無料カウンセリング掲示板の質問

「鬱の人には怒っちゃダメ?」に関する質問

  • 受付終了

コナンさん

旦那が会社のストレスで2年前から鬱にかかりました
当初は睡眠も食も取れず、笑顔はほとんどありませんでした。
その頃は死にたいとも思っていたようです。 夜に薬を飲んでますが、
当初は睡眠薬など三種類ほど服用していたのも、職場の転勤がきっかけで
どんどん良くなり、今は薬がなくても眠れますし食欲もあります。

ただやはり落ち込むと、ぶり返すようです。一応現在は薬もかなり減り、夜にパキシル
1錠だけ飲んでます。

旦那はもともと悪気なく、なんでもズバズバ言うタイプで、喧嘩も多く 私も言い返すので
喧嘩はかなり罵声の浴びせあいで、お互い疲れ果てます

病気になってからは 私も気を使って喧嘩はかなり減りましたが、
今回どうしても流せない酷いことをされて、かなり怒ってしまいました。

もし自殺など変な気をおこしたら、、と不安はあるものの、
私も1人の人間なので許せないこともあります

現在は別の部屋で寝て、口も聞いてません。
旦那は相談できるような友達もおらず、実家はかなり遠方で
何年も帰れてません。なので私と七ヶ月の息子しかいないんです。

どんなに腹がたっても我慢していつも通り接した方がいいのでしょうか。


違反報告

2016年4月18日 19時37分

無料カウンセリング掲示板の回答

はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。

相手に対して真実を言うことは、決して悪いことではありません。
ただし、どのように伝えるかが大切です。

①「感情反応で伝えない!」

②「威厳をもって伝える!」

③「ネガティブ性を一切含まないで伝える!」

相手を一人の人間として尊重して伝えることができれば、相手の人は傷つかずに、あなたのことを理解してくれるでしょう。

ご参考になれば幸いです。

違反報告

2016年4月26日 08時07分


まま様

こんにちは。
りょうしんの井口崇と申します。

ご相談ありがとうございます。
拝見いたしました。

旦那さまが鬱怒ってはいけないのか?

ということですが、
人間誰しも喜怒哀楽がありますので
それを止めることは難しいですよね。

まま様を気を遣って、ストレスが
溜まっている状態ででしょうか?

どのようなキッカケで喧嘩になったり
するか、また頭に来るかということに
ついて是非お伺いをしたいところです。

ただ、怒るという感情はご自身の
「これを言われたら怒るな」という
怒りスイッチのようなものがあり、

そこをポチポチと押されるから
怒りの感情が湧くということが
あります。

ですから、このボタンのことを知れば、
怒るレベルというものを下げることが
できますよ。

また、旦那様がどんな時ことを
言われたら怒るのか、

この点も是非客観的に見られると
良いかと思います。

怒りのスイッチポイント、
怒った時の伝え方、

など、もしご興味がございましたら
無料相談もできますのでご相談ください。

りょうしん
井口崇

http://www.ryousinn.jp/#!counseling/c1grj

違反報告

2016年4月22日 18時34分


新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
ご主人のような状況であれば、なかなか対応が難しいかもしれませんので、相談を受けながらの方が安心できます。
どうか、いま少しの勇気を出して、ご相談ください。

ファミリーカウンセリング米田(東京都)
http://orange.zero.jp/zbf59793.park/index.html

違反報告

2016年4月19日 20時26分


あおぞら

お悩み苦しみの完全解決がモット―です
    カウンセリング&人生相談 「あおぞら」の 
       松下愛ノ助です
ご相談の内容を読ましていただきました。
下記に大切な部分を抽出してみました。

1、旦那が会社のストレスで2年前から鬱にかかりました
当初は睡眠も食も取れず、笑顔はほとんどありませんでした。
その頃は死にたいとも思っていたようです。

2,ただやはり落ち込むと、ぶり返すようです。一応現在は薬もかなり減り、夜にパキシル
1錠だけ飲んでます。

3,もし自殺など変な気をおこしたら、、と不安はあるものの、
私も1人の人間なので許せないこともあります

4,現在は別の部屋で寝て、口も聞いてません。
旦那は相談できるような友達もおらず、実家はかなり遠方で
何年も帰れてません。なので私と七ヶ月の息子しかいないんです。

