無料カウンセリング掲示板の質問

「精神的にまでくる部活動を辞めるか辞めないか。」に関する質問

  • 受付終了

弱虫の泣き虫さん



 私は高校2年生です。今、部活を辞めようか悩んでいます。

 私はテニス部なのですが、顧問のテニスと、自分のテニスが合いません。もともと、中学では軟式テニスをしていました。高校での部活動体験入学で硬式テニスを体験しているとき、部活動での一番大切な大会。総体にエントリーしたと言われ、渋々テニス部に入りました。今となっては、この時、考え直したら良かったのかもしれません。

 部活動では、厳しく楽しく。そんな時、私は睡魔が小学校から絶えず、精神的にも辛くなって病院に行きました。その時、私は自分が初めて【過眠症】ということを知りました。最低でも7時間は睡眠が必要と診断され、夜も早めに寝ること。しかし、進学校に通っているため、早めに寝ることなんて宿題等に押され最低でも12時に寝ていました。朝練もあったのですが、朝練は控えるようにしていました。

 しかし、高校1年の冬休み明け、顧問が朝練を来るように。と、言いました。朝練に行くのは苦ではないのですが、行くたびに授業について行けれなくなりました。もともと勉強が得意ではない私は成績が下がるばかり。


 母子家庭の私は、昔は兄がいたものの、一人立ちしたため、子1人母1人で暮らしています。母も朝から晩まで寝る間も惜しんで働いているため、私は家事もしなければなりません。勉強しなきゃいけない。家事もしなきゃいけない。睡眠も取らなきゃいけない。精神的にも結構きています。

 部活動での同学年3人の中で私が1番強いのですが、ここ最近では、私は何かしら理由を付けられ、遠征や練習試合は先輩方と2人揃って行き、私を置いて行くことが多くなってきました。

 母にもどうしようか相談・・・というか、ただ話を聞いて欲しかっただけなのに「嫌ならやめろや。聞かされるこっちが嫌や」と言われました。


辞めれるものなら辞めたいですが、他校にいる相方や今まで高い道具にお金を出してくれる母。部活を辞めたことで周りの人から「母子家庭だから」と母を傷つけるようなことはしたくないです。

自分を犠牲してこのままテニスを続けるのか、精神的にも不安定になるくらい悩んでいます。


長々とすみませんでした。

違反報告

2015年4月3日 13時05分

無料カウンセリング掲示板の回答

 こんにちは。関門心理相談センターと申します。
 「弱虫の泣き虫」さんと名乗っておられますが、ここにこそ問題点があると思います。
 いい名前を思いつきませんが、とりあえず「孤独に耐える強い人」へ。高校2年生の方ですね。

 内容からして、心理カウンセラーというよりも、もっと適当な誰かに相談できるといい内容と感じました。

 日常生活で相談する時には、<斜めの関係>が、最も相談しやすいと言われています。
 お母さんよりは、伯父さん、叔母さん。あなたの場合、他校にいる相方。ライバル高の監督や同級生、先輩。相性の合う先生などなど。

 あなたは弱虫とは思えません。人前で泣かないのなら、泣き虫でもなく、むしろしっかりとした人だと思います。
 なので、普通、対面して心理カウンセリングに入ると、最初のうちはアイデアを出すのではなく、ご本人のお話しをまず聞き続けるのですが、あなたには、色々な可能性を提示しても、大丈夫そうだと思うので、そうさせていただきます。

 以下には、間違っているところもあると思います。たった1回の応答なので、ご容赦ください。

 さて、なぜお母さんに相談できないのか、それは、お母さんこそが「弱虫の泣き虫」になってしまう可能性の高い、当事者の1人だからです。お母さんは、こんな風に思っていないでしょうか?
 『私が離婚したから、悩ませてるんだ。道具を買ってやったんだから、部活を続けていいに決まっているでしょ。私の犠牲になったふりなんかしないでよ。成績は高い方がいいけど、厳しい状況だから、少しはしょうがないわね。いつも家事を手伝ってくれてありがとう、でも卒業までお礼なんか言う余裕ないわよ…。』

 そしてあなたは、同級生の高い壁になっていないでしょうか?
 『いつも練習に来ない癖に、私達よりも強いんだから、やんなっちゃう。絶対に追い抜かしてやる!!!』
 朝練に毎回出ているみんなの、頑張る意欲が湧きますよね。同級生にとっては、あなたのお蔭で遠征にも行けて『しめしめ』ですよね。

 監督も色々考えているでしょう。
 『正直言って、こいつが朝練に来さえすれば、八方丸く収まるんだが…。でも、口には出せないが、やっぱり家庭が大変なんだろうな…。』

 色々考えていると、あなたは、偉大なお母さん、妻、大人の女性になれる可能性を秘めた人だと思います。

 私の尊敬する女性に、家事・育児・介護。仕事・専門の勉強・妻と、色々な役割をこなしている方が何人もいます。どう見ても、あなたは、そういった女性達と同じ道を歩いているようです。

 心理カウンセリングは、道が見えない時にこそ、有効なものだと思います。
 あなたは、取捨選択すればいいだけの状況なので、通常のカウンセリングでなくても、充分だと思います。
 あなたに不足している事があるとすれば、自己否定ばかりするのではなく、ご自分の姿をきちんととらえて、あなたの本当の強さに気付く事が大切で、そうする事が、あなたの人生を豊かにできそうな気がします。

 <現状維持>はどうでしょうか?

