無料カウンセリング掲示板の質問

「どうしたらいいかわかりません」に関する質問

  • 受付終了

サーレーさん

私は今精神病で苦しんでいます。
具体的な症状は、不安感、恐怖感、頭痛、胃腸の痛み、吐き気、胸の苦しさ、抑えられないイライラ、死にたいという衝動などです。
一刻も早く病院に行ったほうがいいという意見が来ることを想定して申し上げますが、精神科や心療内科には5年かけて様々な医者を受けましたが、どこの医師も同じようなことしか言わず、診察は5~15
分程度、処方される薬も効いたような感覚は一度もなく、むしろ副作用のほうが強かったと思います。
そんな状態の今も、悪い事が立て続けに起こったり家族が理解してくれなかったりで、一向に良くなりません。
少し自分の性格の事と昔の事をお話すると、私は今現在26歳なのですが、子供の頃から人一倍怒られて育ってきた記憶があります。そのため、今の症状は子供の頃の環境が強かったからと思います。親からは怒られる度に頭を殴られ、小学校の頃は担任から髪の毛を引っ張られたりもしました。高校の時は吹奏楽部に入ったのですが、周りより楽器の覚えが悪く周りにも迷惑ばかりかけ、顧問の先生からは「お前の人生は適当でいいが、周りに迷惑だけはかけるな」と言われたこともはっきり覚えています。その時に、「あ、自分の人生は適当なんだ。先生に言われたら反論できないな。」と感じました。
そして、自分の性格が本格的に病気だと感じ始めたのが大学の時でした。ゼミの卒業論文の研究経過発表の時に、人前で極度にあがってしまい、異常なほど汗が吹き出し、話せなくなってしまったのです。その場は何とかやりすごし、論文も提出でき卒業することができたのですが、その先が更なる地獄でした。
就職のため地元山形から東京に状況したのですが、仕事に就いてから病状が悪化し、異常な不安感や恐怖感で職場に出られなくなり、その後心療内科に行き、病状を説明して薬を出して頂いたのですが、一向に治る気配がなくそのまま一年過ぎてしまい、その後も色々なアルバイトに挑戦しましたが、病気のせいでどれも3ヶ月と続かず、状況3年目で遂に山形に帰る事になりました。しかし、病気の事を親に説明しても、「それはお前の性格の問題だ」という感じで理解してくれず、家では精神が逝ってしまっていると煙たがられる毎日です。最近では、朝になると頭痛、または胃腸の痛み、またはそのどちらもという最悪の目覚めが続いていて、生きているのが辛いです。死ねるなら死んでしまいたいです。
一番頼りになるはずの親からは理解されず、医者も効果がまるでない、しかし辛い毎日だけが続く。私はいったいこれからどうして生きていけばいいのでしょうか。私はただ、生まれてきた以上は自分らしくありのままに頑張り、自分らしい幸せを手にしたいだけなのです。もう26年もの時間を無駄にしてしまいました。本当に何のために生まれてきたのかまるでわかりません。

違反報告

2015年7月31日 11時40分

無料カウンセリング掲示板の回答

カウンセリングとどろき院

初めまして、拝見しました。

自律神経失調症、心身症のようです。
心身の過剰ストレスや代謝、生活習慣などに対し、特定の栄養素・機能栄養素などの不足から今の現状になります。

普通に戻る気は、お薬でなく専門的機能栄養素などの対応が、2~3ヶ月必要です。

交感神経の一方的緊張などが起きています。
身体では、炎症・硬縮・浮腫み・代謝異常・見えない怪我(腰痛・肩凝り・頭痛・関節痛・・・・・便秘・・・しびれ・・・・・・)、知覚の低下などさまざま起きてきます。
心・精神では、不安・緊張・恐怖・敵対感・イライラなど不安定に陥ります。

そのような過去の専門的清算が、普通に戻るには必要です。
お薬は、対症療法ですから呑んだ時だけ、しばらく気分などか楽になる現象に過ぎません。

跳ね上がって枯渇すし不足する栄養素・機能栄養素を専門的にとることが、修復治癒過去の心身の清算になります。

不調などの放置が長いと、内臓系などへ不調・病が進行していきます。

当院のHPやそのリンクなど参考にされてください。
「治癒1番ネットとどろき院」では、全国iネットから、PCやスマホなどからも対応できますので、お気軽にご利用ください。