どんなに腹がたっても我慢していつも通り接した方がいいのでしょうか。

貴方様は30歳代の前半と記載されていましたので、ご主人は30代の方でしょうか。

ご存知だとは思いますが最近30代でガンが発症する方が増えています。

ほとんどが職場の人間関係や異動、昇進などの悩みからまず「うつ症になり
生活改善を行わないで同じような生活を続けますとガンが発症する率が非常に高くなります。

現在日本人の死亡率で最も高いのが、「ガン」と「自殺」 です。

貴方のご主人は「相談できるような友達もおらず、実家はかなり遠方で
何年も帰れてません。なので私と七ヶ月の息子しかいないんです。 」
辛い思いや仕事の愚痴などはき出さなきゃ必ずスtレスからうつにってしまいます。

このまま「別の部屋で寝られ、口もきかない」生活が続きますと、貴方様が後で
後悔されるような事が起きる可能性は否定できません。

貴方様と同じようなお悩みの奥様方が月に2~3名必ずご相談に見えられます。
「主人と和解して元通りの状態にするにはどうしたら良いでしょうか?」と言う
ご相談です。

本当に辛い気持が伝わり、お気の毒に思います。

ただこのままでいきますと、貴方様もご主人様も何かのきっかけでお互いの真意が伝わらないまま、
さらに苦しみが増して場合によっては、離婚や浮気等への道を突き進んでしまう危険性を感じます。

 
貴方様にとって,「かけがえのないお子様そして未来の人生」を守るためにも、
ある意味、今までの貴方ではない「新しい本当の自分を取り戻す」自己成長を遂げられた方が良いと思われます。

このような場合、誰かが率先して状況を正しく立て直す、という事です。
やるだけの事をして、そして出た結果に従って生きていかれたら、
後悔はありません。

中途半端のままに、感情に流され、出した結論のまま行動してしまった結果には、後で後悔の嵐がくる可能性もあります。

貴方様が心のどこかに、貴方様の望む形で「夫婦関係を再構築できたらいいのに」と
もし望んでおられる場合、ご主人様の心を開いていただくしかないのです

貴方様にとっては理不尽な面がおありになるかもしれませんが、今後の対応策を
ご主人様も理解され、貴方のお気持ちを理解していただいて行動を起こしたくなるものでなければ旨くいかないと思います。

それと離婚した場合子供さんに対する影響は想像をはるかに超えた大きなものになります。

日本ではまだ夫婦の離婚と子供への影響度がしっかり調べられデータ化されていませんが、福祉の先進国イギリスでは様々の調査結果が出ています。

調査項目 離婚家庭で育った成人者(非離婚家庭で育った成人者と比較して)
非離婚家庭で育った成人者(離婚家庭で育った成人者と比較して)

            
                  離婚家庭で育った人      離婚していない家庭
心理的適応度              低い                   高い
学歴                   低い                   高い
職業のステイタス            低い                   高い
生活水準                低い                   高い
結婚生活の満足度           低い                     高い
離婚する危険性            高い                    低い
健康度                   低い                    高い
反社会的行動意識           高い                    低い
権威者に対する攻撃意識       高い                   低い
非行化率                高い                   低い
犯罪率                  高い                   低い
テロ組織とのつながり率        高い                  低い

私どもの相談ルームではご夫婦そしてカウンセラーとの三者面談方式で今回の貴方様方のような
ご夫婦の問題はほとんど良い方向で解決できています。

スムースにいけば1回又は2回の3者面談でも解決したケースも何組もあります。

方法としては、まず奥様とカウンセラーが直接面談又は電話にての現状確認
そして奥様が望まれ、ご主人にも受け入れていただけるような、最も良いと思われる対策案を探る創る為のカウンセリングを行います。

その奥様とのカウンセリングの結果をもとにして、3者面談をしてみようと、思われましたらご主人への3者面談への参加をご承諾していただく為の話し方、説得法をしっかりご指導いたします。

3者面談方式でなくても。カウンセラ^と奥様が協力して作成する
「愛の手紙」又は「愛の提案書」方式で作成したまごころこもった文書を
直接ご主人に手渡しその後でご夫婦が話合う方法もあります。