 勉強は大事です。あなたは無意識に、「お母さんを楽にさせたいから勉強して、いい職に就きたい」なんて思っているのではないでしょうか?
 「でも、家事をしないといけない。睡眠も大事。」
 ならば、朝練は、完全に欠席してはどうでしょうか?
 中途半端が気持ち悪ければ、事情を監督だけにとか、場合によっては、上級生までとか、同級生にだって打ち明けてもいいかもしれません。

 同級生達は色めき立つでしょう。『チャンスだ!』
 追い越されれれば、彼女たちがレギュラーになれるチャンスが広がります。その状況でもあなたが実力で勝ち続ければ、それも、クラブ全体の力を向上させる効果があります。
 昔、何かのスポーツで、決められた部活の時間だけの練習で、全国大会に出たチームがありました。
 あなたも、それに似たところを目指してはいかがですか?

 あなたは、厳しい環境で、同級生達には思いも及ばない次元で悩んでいる強い人です。
 だから、身近な人になんか相談していません。それで、ここに相談しているようです。
 お母さんにも、ぶつかり過ぎないよう、手加減しています。

 あなたは、とても素敵な人だと思います。2人兄妹とはいえ、末っ子の立場なのに、精神的には大人ですよね。

 ぜひとも、周囲の色々な人達に、小出しに相談し、(つまり、世間話に見せかけて、その人に通じる実質的な相談を少しだけするとか、色々工夫できそうですね。)相手の年齢や立場など、ジャンルを問わず、色々な人の話を聞くといいと思います。違う部活の人でも良さそうです。
 学校の先生も、実は、生徒を子どもとしてではなく、相談相手にできるととても嬉しい事もあるようです。
 子どもであれば、何らかの責任ある立場にいる人、そして大人の方が、あなたの悩みの参考になりやすいのではないでしょうか?

 以上、単なる想像ではなく、今の私が、多くの母子家庭の方々と話す機会のある日常の経験から、自然に想像できる範囲で考えた事を基に書いて見ました。

 それと、20才以下の方に6~8時間の睡眠が必要なのは、自然な事であり、当然の事です。無理をしては、人生を棒に振る事がありますから、気を付けてくださいね。主治医さんが【過眠症】という病名をくれた事は、とても素晴らしい事だと思います。周囲に説明しやすいですよね。

 それでは、あなたの高校生活や、その後の人生が、実りあるものになる事を、お祈りしております。どういった行動を選択しても、あなたが決めた事が、あなたにとっての正解だと思いますよ。

 関門心理相談センター 主任相談員

 追記(この場をお借りして事務連絡させていただきます。すみません。)
 もうすぐ、私の実名やセンターの住所、立場などを公開できる予定です。以前から気にとめていただいている方々、ご迷惑をおかけしてすみません。もう少しだけお待ちくださいませ。

違反報告

2015年4月9日 20時47分


心理療法学研究室 ココロリアル カウンセラー松本英美

弱虫の泣き虫さん
初めましてカウンセラーのマツです。
部活動をやめるか辞めないかを迷っていらしゃるのですね?
ご相談読ませていただきました。

睡眠の確保
学校の成績
部活の顧問、同学年との関係
お母さん
家事のお手伝い

あれもこれも本当に大変ですね。
よくがんばっていてすごいな。と思います。
そして、限界を感じてすべてがうまくいくように解決しようと思うと本当に難しくて、つらいお気持ちが伝わってきます。

何よりも読んでいてつらく感じたのはあなたがお母さんを思う気持ちでした。
優しいお子さんですね。
きっとお母さんがあなたを優しい温かい気持ちで育てていかれたからだと思います。
それだけに苦しいことが人より多くなることもあるのでしょう。
問題を解決して1日も早く精神的に安定した生活ができるようお力になれると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

自分を犠牲にしてこのままテニスを続けるのかというお言葉からあなたの中ですでに答えは出ているように感じます。
そこで問題になってくるのがお母さんが今までやってきてくれたことに対する申し訳なさと他校にいる相方さんの件と母子家庭だから部活が続けられなかったと周りの人から言われてお母さんが傷つくことへの心配ということなのでしょう。

ここはやはり
お母さんにもう一度お話を聞いていただく時間をとっていただけるといいですね。
お母さんに思いがけない言葉をかけられてあなたはとてもショックを受けられたことと思います。
ただ話を聞いて欲しかっただけなのに。と悲しい思いをされたこととでしょう。
お母さんは朝から晩まで寝る間も惜しんでお仕事されているということでお疲れだったのかもしれませんね。
その時の状況はいかがでしたか?
またはまさかテニスをやめるなんて全くの予想外で驚かれたのかもしれません。
もしくは、あなたのご相談にあったように途中で部活を辞めたら周りの人に母子家庭だから。と言われるかもしれない。ってお考えになってそのようなお言葉がとっさに出たのかもしれないですね。