                                    カウンセリングとどろき院
                                           竹本 豊

違反報告

2015年8月3日 16時04分


ピュアティケア旭相談室

サーレーさん、こんにちは。ピュアティケアの長と申します。
お悩み拝読しました。

本当に辛かったでしょう。
不安感、恐怖感、頭痛、胃腸の痛み、吐き気、胸の苦しさ、抑えられないイライラ、死にたいという衝動・・・
これだけでも辛く苦しいのに、親に理解されない、医者も効果がないとなれば、もうどうしてよいかわからなくなってしまいますよね。

これらの症状の原因は、幼少期の環境のせいだと思われているようですね。
私もそう思います。
幼少期における環境や親、教育者たちによる暴力行為によって負ったは心の傷は大変深いものです。大人になれば治るというものではありません。

文面からは八方塞の状態だと感じます。
窮地に追い込まれ、崖っぷちにたっている状態だと想定してみましょう。
このような状態だとしたら私だったらよい意味で開き直ります。

考え方には色々あると思います。
何が正しいは抜きにして一つの例として受け止めてみてください。

例えば、
過去の出来事なんて関係ない。(戻れないし、考える必要はない)
誰にも理解されなくても良い。
誰も信じられないのなら、自分だけは信じよう。(他人ではなくまず自分)

いかがでしょうか。
今の症状は親や他人から受けた暴言・暴力、理解なき親、育った環境のせいだというのが事実だとしても、そこに執着があるかぎりなかなか良くなってはいきません。
むしろそのような苦難の連続があるからこそ、成長していけるのだと捉えるほうが断然楽になるでしょう。
一流の人物といわれる人の共通点として「常に孤独」との闘いというのがあります。
言い換えれば、誰にも本当の理解はされないのです。それでも世のため人のためにと孤独と闘いながらも前に進み続けるのです。
周りに変化(例えば両親)を期待してはいけません。
自分が変わらなければ何も変わらないのだとおもって間違いありません。

かなり厳しい内容でしたか。これはあくまで一つの考え方なので、こうしなければいけないということではありません。
ただ何をするにも、それなりの決意と勇気は必要ですよね。

無理はしなくてよいと思います。
少し極端で厳しい一例だったかもしれませんが、少しずつ出来ることから目標をたててやっていけば良いとおもいます。

いつしか必ず苦労が報われる日がきますよ。
その時はじめて全ては無駄ではなかったと気付くことができます。
全ては前だけみれば良いのです。

応援しております。

ピュアティケア
http://purity-care.com/

違反報告

2015年8月2日 00時34分


あおぞら

心理カウンセラー&ライフセラピストの
       松下愛ノ助でございます
貴方様のお悩みの深刻さを思いますと、本当にお気の毒に思います。
  まず貴方様のお悩みについてご相談の内容をしっかり把握させていただきます。
<ご相談の内容を読ましていただき、解決の糸口となりそうな重要な部分を
 書き出してみました>


1、私は今精神病で苦しんでいます。
具体的な症状は、不安感、恐怖感、頭痛、胃腸の痛み、吐き気、胸の苦しさ、抑えられないイライラ、死にたいという衝動などです。

2、精神科や心療内科には5年かけて様々な医者を受けましたが、どこの医師も同じようなことしか言わず、診察は5~15分程度、処方される薬も効いたような感覚は一度もなく、むしろ副作用のほうが強かったと思います。

3、今現在26歳なのですが、子供の頃から人一倍怒られて育ってきた記憶があります。そのため、今の症状は子供の頃の環境が強かったからと思います。

4、自分の性格が本格的に病気だと感じ始めたのが大学の時でした。ゼミの卒業論文の研究経過発表の時に、人前で極度にあがってしまい、異常なほど汗が吹き出し、話せなくなってしまったのです。

5、仕事に就いてから病状が悪化し、異常な不安感や恐怖感で職場に出られなくなり、その後心療内科に行き、病状を説明して薬を出して頂いたのですが、一向に治る気配がなくそのまま一年過ぎてしまい、その後も色々なアルバイトに挑戦しましたが、病気のせいでどれも3ヶ月と続かず、状況3年目で遂に山形に帰る事になりました。

