無料カウンセリング掲示板の質問

「行き詰まり感について」に関する質問

  • 受付終了

さくら さん

はじめまして、20代半ばのさくらと申します。女性です。
自己診断ですが、ADHDかなと思っています。

小さい頃から他人の顔色ばかり伺う子でした。
変わり者、職人気質、空気が読めないとよく言われてきて、
学校ではひどく無視をされ、学校が終わると迎えの車に乗り込み、
すぐに学習塾に缶詰めになって、夜中まで勉強させられました。
母はDV癖を自慢しており、よく髪の毛を掴んで引き摺られていました。
非常に頭が良かった父はそんな母に怯えて、滅多に帰宅しませんでしたが、
帰ってきた時は必ず私の身体を変な手つきで触ったり、乗っかって来て妙に長時間抱き締めたりして来る、変な人でした。
今父は「俺はロリコン」「22以上の女は産業廃棄物」と開き直っているため、そういう事だったのだと思います。

段々と内にこもるようになり、自分の長い髪を引き抜くのだけが楽しみになりました。
チック症?のように、いつも首や肩を動かさないといられません。
グロテスクなものが好きで、他人にぞっとされたり、怖いと言われると、
いたずらが成功したような嬉しさと、同時に理解されない悲しみが湧き上がって、なんとも言えないやるせない気持ちに陥ります。
内面で繋がろうとしがちな女性たちは、はじめは愛想よくして誤魔化せても、
段々すーっと去って行ってしまうし、
男性は私の大人しそうで愛想のいい見た目だけで寄って来てくれはしますが、
そんな男性への怒りや悲しみがそのうち湧き上がってきて、
自分から逃げてしまいます。
いつも気難しく、孤独です。
集中力もなく、立ち上がるたびに物を落とすなど不注意なため、
20半ばにもなって仕事も続かず、今は自己嫌悪しかありません。

今まで人並みになろうと必死で努力してきました。
Todoリストを細かく作ってアラームを鳴らしたり、
対人態度も、色々な人を見て真似てみたり、自己啓発の本を読んで実行したり。
謝り方、謙遜の仕方、笑い方、適度な怒り方、話の合わせ方、友達の作り方。
最近はもう、自分がはじめから人間でないような疎外感、場違い感があり、
生きているのがつらいのです。
いったい何から手をつけたらいいのかすら、わからなくなってしまいました。

悩みというのとも違うのかもしれません。
ただ、自信を持てるようになりたいです。
人に嫌われても、仕事ができなくても、生きているのが楽しいと思ってみたいです。
私はどこから直していけばいいのでしょうか。

違反報告

2014年8月13日 15時54分

無料カウンセリング掲示板の回答

Heart Space

はじめまして、よしまろと申します。

さくらさんの文面から、とても今のご状況が気になり、メッセージを書かせていただきます。

内容は全て読ませていただきました。
私が読んでいる限りでは、ADHDというよりも、アダルトチルドレンの傾向の方が強いのではないかと思います。

さくらさんの家庭環境は、普通というにはかなり複雑な家庭環境で過ごされたようですので、この文面から読み取りきれない感情が・・・
心の奥の方にしまい込んだ、抑圧された感情が伺い取れます。

読んだだけだと、とてもこの回答だけでは解消しきれないのではないかと思います。

信頼できる他人(第三者)に、少しづつ話すことで、心の奥底に閉じ込められた本来の自分を少しづつ取り戻していくといいと思います。

お近くのカウンセラーの方を探して、早いうちに抑圧されてしまった感情をすべて吐き出してください。

まだ20代の半ばですよね?
これからまだまだ人生は楽しくなっていきます。

これではいけないと気付かれたのが今でよかったですね(^^)

早く本来の自分にたどり着いて、より素敵な人生が歩めますように。

違反報告

2014年8月14日 02時50分


お礼コメント

はじめまして、回答ありがとうございました。
アダルトチルドレンなのでしょうか。
確かに、なんだかわかるところもあるような気がします。

これからまだまだ人生は楽しくなっていきます、とのお言葉に、すこしほっと暖かい気分になってしまいました。
今まで自己完結型で、最低なことに
なにか目的があって知人などに相談を持ち掛けたことはあっても、
自分の感情を言葉にして第三者に吐き出すというのは、今まであまりしたことがありません。
最初から諦めていたのかもしれません。
少し怖いですが、やってみようかな…と思えました。