全てカウンセラーがご指導いたしますのでご安心ください。

今回のような状況で「3者面談方式」を用いる事になった場合、まず奥様とご主人とカウンセラーが会って3者面談の進め方についてご説明いたします。

次にご主人様とカウンセラーが話合います、そして私達カウンセラーの現状分析の為の休憩時間をはさみ最後に3者同席しで話合います。

何故この方法が良いかと申しますと
いくら夫婦間といってもご主人は奥様の現在、または過去の事に対する本当のお気持ちや奥様の気質や性格のすべてを掴んでおられるわけではありません。

その逆も同じです。カウンセラーはご夫婦それぞれの過去についての事や現在のお気持ち気質、性格、価値観を自己診断方式で双方とも確認します。

思考性を知るためです。気質、性格分析、価値観の分析、確認が終わった段階で問題の原因、解決の糸口が明確になってきます。


夫婦はもともと仲が悪かったわけではありません。
夫婦仲が悪くなっていった原因は必ずあります。

結婚してから夫婦がなんでも忌憚なく話し合いができる習慣を
創って来なかった事が大きな原因の一つです。

これは夫婦二人に責任があります。

この夫婦お二人の仲が悪くなって離婚の悪影響だけ子供さんが一生背負うのは
本当に理不尽な事です。

私達カウンセラーは
その段階で3者面談で私たちから、解決のための提案プランを数案、提示させていただきますと、
ほぼ100%ご夫婦双方から、いずれかの案にOKがいただけます。

このやり方でこれまで離婚調停まで進んでおられたご夫婦をはじめ多くの皆さんの再縁、関係の修復に
成功いたしておリます。

最も大切な事は現在起きている、ご主人様と生き方の違い、価値観の違いの原因をお互いに確実に掴むという事です。

夫婦は違いがあってこそ引き合うのです。その理由もしっかりご説明いたします。

原因をしっかりとらえて初めてその原因を排除したり改善、改革することで現在の問題点が解消され解決につながります。

3者面談の中で下記の3つに関してはご夫婦双方に丁寧にご説明いたします

1、それぞれに協力していただきました診断シートのチエックから、お二人それぞれが誕生してから,
育った環境で育まれた性格について、ストレスを感じてしまう原因となっている、
性格要素を把握、分析します。
、貴方の性格のほとんどは生まれてからの環境でご自身の性格として培われてしまいます。

2、さらに日常的に起きる様々のストレスや課題を解決する為に必要な、お二人それぞれの
  現在の対応力を、それぞれの自己診断(チエックシート)の結果で分析し分かります。

3、今回のカウンセリングの結果で関係が修復し今後とも良い関係を維持していくためには
  定期的な話合いの習慣や「幸福への星取表」の書き方もご希望の方には。その上手な対応方法迄、
明示し、サポート致します。


悩みや苦しみを抱えて相談に来られた、ほとんどのご夫婦が、その効果を2~3週間で実感され
心の変化、体調の回復も含め、喜びそして感動の「おかげさまで希望が湧いてきました!」
「二人の関係が以前よりずっと良い方向で変わっていく実感がつかめます!」と明るくなられたご様子のご連絡をいただいています。

その高いハードルを越えるために是非、頑張って取り組んでください。
貴方様がこうして、カウンセリングを受けようと思われた事が,成功の第一歩だと思います。

お住まいが東京都に近ければ、当相談ルームにお越しいただいても結構ですし、または遠方の方は電話相談でも3者面談は可能です、


貴方様のお悩みを完全解決させるために、一度、根本的解決のカウンセリングをお受けになる事をお勧めします。

直接面談方式又はスカイプや電話でのご相談もお受けしています。お気軽にご連絡ください。

電話番号 03-5284-7353又は080-3397-2297

メールの場合 no0109ai@yahoo..co.jo です。

ホームページアドレスはhttp://ai-aozora24.jimdo.com/
    
どうぞお気軽にご連絡ください。必ず貴方のお悩み完全解決サポートさせていただきます。
   
 カウンセリング及び人生相談のご予約はホームページのご予約コーナ―からどうぞ。
       
    カウンセリング&人生相談「あおぞら」
          院長 松下愛ノ助

違反報告

2016年4月19日 13時40分


私の経験上で言いますと、あまり怒らないほうが良さそうです。ただし、悪いことは悪いと告げるべきだと思います。日常的に喧嘩が多いのならあまり気にしなくても良いのではないでしょうか。

違反報告

2016年4月19日 10時29分