6、最近では、朝になると頭痛、または胃腸の痛み、またはそのどちらもという最悪の目覚めが続いていて、生きているのが辛いです。死ねるなら死んでしまいたいです。

7、一番頼りになるはずの親からは理解されず、医者も効果がまるでない、しかし辛い毎日だけが続く。私はいったいこれからどうして生きていけばいいのでしょうか。私はただ、生まれてきた以上は自分らしくありのままに頑張り、自分らしい幸せを手にしたいだけなのです。もう26年もの時間を無駄にしてしまいました。本当に何のために生まれてきたのかまるでわかりません。
<ご相談に関して専門家としての私の所見と感想をまとめてみました>
貴方様の現在の症状はうつ症の中度から重度、そしてそのうつ症が影響して自立神経にかなりの乱れが生じている状態だと推察できます。
これまで貴方様が育ってこられた家庭環境や学校での影響で他者依存心が強くなり自己価値観や自己信頼感が極度に低下し自己否定や自信喪失に繋がっておられるようです。
そして心の奥に貴方の「本当はこう生きたい」という願望が
あるのにご自分が思うような生き方が出来ていない事で起きる心の葛藤も起きていると思います。
さらに貴方の祖先から遺伝子の形で引き継いでしまったトラウマの影響も考えられます。
.
.<もし私どもが貴方様のお悩みを解決するカウンセリングを行わせていただく
.場合の手順を申し上げます>
 1、貴方様のお悩みを確実に解決する為に最も重要なお悩みが起きる原因を
掴むための5つの診断を行わせていただきます。
 1(性格診断)
幼児期以降、育った環境から育まれてしまった、性格がどの性格なのかを持たれているの
かを39種類の性格の中から確実に明らかになります。
  2(気質診断)
  生まれたときから遺伝子・DNAとして背負って来られた、どの気質が今回のお悩みを
につながるものか、64種類の気質なの中から確実に明らかになります。
3(自己価値観診断)
 ご相談者の心の奥にある生きる為の方向性を決める、自己価値観を18項目の質問と60の言葉
の選択方式で明らかになります。
  4、心傷体験(トラウマ)診断
現在の悩み発生に影響のある、トラウマを貴方様との問答で明らかにします
今回の貴方様の悩みが起きる悩みの解決には1つ目の性格診断、2つ目の気質診断、3つ目の自己価値観診断が特に重要です。
まず自分が大切にしている、生きる魂である「自分の価値観は何なのかを知る」そして「自分はどのように生きる事が自分にもっともふさわしいのか」「自分がまだ知らない自分の可能性」も知っておくことが大切です。
< 4つの診断の結果の分析をもとに貴方様の悩みを確実に解決する手順は下記の通りです>
まず、性格診断分析の結果、貴方様の現在の性格がほぼすべて明らかになります。
 特に依存性の強い性格の方は、様々な悩みやストレス、うつ症が発生する原因となってしまいますので
 早急に改善の必要が有ります。カウンセラ―が貴方に最も合った方法を提案し
 あなた様との共同作業で改善解決させていただきます。
次に気質診断で貴方様の現在発現しているすべての気質が明らかになります。
 貴方が現在悩んでおられる原因となっている気質を心理療法で縮小したり
 そカウンセラ―が貴方に最も合った方法を提案し
 あなた様との共同作業で改善解決させていただきます。
原因となっている気質が発現しないように他の気質でかぶせるやり方で改善解決致します。
さらに自己価値観診断で貴方様の価値観やどんな人生、何が向いているのかを
明確に知ることが出来ます。
貴方の現在の生活習慣や生き方も一部変える必要が有ります。その場合生活習慣に新しく加えていただく内容はカウンセラーが貴方に最もふさわしいと思うプランをいくつか提案しその中から貴方様が自信をもってできそうなものを選択していただきます。
お仕事も貴方様の価値観に合った分野、職種に就職された方がよいと思います。貴方の価値観に合ったお仕事に就職したいと思っておられる場合、貴方の価値観に合った天職探しも、カウンセラーが一緒にお手伝いをします。
4つ目の心傷体験(トラウマ)診断で貴方の現在の悩みや苦しみの原因となっているトラウマが判明しましたら、心理療法の心傷風景連想法及び再解決法でトラウマそのものを削除したり内容を変更することもできます。カウンセラーとの共同作業で出来ます。
以上の方法で貴方様の悩みは間違いなく改善、解決できます。
私たちの相談ルームでは、お悩みの完全・完治を常に目指し、取り組んでいます
ご相談者の方から「本当に良くなりました、改善解決しました、本当にありがとう」の
声をいたたく最後までご支援をいたします。ご安心下さい

安心してお電話でも直接面談方式でもご自由にご選択なさって下さい
   
現在みなさまへの「感謝のキャンペーン」中でカウンセリング料も特別割引料金
でお手軽な料金になっています。

当相談ルームでは直接お逢いしての面談カウンセリング又は
固定電話・携帯電話・スマホ・スカイプを使ったご相談、どちらでも選択可能です



   「悩み、改善、解決完治を目指す」人生相談&心理カウンセリング
       「あおぞら」 松下愛ノ助 他カウンセラー一同
     電話0120-874-116
     ホームページ http://ai-aozora.jimdo.com/
      ご予約・お問い合わせのアドレスです
        http://www.ai-aozora.com/%E3%81%94%E4%BA%88%E7%B4%84-%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/
       コピーしてお使いください



