無料カウンセリング掲示板の質問

「生きていくということが辛いです。」に関する質問

  • 受付終了

無印さん

こんにちは、無印といいます。
他の方々よりも全くもって恵まれた環境ではありますが、何か今後のきっかけになればと思い相談いたします。

現在30ちょっとで無職です。
職歴は新卒で正社員入社して7ヶ月で退職、以後7年ブランク、その後パートながら2年半ほど前〜去年末まで勤め、今年初め〜3月まで正社員でした。
パートの仕事は当時奇跡的に出来た彼女と暮らすため、始めました。
しかし2年弱で別れ、当時一人暮らしを始めていたのもあり正社員を目指し自分の資格が使えるところで就職いたしました。

ただ仕事が辛いのもありましたが自分がなんのために働いているのかと疑問を持つようになってしまい、わずか3ヶ月という短期間で辞めてしまいました。

現在実家に戻り就職活動を行っていますが、また同じように辞めてしまうのではないかと不安で自分に自信が持てません・・・
それにやりたい仕事もなく目標も夢もありません。
今自分が生きていることが申し訳なく思っています。

いくつか面接を受けましたが過去を覆すような説得材料もなく突っ込まれると顔がこわばってしまいます・・・

どう頑張っていけばいいのかわかりません。
そしてどうしたら頑張れるような気力が沸くのかもわかりません。

過ぎ去った過去はかえられませんし、最近はこのままちいさくちいさく丸まって気がついたら人知れず朽ち果ててしまえばいいのにと考えたりもします。

元々食欲にはムラがあるためか、痩せている方なのですがここ半年弱で4キロほど体重が落ちました。


小さい頃から依存的な性格なのか、友達やら先生やらにいつも懐いているような感じでした。
彼女と別れたためでしょう、依存する相手を探しもがいているような自覚があります。
きっと対象が望めばなんでも尽くす、そんな性格だと思います。
一つ間違えばストーカーにさえなりそうです。そんな自分が怖くもあります。

主体性がなく危機感もなくどこか他人事。そのくせ特定の対象には依存し離れるようなそぶりを感じるとすがりつく・・・

自分がイヤで仕方が無いです。
迷惑ばかり。
生産性もなく継続もできない。

可能ならば自分を知る全ての人の記憶から抹消されて消えてしまいたいです。

実家でのうのうと生き、親の助けで使えるケータイで書き込むのも情けないです。
でももうどうしたらいいのか。このバカなほど甘えにどっぷり浸かった自分を変えていけるのか・・・
むしろ変えずに今のまま甘え続けて最期には腐り切って果てて行くのか・・・

自分がどうしたらいいのかわかりません。

とりとめのない文になってしまいましたが、何かアドバイスがありましたらよろしくお願い致します。

違反報告

2014年8月31日 19時15分

無料カウンセリング掲示板の回答

カウンセリングとどろき院

初めまして、拝見しました。

この20~30年続く、デフレの申し子といいますか、多いパターンだと思います。
相談者(Aさん)は、しっかりされてると思いました。

人のため、好きな人のために頑張れることが、近いうちにまた、いいチャンスが来るのが人生です。

ご両親など健在で、生活に困らないようでしたらそれでいいではありませんか!
30年ほどすると年金生活ですが、どうされていますか!
年金のサービスも舛添大臣のとき、透明性や柔軟性が担保されました。

本題ですが、
Aさんは、ストレスを多く抱えておられるようです。
過剰ストレスの蓄積などあると、心身(=身体)が不安定になったり、恐怖・緊張・敵対感などおこり、いろいろととりとめもないようなことで、閉塞感などでて辛くなったりします。
そのようなときは、仕事しないでも交感神経がいつも優位となり、リラックスが出来なかったり、顆粒球の増加、アドレナリンの過剰作用など起きてるはずです。

心を安定させ、なにげないような喜びを感じられない、神経伝達物質やその細胞システムがうまく機能していない可能性があります。

今までのいろいろなことからの心身・身体の過剰ストレスの清算には、枯渇した特定栄養素を当分多目に摂ることで、いろいろな安定がでてくるはずです。

もし、器質的な長所や短所がある場合でも、生まれながらの自然な本来のAさんの姿に戻ることが可能ですし、必要だと思います。

人のためにどんなことでもいいはずです。
自己表現をされ、自由にいきてください。

まず、ご自分気づかない生活習慣の見直し、枯渇する栄養素を上手に摂ることをお勧めします。栄養素が心身・身体のすべてを翻弄したりしています。
1~2が月ほどで、大きく安定的に変われると確信しております。

                            参考まで、


当院のHPやそのリンクなども参考にしてください。
「治癒1番ネットとどろき院」では、ネットからのアプローチが可能です。


                         カウンセリングとどろき院
                                竹本 豊

違反報告

2014年9月3日 00時39分


お礼コメント

カウンセリングとどろき院様、ご回答ありがとうございます。

>しっかりされてると思いました。
ごめんなさい、現状を見てもしっかりという言葉が私に当てはまりません・・・
どのような点でそう思っていただけたのでしょうか・・・?