少しずつ努力します。
ありがとうございます。

2014年8月17日 01時54分

はじめまして、さくらさん。カウンセラーの塚田です。辛いですね。

だけど大丈夫ですね。さくらさんは強いです。必死の努力ができています。

今現在のさくらさんの状態は、過去の生活環境からの影響を考えて当然の状態です。過去のさくらさんにも現在のさくらさんにも非はなしです。ですが、過去に起きた出来事を変えることは出来ません。ドラえもんなら出来ますが、ドラえもんはいません。

何から手をつけて良いかわからないとの事ですが、過去といえば未来です。押してダメなら引いてみな、です。大丈夫です。第一歩目は出来ています。さくらさんはちゃんと、「生きているのが楽しいと思ってみたい」という意志を持っています。

自分がどうなりたいか、理想の自分をイメージして下さい。イメージなので他人に合わせたり、他人の目を気にする必要は全くなしですよ。遠慮してはいけません。自分を解放するように、こんな自分をイメージすると、嬉しくて、楽しくて、清々しくて、誇らしい、という自分を探して下さい。必ずあるはずです。どんな仕事をしてますか?どんな趣味をお持ちですか?どんな服を着て、どんな髪型をしていますか?誰と暮らしていますか?詳細にイメージしてみると良いですよ!





違反報告

2014年8月13日 23時04分


カウンセリングとどろき院

初めまして、拝見しました。

さくら(A)さんが、注意欠如や多動性障害的なことがあり、人とのコミュニケーション・対人関係が仕事もそのようなことで、上手くいきにくいということのようです。

自信を持ち、喜びの感じられる人生にしたいということのようです。

お父さんは、若い女性が好きということのようです。
お母さんは、Aさんや家族にDV(暴力)的、ヒステリーぎみということのようです。

お母さんは、健康な心身・身体ではなく、不調な印象がします。
不安定なようです。

本題ですが、
先天的器質は、長所・短所として上手にいくしかありません。
しかし、今Aさんは、育ちや社会でのストレスが蓄積した過剰ストレスになっています。交感神経が一方的に高い状態です。

そのような時は、知覚の低下など、些細な喜びも感じない鈍感な心身・身体になっています。
そのようなことの原因は、以上のようないろいろな修復などが間に合っていない状態です。身体の硬化・炎症・浮腫み・代謝異常・目に見えない怪我などが生じていたり、心身では、緊張・恐怖・不安・敵対感などが起きています。

いつもイライラ状態、うっとうしい本来の些細な喜びなど、感じにくい状態でもあります。
そのようなことが、今は起きている現状です。

今までの清算が必要です。
清算し、安定し、不調や病気から健康な状態に戻すことが必要です。
それには、跳ね上がって枯渇する特定栄養素を1~3ヶ月うまく摂ることで戻れると確信しております。

ADHD的でありますと、普通以上に栄養素の消耗がいろいろと増えて枯渇したり、家族を含めた過去の人間ン関係でも不調の蓄積があります。
すべて、栄養素の枯渇に置き換えることができます。

人間関係・心理的にも基礎代謝や仕事・ストレス的にもすべて、栄養素で対応しています。みえない心をつくるのも栄養素なんです。それらの健康をつくるのも栄養素、不調・病気を治すのも栄養素と治癒力です。

胎児のとき、先天的脳機能をつくるのも遺伝子以外では栄養素しかありません。
葉酸などの不足が先天的器質の短所(深刻~軽い短所までさまざま・・・)をつくることが最近研究が進んでいます。
アスペルガー症候群は結構多いという現状が認識され始めています。
Aさんもアスペルガー症候群の可能性もあります。

不調の中、Aさんは、前向きなようです。
ご自分の長所・短所をうまくいかせる人生を歩まれてください。
必ず、喜び・生きがいの感じられる心身・身体に戻ります!!

