無料カウンセリング掲示板の質問

「鬱と言えるほどなのか分かりません。」に関する質問

  • 相談中

2187さん

中学に上がった頃から、鬱なのではないかと思われる症状がややありました。リストカットに近いものや、紙などの食べ物でないものを食べるなどでした。しかし、リストカットと言っても手首の外側を横に切るだけのもの
だったり、食べ物でないものを食べたと言っても小さくして少し噛んで飲み込むだけだったりと、今思えば軽いものだったのかなと思います。
高校では上記のような行動が少し減りました。理由としてはおそらく、部活動に入って創作を始めたからだと思います。当時はこのまま創作で良くない気持ちを昇華できるだろうと思っていましたが、後半になるに連れてな
んの想像も浮かばなくなり、自然と創作をしなくなってしまいました。自殺を考えたのはこの辺りからでした。
現在専門学生ですが、毎日のように自殺を考えます。早めに死んでおけば、これ以上面接試験やら就職活動やら面倒なことをしなくて済むのでは、とよく考えます。それでも今こうして生きているのは、死ぬとき痛いのは嫌
だなぁという気持ちと、もし死んだ場合に損害賠償とか慰謝料とかの請求が両親に行ってしまうのではないかという気持ちによるものだと思います。

よく、死にたいとは思うのですが、実際に行動に移そうとしたことは数えるほどしかありません。めんどくさいとも思います。
インターネットの診断ではほぼ全て「医療機関で診断を~」と出て、友人達には「鬱病の可能性が高い、病院に行った方がいい」と言われますが、鬱病というのは生活に支障が出ていない場合はあまり受診に意味がないと聞
いたことがあります。私は中学の頃から今まで、生活に支障があったようには感じていないため、受診をあまり前向きに考えていませんでした。
軽度の鬱病だと思えても、それでも受診してみるべきなのでしょうか。もしくは、私のこれは鬱病とは違うものなのでしょうか。

違反報告

2017年11月11日 00時39分

無料カウンセリング掲示板の回答

ファミリーカウンセリング米田

2187様

こんにちは、はじめまして
不安なお気持ちお察しいたします。
診断名はともかく、経緯と症状から判断すると、やはり、薬物療法では改善は期待できないと思われます。
デリケートな原因のため、病院では、残念ながら対応できるところが少ないです。
こういう場合には、原因がわかっても、理屈では改善は難しいものです。
諦めずに適切なカウンセラーと共に丁寧に対応されことをお勧めいたします。
私の方でも承れますので、メール、LINEでのご利用であれば、低額で済みます。

違反報告

2017年11月14日 14時30分


池袋カウンセリングルームフェリシテ

池袋カウンセリングルームフェリシテです。

カウンセラーは診断はできませんので控えますが、具体的にリストカットなどをされたことがあり、自殺念慮もあるので、
精神科を受診されることをお勧めいたします。
ご自身は、自分は生活に支障がないとおっしゃっておられますが、リストカットを実行するということ自体、
かなり大きいことであると思います。

まわりに、心配してくださる方もおいでのようですので、一度受診されることをお勧めいたします。

違反報告

2017年11月13日 21時21分


heart カウンセリング 心

お悩み拝見しました。
直ちに心療内科に行ってください。

宜しければ当事業所ホームページをご覧頂いたのち担当は私が承りますので一度心境や経過をメール頂けると幸いです。
改善に向けて進まれる事心より願ってます。

違反報告

2017年11月13日 19時07分


こころの相談室 おうみ

生活に支障が出るというのは、学校や仕事に行けないなどもそうですが、死にたいという気持ちが頻繁に思い浮かんでしんどいということも含まれます。うつ病でしょうか、という疑問に答えるのが病院の診察ですから、心療内科に行ってここにお書きになったことを話してきてください。

違反報告

2017年11月13日 10時54分


カウンセリングスペース Healing Forest

はじめまして、2187さん。
お悩みの書き込み、ありがとうございます。
お悩みが深いようですね。

まず「うつ」かどうかは医師の診断に任せてください。
カウンセラーは2187さんの状態がうつ病かどうかという事を診断することは出来ません。
自分の状態をはっきりさせることによって、次の行動に移ることも出来るようになりますので、どうしても気になるようであれば心療内科や精神科を受診してください。

また、内容を拝見する限りではカウンセリングやセラピーの方が必要かな、とも感じました。
そういった場所で自分のココロと向き合う作業を続ければ、生きやすくなっていけると思います。