お母さんがいつもお忙しいそうでしたらお手紙ででも構いませんので
今悩んでることがあって精神的にとても苦しい。話を聞いてほしいので少しゆっくりできる時があったら教えて。ということを伝えてみられたらいかがでしょうか?
本来ならば自分のお気持ちに正直に決断されることをお勧めするのですが、あなたの場合お母さんをとても大切に思ってらっしゃるのが伝わってくるので、お母さんの同意が重要だと思います。
そしてお母さんもきっと同じようにあなたのことを大切に思ってらっしゃるだろう。ということがあなたのお人柄から伝わってきます。ですから今、あなたがどうしたらいいかわからなくてとても困ってる。ということを先にお伝えになればきっと落ち着いてお話を聞いてくださると思うのです。

これは私の考えですが
受験勉強との時間的折り合いがつかず部活を断念することはそんなに珍らしいことではないように考えます。何よりあなたは7時間以上の睡眠が必要だという【過眠症】であることがわかったことが大きなポイントになると考えてください。
あなたもお母さんも誰も悪くないと思います。
他校にいらっしゃる相方さんもあなたのお体のことを説明して時間的に続けることが難しいことを説明すれば残念がられるとは思いますが納得してくださるのではないでしょうか?

もしどうしてもお母さんがお忙しくお話できる時間がない。または納得してくださらないようでしたら私でよろしければ電話カウンセリングもメールカウンセリングもやっておりますのでご相談ください。きっとお力になれると思います。
あなたのお考えとお気持ちを十分伺った上でお母さんとお話させていただいてもかまいません。
その時は是非一度ご連絡ください。

お母さんにきちんとご自身の考えとお気持ちを伝えることができるよう応援しています。
勇気をだして一歩を踏み出してみてください。
あなたならきっと大丈夫です。

マツヒデミ

違反報告

2015年4月8日 01時40分


はじめまして

潜在数秘術を活用した主婦向けカウンセリング☆カスミン☆です。

部活のことで、お悩みなのですね。
今の公式テニス部が合わないということですが、どういう所が合いませんか?
ちょっとは、楽しい部分もあるのでしょうか。

部活動を辞めるか辞めないかと、いう中にはいろいろな要素が含まれています。

部活での人間関係のこと、部活の方針のこと、勉強のこと、家での役割のことや母子家庭で、お母さんに対しての思いだとか。

部活はとりあえずお休みしてもいいのではないかと思います。
そして、上であげたことの中で、あなたが一番辛いなぁと思っていることを整理してみて下さい。

お母さんは、お忙しくて余裕がないみたいですから、スクールカウンセラーさんにもお話ししてみてはどうですか?

私でよければ、ブログにリンクして頂いて、無料相談のところがありますから、お話を聞きます。

違反報告

2015年4月5日 16時06分


お礼コメント

ご回答ありがとうございました。


兄が一人立ちして、兄弟で手伝ってた分、私にとって荷が重くなってたと思います。

部活動に関して、学校も時々休むようになっていたので、やはり今月いっぱいでやめることにしました。そして、将来のことを考えたいと思いました。

母の事を含め、ご回答頂きありがとうございました。

前を向いて頑張っていきます。

2015年4月11日 16時22分

浜野総合事務所

1 質問者が、健康的にも経済的にも必ずしも恵まれない環境の中で、学業、部活、家事などあらゆる面で努力されていることは敬服に値します。全てのことが同時にこなせれば問題はありませんが、それが困難なことが質問者の悩みの原因となっています。
2 やるべきことが様々ありますので、それらに優先順位をつけて考えるとよいでしょう。質問者の状況では、睡眠と家事とは必要条件ですので、勉強と部活とのどちらを取るかになります。一般に生徒の本分は学業にありますので、どうしても部活を続けなければならない理由がなければ部活を辞めるべきでしょう。ただし、部活を辞めたからと言って、成績が向上する保証はありません。
3 部活に関していくつかの不安あるいは不満があるようですが、テニスの一番強い質問者が遠征や練習試合から外されるのは質問者の健康を考えてのことと思われます。母親が「嫌ならやめろや。聞かされるこっちが嫌や」と言うのは言葉は乱暴ですが、単刀直入の名言といえるでしょう。今まで高い道具にかけた経費は、部活を続けるか否かに関係なく回収不能な埋没費用というものですので、今後の経費を考えると辞めたほうが安くつきます。部活を辞めたことで周りの人が「母子家庭だから」と言うほど、周りの人は質問者の家庭環境など気にはしていないでしょう。
4 お考えのとおり、部活を続けるのも辞めるのもそれぞれ利点・不利点があります。どちらを選ぶかは、質問者自身の判断によります。判断基準は、質問者が本当は何をしたいかです。決して、自分を犠牲にする必要はありません。

違反報告

2015年4月5日 00時10分