「治癒1番ネットとどろき院」では、ネットからの早期改善の詳細なアプローチが可能です。
また、当院のHPやそのリンクなども参考にされてください。

                      カウンセリングとどろき院
                             竹本 豊



違反報告

2014年8月13日 21時49分


メールカウンセリングルーム オールミッション

初めまして。
オールカウンセリングルームオールミッションの原と申します。
話しは聞きました。
自分ではADHDと思っているとのこと。
ただそれは自己診断によるものではあり、もし確実に知りたかったら精神科医にかかるしかありません。
要は人生にまえむきに生きることです。
もっと声に出して言葉に出すことです。
そうすれば自分自身が楽になります。
人生20代では結論は出せません。
60代になっても結論を出せない人が大半なのです。
人生、死ぬ直前まで結論は出ないのです。
だから一度リセットして考えてください。
今までではなく、これからどうするか。
それを考えてください。
人生に対する作戦会議をかんがえてください。
一度、直接、メールをくださいませんか?
メールアドレス( qq6e8cuw9@:world.ocn.ne.jp)
初回無料。
もっと前向きな人生における作戦会議を立てていきましょう!

違反報告

2014年8月13日 21時02分


コリトル

さくらさん。

こんばんは。

コリトルのノブと申します。

ご相談内容を、拝見いたしました。

たぶん、ADHDと診断されると思いますが、

さくらさんが、「自信を持てるようになるため、生きているのが楽しいと思えるようになるため」には、ご両親との関係を整理することが、一番の近道のような気がいたしました。

例えば、

これから、ご両親と、同居するのか、別居するのか?

これから、どのような距離感で、ご両親と付き合うのか?

過去のことを、許すのか、許さないのか。

もし、ご両親への怒りや悲しみがあるのなら、それを、ご両親に伝えるのか伝えないのか?

さくらさんは、今、ご両親を愛しているのか?

などを、一つずつ、整理できると良いような気がいたしました。

そして、もし、可能であれば、次のようなことも、考えてみていただきたいのです。

何故、お母さんはDVを自慢するのか?

何故、お父さんは、ロリコンと開き直るのか?

これは、あくまで、推測なのですが、ご両親は、さくらさんに対して、深い罪悪感をお持ちのような気がいたします。

そして、さくらさんに、憎まれ、恨まれていると思っていらっしゃるような気がいたします。

つまり、ダメな親だという、無価値観のようなものを感じていらっしゃるのではないだろうかと。

そして、さくらさんに、責められたり、裁かれたりするのが怖くて、DVを自慢したり、ロリコンと開き直っている。

私には、そんな風に感じたりもいたします。

さくらさんは、どう思われますでしょうか?


焦らず、ゆっくり、少しずつ、さくらさんのご両親への気持ちを、整理していくことが、「自信を持てるようになるため、生きているのが楽しいと思えるようになる」ための一番の近道になるような気がいたしました。

もし、何か、気になること等がありましたら、直接、メールくださいね。

精一杯、お返事いたします。

違反報告

2014年8月13日 19時37分


お礼コメント

こんばんは、回答ありがとうございます。
両親について、彼らがどうして不適切な発言をするかなどについての見解を拝見し、
目から鱗のような気持ちです。
今まで母がDV自慢(自分が祖父からされた暴力の自慢もあります)をするのを聞いたり、父が性癖をあからさまに話すのを聞いては「最低な人たちだ」とか「開き直って見苦しい」と露骨にいやな気持ちになっていました。
確かに、もし本当に開き直っているなら、そう何度も主張してくるはずがありませんものね…。

私は現在両親と離れて一人暮らしをしています。
かといって家族と絶縁しているわけでもなく、
たまに向こうから連絡をしてきて、飲みに行こうと言われたり、旅行について来ないかと聞かれたりします。
怒りや許せないことについては昔何度も伝えようとしましたが、
両親からは的外れな応答しかかえってこず、かえって自分が不安定になってしまうために、
最近は無気力になって、意思疎通をあまりはからなくなりました。
許せるかはまだわかりません。
ただ意地になっているのか、ここで許してしまうと自分がおかしくなってしまう予感がします。
そしてこんなに恨んでいるくせに、わりと愛しているような気がするんです。