違反報告

2015年8月1日 12時59分


澤田和彦カウンセリングルーム 丸和サワダ株式会社

 初めまして、心理支援士 心理カウンセラーの澤田と申します。

 サーレーさん、病状なのか?それとも子供の頃の環境が要因となって
おられるのか?不安感と恐怖心に脅える歳月に、限界を感じられ…こちらの
サイトにご相談をと勇気を出して投稿下さいました事に感謝致します。

 サーレーさん、良くぞお話下さいました事だと…良くぞ、勇気をお出し下さいました
と感謝致します。サーレーさんが言われます様に、大きく自信を見失っておられたり
自己の存在価値観を見失っていられる事で…精神的にお悩みの方は少なく
ございません。

 そして、サーレーさんと同様に心療内科や精神科へ通うも…根本的な問題は
解決できない間々、年月だけが過ぎてしまうという方々も少ないない現状です。

 こちらは、サーレーさんの言われます通り…子供時代に受けた家庭環境などの
要因が非常に高いと考えられます。言わば、心理的要因と呼ばるものです。

 人の性格形成や人格形成は、人の成長過程の中で…幼少期から子供時代に
かけての家庭環境や親からの影響を受ける事が大半を占めております。

 サーレーさんのお話をお窺いしますと、幼少期にとても重要になります
親にやんちゃを言ったり、我がままを言ったりと無邪気に子供らしい時期をお過ごし
になる事が極めて少ない状態だったのではないかと感じております。

> 子供の頃から人一倍怒られて育ってきた記憶があります。
こちらのお言葉より、知らず知らずの間に無意識の内に…自己の存在価値観に
ついて過剰に低く感じておられた事が、大きな要因となっておられると感じて
おります。

 心理用語で、ご自身の存在価値観を低く見積もると表現する事もございますが
サーレーさんご自身に取っても、無意識の中で大きく自信喪失状態となられ
高校時代・大学時代とお過ごしにならえてみえた事が垣間見えます。

> 周りより楽器の覚えが悪く周りにも迷惑ばかりかけ、顧問の先生からは
> 「お前の人生は適当でいいが、周りに迷惑だけはかけるな」と言われたことも
> はっきり覚えています。その時に、「あ、自分の人生は適当なんだ。
> 先生に言われたら反論できないな。」と感じました。

> そして、自分の性格が本格的に病気だと感じ始めたのが大学の時でした。
> ゼミの卒業論文の研究経過発表の時に、人前で極度にあがってしまい、
> 異常なほど汗が吹き出し、話せなくなってしまったのです。
> その場は何とかやりすごし、論文も提出でき卒業することができたのですが、
> その先が更なる地獄でした。

 高校時代の大好きだったはずの吹奏楽部では、顧問に関しましては指導者として
あるまじき発言です。個人の技量や上達度については、もちろん個人差があり
それを総括して上手くチームワークを作っていくのが指導者としての必須条件です

 サーレーさんも大好きな吹奏楽を行う中で、技量に関しては別問題とさせて
頂きます中で…少なくても吹奏楽を楽しんで、ご自身の喜びに繋げて行きたいと
いうお気持ちでおられた事だと思います。

 自信を見失っておられた事で、負の連鎖の様に悪循環になられ…精神的に
本当にお辛い毎日だったかと想像しております。

 この様に、心理的要素が要因となっておられますサーレーさんに解決・改善として
心理カウンセリングをお受けになられます事をお薦めさせて頂きます。

 心理カウンセリングでは、来談者中心療法と呼ばれます…ご相談者のサーレー
さんのお話を全て肯定させて頂く聴く技術というのが大きな特徴です。

 又子供時代に大切にされなかった事で、自己の存在価値観を見失っておられる
事に対しまして…アプローチをさせて頂きます感情処理療法などを用いりまして
解決・改善に導いていく療法になります。

 心理カウンセリングについて、社会認知度が高い先進国アメリカ合衆国などとは
違い日本ではまだ社会への浸透性が低い事で…疑問に感じられるかも知れません
がここ近年で、心理カウンセリングの技術が進歩しているのも確かな事実です。

 又私は医師ではなく、心理カウンセラーですので…心理カウンセラーの知識の
範囲内でお話をさせて頂きます事にご理解をお願い致します。

 サーレーさんの様に、幼少期から子供時代の環境が要因となり…大きく
自信喪失感に陥っておらえる方の場合ですと…心療内科などのお薬の投与は
情緒不安定や抑うつ状態の方を、和らげる作用はございますが根本的な問題は
解決に至る事は極めて困難でございます。

