無料カウンセリング掲示板の質問

「複雑性PTSDの復職のタイミングが分かりません」に関する質問

  • 受付終了

匿名さん

私は10年近く前にアダルトチルドレンと言われ、クリニックでカウンセリングと睡眠薬の投与を受け、転職をしながらも仕事をしてきました。
私は親の過干渉と無関係のおかげで学歴は高学歴です。そのせいで実家の話や親の教育方法などを根ほり葉掘り聞かれる機会が多く、職場で「今の仕事にありつけるのは親のおかげ。親に感謝しろ」と言われたことから感情的に大きくかき乱してしまい、大きなフラッシュバックを起こしてしました。3年前に実家とは疎遠にしていたので、もう大丈夫だ、人並みに生活できる、と油断していたと思います。
複雑性PTSDによる適応障害と睡眠障害の診断され2か月休職しました。休職中、薬は増え、抗うつ剤と睡眠薬2種類になりました。休職してからずっとフラッシュバックしていたので、薬の変更、増量は仕方なかったと思います。鬱症状は幸いありませんで、過眠と不眠、記憶力低下が主症状でした。
そろそろ休職期間が終わり、フラッシュバック自体は落ち着いてきました。時間だけはあるので、アダルトチルドレン(毒親)の体験談などを読み、「あるある」と相槌をうち、自分だけでなくこの体験が共有されるものだと気づいたり、自分の受けてきた苦痛について考える時間が増え、客観的になれたように思えます。また、複雑性PTSDは慢性で克服できるものではないと諦めもつくようになりました。
そんな私ですが、復職には気が乗りません。またフラッシュバックしない自信がありません。今度次に本物の鬱病になってしまったら、取り返しがつかないような気がします。
また、睡眠薬が増量になり、午前中の調子にも自信が持てませんし、これ以上、薬を増やしてまで仕事を再開したくありません。フラッシュバックした現場や人相手に戻らなければならないのも、想像でさえ耐えられないと感じます。
私個人としては、復職は無理だと感じます。怠けなのか分かりません。いつかは復職しなくてはいけませんが(もしくは転職するか)、そのタイミングはいつなのでしょうか。アドバイスを頂けるとありがたいです。
よろしくお願いします。

違反報告

2016年9月5日 15時31分

無料カウンセリング掲示板の回答

池袋カウンセリングルームフェリシテ

池袋カウンセリングルームフェリシテです。

ご相談の内容についてですが、こちらのカウンセリングルームはアダルトチルドレン傾向の方々も多く通われています。

ご質問の「いつ復職すべきか」「しないべきか」については、正直答えられません。

記載の内容からも、本当に客観的に冷静にご自身の状況をみつめているので、なおさらです。

問題はそこではないと思われるからです。

一度、ご連絡いただけないでしょうか。
無論おちかくのカウンセリングルームでもいいと思いますが、
こちら池袋です。
一度ご連絡いただければ幸いです。

http://felicite-c.com/contact

違反報告

2016年9月8日 23時16分


はじめましてmentalquestの渡辺です。
PTSDは心的外傷と言うぐらいですから
心に傷を負った状態=元来こころは存在しないので
脳に潜在的に刻みこまれた状態です。
お気づきの通り全快すると言うわけには行きません。
しかし、人間は都合の良い事に「忘れる」動物です。
他に注意を向け、思い出す回数を徐々に減らしてゆく事は
可能とされています。
本当に徐々にです。
ですから、復職に自信がない自分でそう思うのでしたら
もう少し様子を見てはいかがでしょうか。
不安を抱えながらでは「仕事」は成立しないと思います。
フラッシュバックがよそうされるのに復職すると言う事は
いつもそれに怯えて仕事をすることになります。
他人も関わることですからそこは慎重に決断してください。
経済的な問題がある場合は行政の力を借りてください。


違反報告

2016年9月7日 18時15分


カウンセリングルーム・エンパシー

自分以外の人は、例え親でも他人の関係です。
しかし、大人になって自立するまでは、ある程度親に依存しなければなりません。

この依存に対して、親の束縛が強くなると厄介です。
子どもの心の中では、親への依存と親の呪縛から逃れたい気持ちの葛藤が生じます。

自分という字は、自分と他人を分けると書きます。
まず、あなたの怒りの感情を認め、肯定し、親と自分を分けてください。

親は親、自分は自分と割り切ってください。
自分が行動したくなったときが、復職のタイミングだと思います。

違反報告

2016年9月6日 07時57分


三重臨床心理カウンセラー恋愛依存専門カウンセリング

可能な限り、何もしないように、ゆっくり休むことが大事だと個人的に思います。

怠けではなく、休息だと思います。

色々と休めない事情があるのかもしれませんが、頼れる人にできるだけ頼り、休むことです。

文面を読んでいる限りでは、休むことにも申し訳なさを感じたりしていないでしょうか。


人に迷惑をかけることや、本音を言うことに罪悪感をもったりしていないかな…なんてちょっと感じました。

だけど、迷惑をかけてもいいと思います。

許されることだと私は思います。

むしろ、今までよく頑張ってきたのではないでしょうか。

カウンセリングでも、本当に言う必要のあるドロドロした感情を吐き出すことも、とても大事だと思います。


休みましょう。

もう充分過ぎるくらい、頑張ったんじゃないかと私は感じました。

違反報告

2016年9月5日 22時51分


追加コメント

あと、タイミングについては、

本当に復職したくてウズウズしたとき、と個人的に思います。

そうなるまで、どれくらいかかるのか、それは誰にも分からないことですが、

ちゃんと休んで、休み続けて、本当に心が落ち着いてきたら


きっと、そのタイミングを見出せる方のように感じます。


今はとても難しい…と思われるかもしれませんが、自分を信じてください。

2016年9月5日 22時55分

新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
まず、結論から先に申し上げます。
復職のタイミングは、少なくとも、復職できそうだとご自分自身が感じれるようになった時でしょう。
おなた様もご心配されているように、今のままではかなり心配な状態です。
少なくとも薬物療法のみでは、あまり改善が見られないご様子ですが、
状況からすると、カウンセリングも併用されたほうが、薬を増やさずに済むかもしれません。

違反報告

2016年9月5日 21時50分