長々とすみません。貴重なご意見、本当にありがとうございました。
両親の視点にも立って、ゆっくり考えてみようと思います。

2014年8月17日 01時41分

追加コメント

さくらさん。

お返事ありがとうございます。

とても嬉しかったです。

あまり、無理せず、5年後でも、10年後でも、気持ちと時間にゆとりができたら、ご両親のことも考えてみてくださいね。

ご両親も、色々な苦痛を経験して来られたのだと思います。

もちろん、DVや、変な手つきで触わったり、乗っかって来て長時間抱き締めたりする行為は、親としてやるべきではなかった行為です。

精神的、肉体的な苦痛を与えたことを、大人として、ちゃんと謝り、もう二度と、そのことを正当化するようなことは言わないと、さくらさんに約束してもらいたいです。

が、子どもに甘えている親も多く、「今まで、一生懸命育ててきたのだから」と言い訳して、ちゃんと謝らないケースが、ほとんどというのが現状だと思います。

しかし、何より、大切なのは、さくらさんのお気持ちです。

つまり、さくらさんは、それでも、ご両親を愛しているのかもしれない。

さくらさんは、それでも、ご両親の幸せを望んでいるのかもしれないということです。

もし、そうだとするなら、さくらさんの愛情は、何と、深いのでしょうか?

そんな、強い愛情をご両親に対して持っているさくらさんは、

とても価値のある素晴らしいかただと思います。

傷つけた人を愛するって、簡単なことではないのですから。

これは、あくまで、私の私見ですが、許しがたい人を許せた時、自己肯定感や自己価値観も芽生えるようです。

許せると、自分の心にゆとりができるからなのかもしれません。
人間関係や仕事も好転するようです。

心の底で、さくらさんは、ご両親を許そうとしている、愛そうとしているということに、気づくことは、
これから、さくらさんが、自信を持ったり、楽しく生きたりするために、大きな助けになると思っております。

そのために、ご両親に手紙を書くという方法もあります。

実際には、ご両親には渡さない手紙です。

内容としては、

「お父さんお母さんへ

本当に、精神的、肉体的に苦痛だった。
そして、そのトラウマゆえに、今、私は、本当に苦労している。
お医者さんにも、PTSDもしくはADHDと言われている。

でも、お母さんもDVされたんだよね。

お父さんも、お母さんとの関係とかで、愛情の傷を抱えていたんだよね。

二度とあんなことはしないと約束してくれるなら、さくらは過去のことは、許したいと思っているよ。

そして、これからは、私が幸せになることを応援してもらいたい。」

みたいな感じす。

もし、気が向いたら、お試しくださいませ。

陰ながら、応援しております。

2014年8月17日 22時31分

カウンセリングルーム Flow 電話カウンセリング

はじめまして カウンセリングルームFlowの馬場と申します

あなたのお悩みを拝見し書かせていただきます

あなたは非常に論理的にものを考え
我慢強く 
努力を惜しまないかたの様に感じます
また自分自身への評価に偏りも感じられますが
決して変わり者のようには感じられません

あなたは他人からの評価 そして自分自身への評価に納得いかないのではないですか?

自分自身がほかとは違う感覚をもち変わり者であると考え
人並みであろうと努力なさったのでしょう

ですが本当はどう感じておられたのですか?

自分以外の人間との関わりで あなたは自分自身であり続け受け入れられないことに不満は感じられなかったのでしょうか?

すべての悩みを一気に解決するのは難しいでしょう
自分自身に求められるであろうことは試してきたのですから
あなたは他人に何を求めるのでしょう
何がほしいのでしょう

どこから直せばいいのか というご質問ですが
あなたが変わった人間であるという認識からではないでしょうか
始めに書いたように私にはあなたが変わっているとは感じられないのです

もし お力になれるのでしたら 一緒に考えてみませんか?
あなたが楽しく生きていくために何かお力になれればと思います














違反報告

2014年8月13日 19時26分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
私の悩みを見てくださり、印象を書いてくださって、非常に感動しています。
お言葉の通り、私はきっと納得がいかず、不満が溜まっていたのだと思います。
はっとさせられました。

変わっているとは思わないと言ってくださったのも嬉しくて、拝見した時涙が出そうでした。
自分のしたいようにしよう、しようといつも思っていたのに、
結局人の目ばかり気にして、他人から見た私が優れていることに縋っていました。
もう少し主体性を持っていかなければなりませんね。
考えてみると、今まで自分が何が欲しいか、何がしたいか、
自分がどんな気持ちなのか、ろくに考えたことがありませんでした。

20余年間してこなかったことですので、今から自分の気持ちがわかるようになるためには時間がかかりそうです。
ゆっくり時間をかけてとことん一人になってみようかなと思います。
本当にありがとうございます。
もしまた煮詰まってしまった時は、ぜひお力をお貸しください。