>ご両親など健在で~
この先どうなるか分からないのでどうにかしたいと思って居ますが思うように気力も沸かず、何かをしても上手くいっていません。

>30年ほどすると年金生活ですが、どうされていますか!
なにも出来ていません。私自身ではどうすることも出来ません。


>枯渇した特定栄養素を当分多目に摂る
どういったものなのでしょうか。(ごめんなさい、HPはまだ拝見しておりません)

>人のためにどんなことでもいいはずです。
>自己表現をされ、自由にいきてください。
具体的にどういうことが当てはまるのかはイメージできませんが、何か探してみようと思います。

2014年9月5日 16時47分

コリトル

無印さん

こんにちは。

コリトルのノブと申します。

無印さん、あまり、ご自身を責めたり、卑下なさったり、なさらないで下さいね。

もう少し、詳しくお聴きしないと、回答しきれない面もありますが、

無印さんの場合、

今まで、「やりたい」という感情が伴わないまま、仕事や人間関係を築いてきてしまった。
そして、その結果、疲弊してしまった。

そんな状況のように思えました。

なので、無印さんが、「感情的にプラスになること」を見つけることで、解決の糸口が見つかるのではないかと思いました。

「感情的にプラスになること」とは、

理由は(わから)ないが、

気持ちいい(よさそう)。
楽しい(そう)。
面白い(そう)。
なことです。

そのようなことに、触れてみることで、徐々に、無印さんのやりたいことも、見つかってくるような気がいたします。


ちなみに、無印さんは、幼少期や、小学校や中学校の頃、どんなことをよくやっていましたか?

夢中になった遊びとか趣味とかはありませんでしたか?

反対に、やりたかったけれど、できなかったこと等は、ありませんでしたか?

また、7年間のブランク期間は、どんなことをやっていらっしゃったのでしょうか?

もし、よろしければ、その頃の思い出等、心に残っていることをお教えいただけたらと思います。

それと、もし、可能でしたら、ご両親は、今の無印さんの状況について、どのようにおっしゃっていらっしゃるのかも、お教えいただけたらと思います。

公開がはばかられる時は、
temomikoritoru@gmail.com
へのメールでも、大丈夫です。

失敗や上手くいかないことは、悪いことではありません。

あきらめないでいただけたら幸いです。

違反報告

2014年9月2日 16時49分


お礼コメント

コリトル様、ご回答ありがとうございます。

>「感情的にプラスになること」
基本的に手を動かすことは好きなので、気分が乗れば色々触ったりするのですが、最近はやり途中のまま、やらずじまいといったところです・・・

>幼少期や、小学校や中学校の頃
プラモデルを作ったりゲームをしたり、といった感じで特に普通・・・だと思います。
当時はそれなりに熱中したように思いますが、今は集中しきれない状態です。

>やりたかったけれど、できなかったこと
特にこれと言って思い出せない・・・ですね。


>7年間のブランク期間
ずっと実家にいました。
ネコと戯れたり、インターネットを見たり・・・
あとは少しだけですが知人の手伝いをしたりしていました。

>その頃の思い出等、心に残っていること
なんでしょう・・・これといって無いような気がします。
あまり思い出せない・・・というより印象的なことが無かったんだと思います。



なんだか昔のことを思い出すのが苦手のようで、面接の時にも回答に困ることが多いように思います。


ロクな挑戦をしないまま生きてきたので失敗に耐性が無いのかも知れません。


どうして耐えられないんでしょうか、どうして他の人と同じように出来ないんでしょうか・・・
ガマンできない自分が情けなく思います・・・

2014年9月5日 16時48分

追加コメント

無印さん
お返事ありがとうございます。
回答が遅くなっていたとしたら、申し訳ありません。

>基本的に手を動かすことは好きなので、気分が乗れば色々触ったり、
>プラモデルを作ったりゲームをしたり、
>ネコと戯れたり、インターネットを見たり・・・

無印さんは、手先が器用みたいですね。
そのようなお仕事が適職かもしれません。

しかし、とても、気になることがあります。
それは、無印さんが、必ずと言ってよいほどに、「けど」を付けるところです。

無印さんは、無理やり、自分に罪を負わせ、そのことに判決を下し、自分を価値のない人間にしようとしているようにすら、思えてしまいます。

なので、もし、今のご自身を変えたいということでしたら、まず、「けど」をやめることをお勧めいたします。

「けど」を付けずに、
「しました。」「でした。」で、一度、話を終わらせる。
それから、少し、間を置いてから、「しかし、」で、新しい文章を始められるのが良いと思いました。

少し、話がそれましたが、

では、なぜ、無印さんは、自分を否定せずにはいられないのでしょうか?

なぜ、楽しかった思い出を素直に「楽しかった!」と表現できないのでしょうか?
なぜ、熱中したことを素直に「熱中していました!」と表現できないのでしょうか?

そして、必ず、

>最近はやり途中のまま、やらずじまいといったところです・・・
>当時はそれなりに熱中したように思いますが、今は集中しきれない状態です。

という表現をして、即座に、楽しむ自分や熱中する自分を否定してしまうのでしょうか?

他にも、

>ロクな挑戦をしないまま生きてきた

と言っていらっしゃいますが、
7年間のブランク生活も一つの挑戦ですよね。

>失敗に耐性が無いのかも知れません。

今の状態を失敗している状態だと言うこともできると思います。

楽しむこと、夢中になること、挑戦することに、ブレーキをかけるきっかけになったできごとが何かありましたでしょうか?
誰かから、そんなことを言われましたでしょうか?

>どうして耐えられないんでしょうか、どうして他の人と同じように出来ないんでしょうか・・・
ガマンできない自分が情けなく思います・・・

いつか、誰かに、
「ガマンしろ。」
「耐えろ。」
「情けないなあ。」
「他の人と同じようにやれ。」と
言われたことでもありましたでしょうか?

そして、無印さんは、誰かに、
「ガマンしろ。」
「耐えろ。」
「情けないなあ。」
「他の人と同じようにやれ。」と
アドバイスしたいですか?


長くなりましたね。
また、いつでも、ご連絡くださいませ。

2014年9月9日 10時47分