずは、メールまたは電話でご連絡ください。お待ちしています。

違反報告

2015年8月6日 17時42分


カウンセリングスタディースクール~個人カウンセリング~


ピンクさん、ご質問ありがとうございます
私はカウンセリングスタディスクールの心理カウンセラー 中原謙一と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

人を見下すという行為についてですが、なぜ人を見下すのでしょうね。

実は人を見下す人には強い劣等感があり、誰かに絶えず見下されている感覚を持ちます。
ですので、誰かを見下すことで劣等感を埋め合わせしようとしているのでしょうね。
そして誰よりも自分自身を見下しているわけです。
これが劣等感になります。

読ませていただいた限りでは、ご家族全体、特にご両親の劣等感が強いようですが、おそらくご両親の子供時代も同様の家庭に育った可能性がありますね。

劣等感を持った親に育てられた子供は、親の劣等感をコピーして自分の劣等感にしてしまいますから、ピンクさんの癖、この場合劣等感そのものが「親のコピー」なのでしょう。

言い換えれば、ピンクさんオリジナルの劣等感はそれほど強くはないということです。
なぜなら、もしピンクさんの劣等感が強ければ、この問題で悩まないからです。

ですので、この問題自体が「家族の問題」であって、ピンクさん個人の問題ではないといえます。

見下す、攻撃的な癖を直すには、その大元である「劣等感」の下に隠れている部分を扱う必要があります。

劣等感はゲームの中ボスくらいですから、まだまだ大ボスやラスボスが控えている、と考えていただいていいでしょうね。

今回の問題に関していえば、中ボス2人くらい扱えばかなり楽になると感じます。

簡単なエクササイズとしては、いつもしていることと逆のことをしてみるといいです。

けなすのではなくて、褒めてみる。
悪いところを指摘するのではなくて、いいところを評価してあげる。

それで相手がどう反応して雇用がそれは無視してください。

癖は理解(気づき)と反復で修正できるものもありますから、今回は今ある癖に新しい癖を上書きしてしまおうという考え方です。

うまくできない、難しいとお考えであれば、相性の良いカウンセラーやグループセラピーなどがおすすめです。

良き友人を持つことも長期的に大切なことですね。

できることはたくさんありますし、癖を直すことも不可能ではありませんので、頑張らずに楽しくチャレンジしてみてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ピンクさんが毎日笑顔でいられるような未来になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございました。

違反報告

2015年8月6日 13時50分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
たくさん為になることを教えていただきとてもうれしいです!

自分の中の大ボスやラスボスの存在にも気付きました。
まずはいつもと逆のことをするようにし、
中ボスを少しずつやっつけていきたいと思います。

とても励まされました。ありがとうございます!

2015年8月9日 00時36分