 サーレーさんに取っても、子供時代からという長い年月の蓄積がございます事で
複数回の心理カウンセリングが必要になって来ると考えられますが

どうか、サーレーさんが見失っておられます自信を取り戻して頂きまして
自己の存在価値観を見直される良き、きっかけとなられ…サーレーさんらしい
生き方に辿り着いて下さる事を心から願っております。宜しくお願い致します。
ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくご質問下さい。

心理支援士(有資格者) 心理カウンセラー
取締役 澤田和彦のカウンセリングルーム
丸和サワダ 株式会社

違反報告

2015年8月1日 11時42分


新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
医者との出会いが不運だったのかもしれません。でも、諦めずに探せば、きっと適切な医者に出会えるはずです。ただ、それまでの間だけでも、お手伝いさせていただきますが、いかがですか?今のお気持ち、そして、これまでのこと、とてもよく分かりました。勇気を出して、話していただけて良かったと思います。ここでの出会を大切にしたいと思います。まずは、メールでご連絡ください。お待ちしています。

違反報告

2015年7月31日 21時44分


カウンセリングルーム Flow 電話カウンセリング

はじめましてカウンセリングルームFlowの馬場と申します
サーレーさんのお悩みを拝見し書かせていただきます

自分らしく生きたいのに生きられない
そして自分なりの幸せを掴みたいのに
不安や恐怖 そしていくつもの症状に悩まされ 阻まれ
苦しんでおられるのですね

今までよくがんばりましたね

まず最初にお聞きしたいのは
どのような診断を病院で受けられたのかということです

うつ もしくは 不安障害などでしょうか
それともまったく別のものでしょうか

病院にいくのがいいとは言いません

投薬による改善というのは 対処的に症状を抑え
精神的な安定を促すだけであり
安定した状態で考えなどを整理する余裕を作るために行っているものが多いでしょう

少々失言になりましたら申し訳ありませんが

ご両親からは
それらの症状が
サーレーさんの正確の問題だと言われたようですが

そうではないでしょう

サーレーさんは 不器用かもしれません
また生真面目かもしれません

そのような性格にならなければ
ご家族の中で
社会の中で
生きていくのが辛かったのではないですか

そのようにしたのは 不安を恐怖を感じさせていたのは
サーレーさんの周囲の人々
ご家族の方々ではないですか

そうであれば その性格のせいではないでしょう

それを作り上げてきた人たちの問題でしょう

恐怖や不安がまったくないということは非常に稀なことです

ただ現状そういったものが非常に強く感じられることで

サーレーさんの行動 意思決定 生活を阻害しているのでしょう

つまりは安心できないこと その状況 環境それらに苦しめられてはいないでしょうか

サーレーさんのお話の中には数人の人がでてきていますよね
その人たちに対し どのような思いがあったでしょうか

読ませていただいた範囲では
すべてがサーレーさんの責任であり
サーレーさんが悪いと決め付けているように感じます

そして そういった脅迫ともいえる言葉に
緊張し 不安を感じ それでも必死に生きてこられたのではないかと思いますがいかがでしょうか

サーレーさんにとって人とはどのようなものでしょう
そして 人とかかわることをどのように考えているでしょう

憶測になりますが 自分が自分の考えが思いが受け入れられない
理解はされない
否定されるだけではないか
そう感じてはいないでしょうか

そしてそれが 不安 恐怖を生んではいないでしょうか

そうであれば 医師の処方する薬よりも
サーレーさんのお話を伺い そして その不安や恐怖を解消する手段として
心理療法 カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか

選ぶことにも迷われるかもしれません
ですので こちらに回答している諸先生方でも構いません
また 別の質問に対し 回答している方の中で
サーレーさんが話しやすいと感じたり
相談してみたいと感じた方を選んでも構いません

自分にとってどのようなものが 快適で安心できるのか
そしてそれはどうすれば手に入るのか
一人でわからなければ
相談できる人を見つけてみてほしいのです

それが第一歩 どうすればよいのかの回答ではないかと思います

また 通院している病院があれば 担当している医師に
カウンセリングを受けても良いか
または
その医院にて カウンセリングを行っているか それも聞いてみてもよいでしょう

まだできることはあります
そして生きることを諦めなくてもよいのです

生きることを諦めてほしくはありません

これが参考となれば幸いです
ご質問ご相談がございましたら どうぞご連絡ください
サーレーさんのお力になれればと思います

違反報告

2015年7月31日 21時34分