2014年8月17日 01時22分

追加コメント

お返事ありがとうございます
読ませていただきました

ひとつだけ補足させください
あなたは今まで一人で悩み続けてきました
ですから この先一人で悩まなくたっていいのです
再び一人に戻らなくてもいいのです

一人で乗り越えられなくたっていいんです

2014年8月17日 22時29分


さくらさん、はじめまして。
漢方紫禁堂治療院の加藤と申します。

お小さい頃からのエピソードが原因で
「萎縮」されてこられたように思います。

本当の「ご自分」を表現することを恐れられたり、
他人が「ご自分」の中に侵入されるのを恐れてこられたり、
素顔や、ありのままで等身大のご自分を受け入れて
認めてあげることができずに苦しんでこられたと拝察します。

私は医師ではありませんので病名診断はできませんが、
ADHDというよりも、むしろ「境界性パーソナリティ障害」の症状に
近いものを感じます。

・境界性パーソナリティ障害
http://kyokai.uijin.com/check1/

これまでさくらさんが獲得されてこられた生きるための術は、
実はかえってさくらさんを「ある一定の形」に拘束して、
苦しめてこられたのではないかと推察いたします。

それはさくらさんが悪いのではなく、周囲に圧迫されるなかで
自然と形作られてこられた「現在のご自分」だと思うのです。

つまり、不本意に不本意を重ねながら、
嫌々ながらも「現在のさくらさん」になられたのだと考えます。



仮に境界性パーソナリティ障害だとしましても、
適切な精神療法を受けられれば、考え方の癖や
認知の歪みを調整することで改善します。


今までおひとりで努力されてこられて大変でしたね。

まずはここに投稿された文章を基礎(カルテ)として、
今後は面接・面談を重ねることで、
「他人に対して安心感を抱いていただく」
ということからはじめられてはいかがでしょうか?

このサイトや、姉妹サイトである「カウンセリング.COM」には
多くのカウンセラー・セラピストが登録していますので、
いろいろ調べていただいて、さくらさんに合ったカウンセラー・
セラピストにお問い合わせいただくことからはじめてみませんか?


すぐに改善しようと焦らずに、じっくりと向き合われるのが
いちばんの早道だと思います。


またいつでもご相談くださいね。


漢方紫禁堂治療院
http://shikindo.com/

違反報告

2014年8月13日 17時22分


りょうもう心理カウンセリング

さくらさん、初めまして。
大変におツラい状況を読ませて頂きました。

まず、ADHDか否かは、お医者さんでないとわからないことですので、
一旦横に置いておくとしまして、全体的なさくらのさんの印象から、
自己肯定感を持つようなカウンセリングを受けた方がよいと思います。

「ダメなところをなおす」という発想から、ダメな部分も含めて、
さくらさんは人として素晴らしい存在なんだということ。
誰かの評価によらずとも、価値のある人なんだということを
しっかりとご自身で受け入れることが、何より大事なことだと思います。

私を含めて、人は誰でも、一長一短あります。
完璧な人間を目指すより、楽しく生きる人生を目指しませんか。
状況や環境に振り回されない、ブレない人を目指しませんか。

よかったら、参考にしてみて下さい。
お大事に。

違反報告

2014年8月13日 16時45分


お礼コメント

はじめまして、回答ありがとうございます。
自己肯定感…なかなか難しいですね。
昔は自分を否定するからこそ成長するんだと信じているタイプでした。
今はそれが疲れてしまうやり方だとなんとなくですが気が付いてきました。

環境に左右されず、ブレない人。
そんな人になれたら、きっと毎日が楽しいでしょうね。
ただ、まだ私は自分に価値があるとは思えません。
こんなことを申しますと、語弊があると知って申し上げますが、
価値のある人間なんて、そうそういるものじゃないような気がしてしまいます。
どんな慕われた人も、稼いだ人も、
ちょっとしたことでいなくなってしまいますし。

なんだか暗いことを言ってしまってすみません。
少しずつ、考えを改めていきます。

2014年8月17日 02時05分

追加コメント

さくらさん、読んで頂いて、ありがとうございます。

そうですね、前向きに考えたくても、難しいなと思われるでしょう。
それをお手伝いするために、私たちカウンセラーがいます。

人は大抵、放っておくとネガティブな方向へ思いが行ってしまう
傾向があるのだそうです。

ひとりで悩まず、助けを呼んでみませんか。

よかったら、参考にしてみて下さい。

2014年8月19日 11時18分