違反報告

2017年11月13日 10時31分


あおぞら

心理学的に貴方の性格と気質を申しあげますと「他者依存性が強い性格」で「不安性も強い気質」だと思われます。

他者依存性が強いと不安心が強くはたらき「人の目線や評価そして自分に対する言動がとても気になり」、自分の期待に沿わ無いと、とても不安感が募る性格です。

だから、人からの評価や期待を裏切らないよう頑張ってしまいます。

貴方の現在の気質を申しますと「不安気質」が発現していると思います。

さらに貴方が本当は「自己価値観に添った生き方」をされていない為、心の中で葛藤が起こっていると推察されます。



もうその「本当の自分をしっかり認識されたうえで、自分らしく生きる時期」が来たという事ではないでしょうか。

人の目線や期待、言動に惑わされないで、生きるということです。


性格や気質発現の改善は心理学的にはそれほど困難な事ではありませんので是非チャレンジされて見てはいかがでしょうか。

<ご相談者の皆さまに対するカウンセラーとしての取り組み方、姿勢>

もし私どもが貴方様のカウンセリングをお引き受けした場合原因療法とスキーマ療法を
主体にカウンセリングを行わせていただきます

「原因療法」(原因を明らかにしたうえで問題を解決する方法)そして「スキーマ療法」(解決の手順を明確に示しながら問題を解決する方法)を中心に対応させていたたいています。

悩みが発生している確かな「源」=原因を知るために「4つの診断」をさせていただきます
  

1(性格診断)
幼児期以降、育った環境から育まれてしまった、「自分の中の愛情を恥ずかしがらずに表現できたり、会話を無邪気に楽しめたり、人と会って自然に笑顔になれるようになれていない」性格がどの性格から起きているのかを39種類の性格の中から確実に明らかになります。
 

 2(気質診断)
  生まれたときから遺伝子・DNAとして背負って来られたどの気質が今回のお悩みを
重いものにしてしまったのか、64種類の気質なの中から確実に明らかになります。

3(自己価値観診断)
 ご相談者の心の奥にある生きる為の方向性を決める、自己価値観を18項目の質問と60の言葉
の選択方式で明らかになります。
 
 4、心傷体験(トラウマ)診断
幼児期から少女期までの間に深く心を傷つけ、現在の悩み発生に影響のある、トラウマを
明らかにします
今回の貴方様の悩みの解決には、性格診断と自己価値観診断が特に重要です。

まず自分が大切にしている、生きる魂である「自分の価値観は何なのかを知る」そして「自分はどのように生きる事が自分にもっともふさわしいのか」「自分がまだ知らない自分の可能性」も知っておくことが大切です。

(診断の結果の分析と活かし方)
1の性格診断分析の結果、貴方様の現在の性格がほぼすべて明らかになります。
 
特に依存性や自己否定観の強い性格の方は、様々な悩みやストレスが発生する原因となってしまいますので
 
早急に改善の必要が有ります。カウンセラ―が貴方に最も合った方法を提案し
 あなた様との共同作業で改善解決させていただきます。

2の気質診断で貴方様の現在発現しているすべての気質が明らかになります。
 貴方が現在悩んでおられる事の発症の原因となっている気質を心理療法で縮小したり
 カウンセラ―が貴方に最も合った方法を提案し
 あなた様との共同作業で改善解決させていただきます。

3の自己価値観診断で貴方様の価値観やどんな人生が貴方にふさわしいのか、生きるうえで自分の価値観は何か、仕事や趣味など何が向いているのかを
明確に知ることが出来ます。


4つ目の心傷体験(トラウマ)診断で貴方の現在の悩みや苦しみの原因となっているトラウマは
心理療法の心傷風景連想法及び再解決法でトラウマそのものを削除したり内容を変更することもできます
カウンセラーとの共同作業で出来ます。

以上の方法で貴方様のうつ症に近い症状の改善や性格や気質の改善も達成できます。


私たちはどんな事があっても支援します。安心してお電話でも直接面談方式でもご選択なさって下さい
   「悩み、改善、解決完治を目指す」人生相談&心理カウンセリング
       「あおぞら」 松下愛ノ助 
     問い合わせ・ご予約電話 080-3397-2297
ホームページ https://www.ai-aozora.com/

違反報告

2017年11月13日 09時50分


追加コメント

本当に辛いですね。

私どものご相談ルームでは貴方様と同じように、悩み苦しんでおられる方々の課題を
確実に解決してきております。

お住まいがお近くの方は直接面談方式で、遠方の方は電話やスカイプでも
人生相談や心理カウンセリングが受けられますので、是非ご利用ください。

2017年11月13日 09時53分